「震災のあの時、この車があったら…」アルピニスト野口健がアウトランダーPHEVを推す理由

アルピニスト野口健氏といえば、登山家(当時の七大陸最高峰登頂最年少記録樹立者)の一面に加えて、エベレストや富士山のゴミ拾いなど環境問題への取り組みや、被災地に多くのテントを持ち込んでテント村を開設するなど、社会活動にも熱心なことでも知られている。

そんな野口氏が三菱自動車のアンバサダーに就任。アウトランダーPHEVの納車式があるという。詳しく話を聞いてみれば、なるほど確かに……と思わず唸る話がたくさん聞けたので、ぜひご紹介したい。
文&写真 BoosterpackdepotWeb編集部


■熊本地震でテントを大量支援、その時に実感したこと

「(2016年4月に熊本で発生した)あの震災の時に、テント村を作ったんです。あの時は益城町にすぐ避難所もできたんですけど、避難所ってプライバシーがないんですよね。でもテントなら家族ごとに寝泊まりができる。もちろん災害対応・復興支援の仕方や考え方っていろいろあるんですが、そこで大量のテントを持ち込んで張ったら、被災者の皆さんにすごく好評で、約600名の枠がすぐに埋まってしまいました。

あの時は、本部テントにだけ長い電線を引っ張ってきて、辛うじて電気が通っていましたが、もしあの頃に三菱さんと組んでいれば、この車(アウトランダーPHEV)を2〜3台借りられていて、本部テントだけでなく各テントにも電源が入って……と考えたんですね。それで、“あ、でもそれ、今からでも遅くないな”と」

日焼けした爽やかな笑顔でそう語ってくれたのは、アルピニストの野口健氏。テレビでお馴染みの快活な口調で、しっかりと信念も感じられた。

「避難所も大切だけど、プライバシーがない。車中泊ばかりだとエコノミー症候群が心配。その点、テントを張れば安心度は高い。アウトランダーPHEVはそのテントに電源を供給できる」と野口氏

「熊本地震の時は各テントにランタンを配って、もちろんランタンも雰囲気があっていいんですが、やっぱり暗い。暑くてもクーラーは使えないし、冷蔵庫もない。でもアウトランダーPHEVがテント村に2〜3台あれば、テントに電灯が付けられます。クーラーだって冷蔵庫だって、電子レンジで熱々のお弁当を温められるし、スマホが充電できる。これってすごいことですよ」

災害対応時、電源があることがいかに重要かを語る野口氏の口調は切実で、「現場」を知っているからこその説得力がある。

熊本地震合同支援チームテントプロジェクトによる益城町テント村の様子(

「これまでいくつかの自動車メーカーさんと仕事で組ませていただいたんですが、三菱さんとはピッタリだと思っています。僕は母親がエジプト人で、子供の頃エジプトのカイロですごしました。向こうでは三菱自動車はすごく尊敬されているんですよ。パリ・ダカールラリーが盛んでしたから。そういうところでも縁を感じています」

と野口氏。

「乗ってみたら、走行性能がいいんですよ。EV走行が気持ちいい。ギアのショックがないのでスーッと走るところが気に入りました」

とのこと。

「納車されたアウトランダーPHEVに乗って、どこに行きたいですか」という記者からの質問には、「山ですね。毎週行ってるんで。せっかくPHEVなので、夜、タブレットを繋いで映画を見たいです」と答えてくれた。

■納車式には三菱自動車の益子修社長も出席

「昨年、燃費問題で各所にご迷惑をおかけした際に、岡山県総社市に大変お世話になりました。総社市には弊社のサプライヤーが多いんですが、その関係もあって市の公用車として買い上げてくださったりとご支援をいただきました。聞けば野口さんは総社市の観光大使をお務めになっているとのことで、何か一緒にできるのではないか、という話で、トントン拍子に進みました。総社市の皆さんとも、野口さんとも、今後もいろいろと一緒にやっていきたいと思っております。今日は本当にありがとうございます。よろしくお願いします」

とは、三菱自動車・益子修社長。感謝と期待のコメントを述べた。

なお野口氏に今後の予定を聞くと、「全国でテント村体験会をやりたいです」と展望を語ってくれた。

確かに、被災していきなりテント生活をおくることになるよりも、通常時にテント生活を経験しておけば、「いざ」という時にノウハウを知っておくことができる。大変意義深い活動だし、そういうシーンでもアウトランダーPHEVは活躍するだろう。

「だからボディカラーは目立つ赤がよかったんです。こういう役に立つ車は、地味な色だと見つけにくいでしょう。どうせならここに電源があるぞって目立ったほうがいいから」

と語る野口氏。応援したい活動だ。

野口健氏の公式サイトは

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ