1億5000万円!! イタリアの超スーパーカー試乗! パガーニ・ウアイラは完璧な彫刻品だった!!

「自分では絶対買えないスーパーカーを、独自のコネで借りてきて乗る」という、無謀なるも夢にあふれた企画「スーパーカー劇場」(Boosterpackdepot本誌で連載中)、今回はランボルギーニに在籍していた天才デザイナー、オラチオ・パガーニが1992年に設立、意欲的なスーパーカーを世に送り出し続ける「パガーニ」の市販モデル、「ウアイラ」の試乗を敢行。

レポートを担当するのは、一応レーシングドライバーとしても活躍する謎の映像制作会社社長、プリウス武井氏(本名武井寛史)。AMG製V12エンジン搭載のモンスターマシンをいざ試乗!

文:プリウス武井 写真:平野学


■職人が手がけた彫刻作品のようなクルマ

ども!! 今回は、スーパーカー劇場史上最高額のスーパースポーツカー〝パガーニ・ウアイラ〟が登場! フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなどとは一線を画し、近づくのも躊躇してしまうほどの存在感はまさにTheスーパーカー。世界の大富豪に支持されている超レアモデルのインプレッションをお送りしちゃいます!

パガーニが7年の歳月を費やし、開発したウアイラを実際に目の前にすると、そのオーラに圧倒される。よくクルマを芸術品と例えることがあるけど、ウアイラは研ぎ澄まされた感覚を持つ職人が手がけた彫刻作品のようだ。

パガーニが生み出すモデルは、生産台数が極めて少ない。今までパガーニの市販モデルの製造台数は20台程度だったが、ウアイラはアメリカの保安基準をクリアしたため製造台数は100台。妥協を許さずきめ細かく作り込むため、1台が完成するのには長い時間を費やす。発売されると即座に完売しているが、すべてのオーナーに納車されるまで約3年もかかったという。

ウアイラはガルウイングドアを採用。ドアノブに触れると羽のように軽々と上部に跳ね上がる。ショックアブソーバーが付いているから軽いのは当然だが、それだけではなくドア自体が軽量に作られている。ドアの形状はルーフ中央まで切り込まれ、ルーフが低いクルマだけど無理な体勢で乗り降りする必要はない。

カーボンとチタンで構成されるシートは、セミバケット形状で武骨なバケットシートとは違いドライバーを優しく包み込むようなホールド感があり、クルマと一体化したような感覚が味わえる。

座面にはダイヤルがあり、それで高さの調整が可能で自分の好みのポジションにオフセットできることも細かい気配りだ。走りに特化したスポーツカーだと、インテリアはカーボンパーツなどでシンプルに構成されていることが多いが、パガーニの思想は違う。

ドライバーには煌びやかで高級な調度品で飾られた上質な部屋にいるかのような感覚。ドライバーが目線を落とすと中央にはクルマの情報を表示する液晶モニター、その左右にタコメーターとスピードメーター、水温や油温といった補助メーターを配置。

ライトやワイパー、ウインカーのスイッチはデザイン性の高いステアリングにさりげなく配置。ステアリングには走行モードや電子デバイスの切り替えスイッチも備わる。室内は細かいパーツ1つひとつに妥協した形跡はなく、小さなネジひとつ見ても強い拘りを感じる。それもパガーニのアイデンティティだ。

■いよいよ試乗! 最大トルク102.0kgmって冗談かよ!

エンジンを始動するキーシリンダーは、センターコンソール中央下部にある。ちなみにメインキーも凝った造りで妥協はしていない。イグニッションをONにしてスターターが回ると間髪を入れずエンジンが動き出す。意外にもエキゾースト音は静かだ。

ミッションは2ペダルでATモードとマニュアルモードのセレクトができる。搭載されるパワーユニットは、AMGが特別に開発した排気量5980㏄のV型12気筒ツインターボエンジン。低回転域からトルクフルな加速を見せ5800rpmでピークパワーの730psに達する。

最大トルクは驚異の102.0㎏m。2250~4500rpmまでの中間域では力強い加速を見せる。高回転まで回さなくても高いパフォーマンスを得ている理由のひとつは、連結されているXtrack社製シーケンシャルミッションとのマッチング。さらに730psものパワーをダイレクトに路面に伝えられるのは、高性能のデバイスが備わるからにほかならない。

もしデバイスがなければ高い運転技術を持っていてもウアイラのパフォーマンスを引き出すのは困難だ。そんなウアイラの実力を東京の一般道で体験することは難しい。それでも停止状態からアクセルを踏み込むと、その一端が垣間見える。シートに張り付くような加速Gを形容するならば、まさに地上を走る戦闘機というイメージがピッタリ。

AMGがウアイラのために開発したパワーユニットのパフォーマンスは0-100㎞/h加速3.3秒。最高速度360㎞/h

驚異のパワーユニットに求められるのは高性能のサスペンションとブレーキ。ウアイラのサスは高い旋回性能が得られるプッシュロッド式が採用される。ちなみにこの個体には、パガーニがウアイラのパフォーマンスをさらに向上するためのパッチェット・テンペスタが追加装備される。

このオプションキットは、ドライカーボン製のフロントスプリッターとリアディフューザー、インチアップされたホイールにチタン製エキゾースト、さらにサーキットでも高いパフォーマンスを約束してくれるサスペンションが備わる。オプション価格はなんと約2000万円! 新車のプリウスが9台くらい買える金額だ。

サスペンションはサーキットユースらしいが、直進状態では柔らかく、ゴツゴツして跳ねるような嫌な硬さはない。でも旋回を始めるとタイヤがしっかり路面を捉え鋭い旋回性を見せる。ウアイラの重量バランスは44対56で、数字では少しリアが重い。

でも実際にドライブするとそんな感覚はまったくなくて優秀なサスペンションとデバイスコントロールが安全で高い操縦性を実現している。

戦闘機のコクピットのようなシート

■カーボンブレーキのすさまじい効き具合

さらに感動するのがブレーキ性能でローターはカーボン製。カーボンは熱が入らないと止まらないというネガティブな部分もあって街乗りでは適さないこともある。でもウアイラのペダルタッチはカチッとしていて安心感のあるブレーキフィーリング。だから安心してアクセルが踏める。

ちなみにウアイラは、約200㎞/hから4.2秒で静止状態になるという驚きのブレーキを持っている。これだけのパフォーマンスを持ったクルマには不可欠な要素だ。

パガーニは今年3月、ジュネーブモーターショー2017でクーペの進化型『ウアイラロードスター』の発売を発表。エンジンは若干パワーアップされ764ps。クーペから64‌psアップされた。気になる車両価格は245万ユーロ。限定100台だけど、すでに完売したという。おそらく日本にも数台登録されるだろう。

【パガーニ代理店 ビンゴスポーツ】

パガーニの販売窓口となっているのは千代田区永田町にショールームを構えるビンゴスポーツ。皇居の外濠にそって通る都心の主要環状線の外堀通りに面したショールームには、クルマ好きな世界の富豪が欲しがりそうな超レアモデルが置かれ、まさに博物館のようだ。

撮影協力:PAGANI TOKYO http:www.pagani.jp
ビンゴスポーツ http:www.bingosports.co.jp

写真左がプリウス武井氏。今回もゴキゲンで試乗いたしました!!

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

мужские кошельки

declarations.com.ua

jobs.ua