セレナe-POWER、新型レクサスLS最新情報入荷【遠藤徹の地獄耳スクープ】

■シビックシリーズは7月下旬に繰り上げ投入

 ホンダは新型シビックシリーズを7月下旬に繰り上げ投入する方向で検討を進めています。N─BOXのフルモデルチェンジを8月下旬に延期するのに伴う措置と見られます。5月末までに次期型N─BOXとともに販売店の商品説明会を実施し、事前予約を開始します。

 4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプRの3ボディ構成で、4ドアセダンのみが国内生産で、ほかはイギリスからの輸入モデルです。

 パワーユニットはタイプRが2Lターボでほかは1.5LターボとNA2Lを搭載。安全パッケージである「ホンダセンシング」標準装備車を設定します。アコードとフィット/シャトル/グレイスとの中間の価格設定となり、月販2000台程度を目指す見込みです。

■CX-3とデミオが今年10月頃にマイナーチェンジ

 マツダはコンパクトカーシリーズのCX-3、デミオを今秋までにマイナーチェンジし、商品ラインアップを強化します。内外装のデザイン変更、新グレード&新ボディカラーの設定などが主な改良の内容になります。さらに、Gベクタリングコントロールシステムの導入で走行安定性能を向上させます。

 また、CX-3はこれまで1.5Lディーゼル車のみでしたが、このマイナーチェンジで1.5Lのガソリン車もグレードに加える見込みです。

デミオベースのコンパクトSUVとして注目を集めているCX-3。1.5Lのクリーンディーゼルのみのラインアップだが、今秋のマイチェンで1.5Lガソリンエンジン車をラインアップに加える予定

■ダイハツは軽自動車のモデルラインアップを再編

 ダイハツは今後、軽自動車のモデルラインアップの再編に乗り出す考えです。ムーヴコンテ、ミラココアなど、ミラ&ムーヴ両シリーズに設定していた派生モデルを廃止し、次世代のマーケットニーズに合致させたモデルづくりの構築を目指します。

 ’14年にウェイク、’15年キャストと、新しいコンセプトを採用したニューモデルを投入しましたが、このうちSUV志向のキャストはマーケットへの定着に成功しましたが、ウルトラスペースワゴンのウェイクはシビアなマーケット評価になっています。

 しかも、同じようなコンセプトのアトレーワゴンのシェアを食い、スズキのエブリイワゴンに大差をつけられている状況にあります。このため、今後ウェイクを廃止し、別のコンセプトモデルに切り替える可能性もあります。

■6月にレヴォーグがマイナーチェンジ

 スバルは6月にもレヴォーグをマイナーチェンジします。主な改良点は、内外装のデザイン変更、新グレード設定、走行性能の向上で、さらに安全パッケージ最新の「アイサイト・バージョン3進化版」を標準装備します。秋までにはレガシイ、WRXもマイナーチェンジ&一部改良され、同安全パッケージ装備車を設定する見込みです。

 前回の「地獄耳スクープ」、ステップワゴン、フィットのマイチェン情報はこちらをご参照ください。

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

Этот авторитетный сайт с информацией про casino-ua.info.
www.steroid-pharm.com/testosterone-propionate.html

отопительные котлы