「コスパ」で選べ!!! 国産クロスオーバーSUVミドルクラス超激戦トップ5

ハリアー、エクストレイルがマイチェンを受けたことで、ますます激戦の販売合戦に拍車がかかる国産ミドルサイズクロスオーバーSUVカテゴリー。その勢力図に変化はあるかの? 新型ハリアー、エクストレイルはまだ試乗前なので2L、NAグレードをメインに、コストパフォーマンス(コスパ)重視で選んだ際のベストモデルを探ってみた。

ぜひともお買い求めの際の参考にしてほしい。

文:渡辺陽一郎

Boosterpackdepot2017年7月10日号


■1位は意外にもモデル末期のあのクルマ

SUVは大径のタイヤ、ワイドに張り出したフェンダーなどによる外観のカッコよさと、ワゴンに準じた居住性を兼ね備えて人気を得た。そしてガソリンターボ、ディーゼルターボ、ハイブリッドと、エンジンの種類が豊富にそろうことも魅力だ。

機能や装備に対して価格の割安なSUVは(特に国産車では)2Lエンジン搭載車に多く、ライバルがひしめいているが、そのなかではフォレスターを1位としたい。2.0iアイサイトは、進化した緊急自動ブレーキのアイサイトバージョン3などを搭載して、価格を241万9200円に抑えた。そろそろモデル末期ということはあるが、魅力は依然として高い。


【1位】スバル・フォレスター/デビューは2012年末だが、依然として強力な魅力を持つ。搭載する緊急自動ブレーキ、アイサイトver.3の優秀さに加え、SUVとしての資質も高い。来年夏には新型がデビューすると予想されている

エクストレイル20Sの4WDも240万4080円だが、フォレスターと違いサイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプ、アルミホイール、エアコンのオート機能などが標準装着されない。

それでもシートや荷室に防水加工を施すなど使い勝手は高いので2位に挙げたい。


【2位】日産・エクストレイル/このクラスでトップの販売シェアを誇るエクストレイルも、コストパフォーマンスでは2位。あと一歩の決め手があれば……。プロパイロット装備でどこまで商品力を上げられているかがカギだ

3位は僅差でCXだ。2ℓには4WDはないが20Sプロアクティブは、緊急自動ブレーキを装着して268万9200円。ディーゼルのXDプロアクティブ4WDは322万9200円だ。ディーゼルは価格が高いが動力性能が優れ、燃料代は1.5Lのガソリンエンジン車と同等。経済的で、居住性や質感も満足できて買い得感がある。


【3位】マツダ・CX-5/ディーゼル車の価格はガソリン車より30万円近く高いが、優れた動力性能と燃費を考えると、非常に魅力的。一度クリーンディーゼルのオーナーになると「やみつき」になるという

4位はアウトランダー。緊急自動ブレーキを備えたPHEVのGセーフティパッケージは397万3860円に達するが、充電機能を備えたハイブリッドを搭載して、駆動用電池の容量も12kWhと大きい。駆動は主に前後に配置されたモーターが行うので、上質な加速感を味わえる。


【4位(同率)】三菱・アウトランダーPHEV/国産唯一無二のプラグインハイブリッドSUVであるだけでなく、完成度も高い。国産ライバルと比べると価格が割高に感じられるが、欧州車のプラグインSUV(ボルボXC90等)と比べると約半額

同点4位はハリアー。緊急自動ブレーキが歩行者に対応できるトヨタセーフティセンスPになったが、価格は2LのNAエンジンを搭載するエレガンスの4WDでも314万3880円。売れ筋のプレミアム4WDは344万4120円になる。新しい2Lターボは動力性能は高いが、価格上昇も27万円と大きい。ハイブリッドは2L、NAに比べると約63万円の上乗せ。価格が全般的に高く、コストパフォーマンス勝負では不利だ。


【4位(同率)】トヨタ・ハリアー/マイチェンで追加された2Lターボの動力性能は魅力だが、ライバルに比べるとやはり価格が高い。コスパで考えるとノンターボが魅力的。先進安全装備パッケージ「セーフティセンスP」は全車標準装備となった

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ