人気のSUV悪路走破性ランキング&意外に高値をつける中古車7選ほか【今週の人気記事ランキング】

今週は企画もの、ランキングもの、新車記事、販売台数ものと色とりどりだった6/25(日)〜7/1(土)の『BoosterpackdepotWeb』。本記事ではその一週間の中で特によく読まれた記事をダイジェスト&編集後記を交えてご紹介いたします。見逃した方、もう一度読みたい方はぜひご参照ください。以下、アクセスの多かった順に紹介いたします。

文:BoosterpackdepotWeb編集部


■【1位】悪路最強のSUVはこれだ!! 最新国産 SUV 悪路走破性ランキング

世界的に人気を博すクロスオーバーSUV。「いまの日本の道路舗装率を考えると、悪路なんて滅多に走らないんじゃないの」とお考えの人、多いんじゃないですか。何を隠そう本企画担当はちょっとそう思っていました。SUVである必要ないよね、と。

でもそうじゃないんですね。

かつてミニバンブームの時に「そんなに乗車することないでしょ」と思ってても多人数乗車ミニバンが売れたように、「そんなとこ走らないでしょ」と思ってても「どんな道でも走れる」という性能はあったほうがいいってことなんですよね。

くわえて「悪路を難なく走れるクルマは、車高が高くて乗り降りがしやすかったり渋滞時に疲れにくかったり足回りの性能がよいので舗装路でも乗り心地がよく、結果的にいいクルマになる」という考え方もあったりします。

ううむ、自分で書いてて「なかなか深い話だなこれ」と思い始めました。空手や柔道を習うのは、「いざという時の護身術」のほかにも、結果的に精神が鍛えられるから……みたいな話じゃないですか、これ(ちょっと違う??)。

ともあれ、1位です。

>> 続きはこちら

※関連記事 「コスパ」で選べ!!! 国産クロスオーバーSUVミドルクラス超激戦トップ5 はこちら

■【2位】新車価格88万円のツインが13年落ちで56万円!? ちょっとプレミア価格の中古車7選

アクセス数2位に輝いたのは、「意外(?)な希少価値を持つ中古車企画」。

本企画の発端となったのは2003〜2005年に販売されていたスズキ・ツインです。コンパクトカー全盛期の直前に販売された全長2735㎜の2人乗りシティコミューター(ハイブリッド仕様もあった!)。時々街中で見かけるとハッとするほどオシャレだったりしますよね。

そんなツインの中古車相場を紹介しつつ、そのほか高値をつけている中古車も調査。

RX-8(なるほど高そう)、ハイラックスサーフ(おお、ちょっと欲しい)、サンバー(農道のポルシェ!)と、個性的なモデルが揃って楽しげな記事となりました。

マジでサンバーほしいな……(ボソッ)。

>> 続きはこちら

■【3位】アウトランダーPHEV 700km乗ってわかった技術の力、ブランドの力、進化の力

記事の総文字量なんと8263字と、当サイトの単体記事中最長となりました。

すみません、正直いって書いてる途中で熱くなりすぎた。

なにしろ書いている編集部自身が700km走って実感したことに加えて、開発者インタビューで「アウトランダーPHEVのアクセル&ブレーキペダルは、ランエボXのSSTのペダルと同じパーツを使用」なんて面白い話を聞いてしまったら、長く語らざるをえないじゃないですか!!(やや開き直り)

多くの「実はいいクルマ」ファンに支えられて、この記事も3位にランクイン。

なお個人的にはアウトランダPHEVの「車酔いしづらい」という性能は、もっとアピールしたほうがいいと思います。はい。マジで子連れにはありがたい。

>> 続きはこちら

※関連記事 ハンドリングに効果絶大! 歴史に残る足回り技術5選 はこちら

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ

xn----7sbajornvhu8c.com.ua

baden-medservice.com/

yarema.ua/curtaine/kitchen