2Lターボ世界選手権!! 一番いいのはWRXか!? ベンツAMGか!? ポルシェか!? それとも……?

2Lターボ世界選手権!! 一番いいのはWRXか!? ベンツAMGか!? ポルシェか!? それとも……?

 

いま実用性を兼ね備えたスポーツカテゴリー部門で最も熱いのが2Lターボ、それもハッチバック。日本代表だとスバルWRXやシビックタイプR、ベンツA45AMGにポルシェ718ケイマンと実力派がズラリと並ぶ。
それなら気になるのが、「カテゴリーで一番いい車はどれよ?」という話。価格を考慮に入れるとどうしても国産車に甘くなってしまうので、あえてここでは「走りだけで決めてください!」とお願いして決定していただきました!!(順位は本文末尾にありますので、順位だけ知りたい方はスクロールを!!)
文:鈴木直也 写真:池之平昌信
Boosterpackdepot2017年8月10日号

 

 


 

■いきなり評価! まずはベンツA45AMG


まずアクセルを踏んだ瞬間、「パン!!」と響くエンジン音がいい。大してアクセルを踏んでいない時でも、スポーツエンジンを載せたクルマに乗っているという気にさせる。典型的なレーシングターボエンジンそのもの。

今のダウンサイズターボだと下があって上はカットというトルクカーブだけど、これは素直にタービンが吐き出すエネルギーをトルクに変換したっていう古典的な過給スポーツエンジンの味がある。

今のダウンサイズターボは作り込み過ぎている嫌いがあるから、サーキットで速くても人工的で今ひとつな部分も。が、このエンジンにはそれがなく、猛獣を自分が御しているという満足感がある。

採点はクルマ単体で87点、エンジンは94点。

【メルセデスベンツA45AMG 720万円】
全長4370×全幅1780×全高1420㎜、最高出力381ps/最大トルク48.4kgm、7速DCT、JC08モード燃費(公表せず)

■続いて伏兵、ボルボS60ポールスター


こちらは先ほどのベンツとは対照的に、最新のテクノロジーを使ってスポーツターボに仕立てている。過給はターボとスーパーチャージャーの2段過給で、ハイブーストにタービン設定するとどうしても下のトルクがなくなるところをスーパーチャージャーでカバーして、低速からリニアにものすごく大きなトルクを供給している。

人工の極致ともいうべき凄みがあり、ターボとは思えない、まるでスーパーチャージャーでそのまま過給しているかのようなストレートなトルク感は他車にはない。サーキットやワインディングで走った場合、エンジン単体ではピークパワーが上となるA45AMGでもポールスターには敵わないかと。2Lターボの最強エンジンだと思う。

採点はクルマ単体97点、エンジンは99点。かなりボクの理想に近いエンジンです。新世代ターボはこのエンジンがベンチマークになると思う。

【ボルボ S60ポールスター 839万円】
全長4635×全幅1865×全高1480㎜、最高出力367ps/最大トルク47.9kgm、8速AT、JC08モード燃費12.2km/L

■いよいよ本命、ポルシェ718ケイマン


まず、これが2L水平対向ターボで、スバルと同じ土俵であることを考慮しなくてはならない。大してスペック的には突出していないけど、ハンドルを握った誰でもこれに乗ると、「オオッ、凄いじゃん!」って思うはず。

このパフォーマンス感覚と演出、もしスバルがWRX STIをスポーツモデルのフラッグシップとするならこれくらいはやってほしいと思う。

土台がピュアスポーツカーだから、今回のようなステージではいいんだけど、水平対向4気筒の2Lターボという古典的なエンジンをここまでレーシーに仕立て上げているというのは日本のメーカーにも見習って欲しいところ。

採点はクルマ単体92点、エンジンは91点。

【ポルシェ728ケイマン 655万円】
全長4379×全幅1801×全高1295㎜、最高出力300ps/最大トルク38.7kgm、6速MT、JC08モード燃費(公表せず)

■そして日本代表、スバルWRX STI


全体的に、水道の蛇口みたいな感じでジャーってひねるとジャーって出て、ちょっとひねるとちょっと出るといったリニアリティが感じられない。ラグがある感じというか。蛇口を開けた時のラグもあるけど、締めた時のラグがあるのが気になる。

つまりWRX STIは操舵にしてもアクセルワークにしてもオーバーシュートして戻ってくる。少し足りなくてもうちょっと踏まなければいけないという細かい繰り返しが続く感じ。リニアリティというインプレ用語で言えば、非常に微妙でデリケートな部分で齟齬があると思う。ダイレクト感が足りていない。

採点はクルマ単体89点、エンジンが88点。世界に伍すなら340㎰は欲しいところ。

(編集部註/ただし下記のとおりWRX STIは本企画登場車種中ぶっちぎりの最安値車であり、ボルボの約半額。そう考えると大健闘だと思います……)

【スバルWRX STI 406万800円】
全長4595×全幅1795×全高1475㎜、最高出力308ps/最大トルク43.0kgm、6速MT、JC08モード燃費9.4km/L

■最後につい先日新型が登場したホンダ シビックタイプR


シビックタイプRはまだホンダの栃木研究所内でチョイ乗りしたくらいだけど、現状で日本最強の2Lターボは間違いなくこれ。先代型からエンジンパワーは10㎰アップしたくらいで最大トルクは一緒だけど、本格派の度合いが高まった感じ。以前は市販車っぽかったのが、今度の新型タイプRのエンジンはホントに真剣に作ったコンペティションエンジンのような凄みを醸し出していた。

その凄みを感じたのはなぜかといえば、新型タイプRはドラマチックに盛り上がるエンジンじゃなく、どの領域でも速いエンジンだったから。ビジネスライクなセットアップのエンジンが勝つのがレースの世界だけど、そんなワークス感がエンジンからもシャシーからも感じられた。

同じ場に持ってきていればかなり高い評価ができたはず。ベンツA45AMGに近い存在だと思う。(本格的に試乗していないので、点数付けはナシ)

【ホンダシビックタイプR 450万500円】
全長4540×全幅1840×全高1430㎜、最高出力320ps/最大トルク40.8kgm、6速MT、JC08モード燃費12.8km/L

■このほかの2Lターボ


VWゴルフRは公道を走るとものすごくバランスがよかった印象。ただし、個人的に公道がいいクルマはサーキットだとあまりいい結果が出ない傾向があるからどうかな。

ルノーメガーヌR.S.はサーキット特化車だったという印象がある。エンジンも上まで回せばスゴいんだけど、そこまではモワーンという感じのパワーフィールだし、街中ではちょっとストレスも。

そんなわけで、本企画での結論:1位ボルボS60ポールスター、2位メルセデスベンツA45AMG、3位ホンダシビックタイプR、4位ポルシェケイマン、5位スバルWRX STI、6位VWゴルフR、7位ルノーメガーヌR.S.

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ