新型SUV「CX-8」の発売予定を公表!! 新型は3列シート7人乗り!!

なぜCX-「6」ではなく「8」だったのか

マツダが国内向けに3列シートの新型クロスオーバーSUVを開発していることは、すでに『Boosterpackdepot』本誌でも何度か報じていた。ただし車名は「CX-6」と予想しており、つまりCX-5と(2006〜2011年に日本で販売されていたが、2013年から中国市場専売車となっている)CX-7の中間的なモデルとして発売されると考えていた。

しかし今回公表された車名は「CX-8」。つまりワンランク上のカテゴリーであり、CX-7と(2007年から北米市場で販売され、2016年2月に2代目へとフルモデルチェンジした)CX-9の中間モデルとなる、ということだ。

2011年まで日本でも販売していたCX-7。2005年の東京モーターショーでコンセプトモデルとして登場した時は「MXクロスポルト」と名乗っていた。2列シート5人乗り 北米市場で人気のCX-9。ガソリン2.5Lのターボエンジンを搭載する3列シート7人乗りのSUV

公表された内装写真が革張りシートであるところを見ると、かなり上級に振ったモデル構成となりそうだが、「価格は300万円台前半から」ともアナウンスされている。

価格帯やジャンルを考えると、スバル・エクシーガクロスオーバー7や(こちらは2列シートだが)トヨタ・ハリアーが競合車となりそう。

今回マツダがわざわざ(「2017年度中」ではなく)「2017年中」と発表したということは、発表時期は2017年10月27日〜11月5日に開催する東京モーターショー2017だと考えていいだろう。

さらにいえば、通常あまりこういうことは発表されないのに「ビアンテとプレマシーは年内に生産中止」とアナウンスしたというところに、このCX-8への期待の高さと、「今後マツダは、魂動デザインと“走る歓び”を両立させたモデルだけでやっていく(それにそぐわないモデルは廃止していく)」という決意の強さが表れている。

もちろんCX-8の実物を見るのも楽しみだし早く乗ってみたいが、今後のマツダというメーカーそのものの「突き進み方」にも興味がわいてくる発表資料でありました。

個人的には宇宙一かっこいい車だと思っているFD3S型RX-7を「CX-∞」という車名で復活させてほしい。2017年はマツダロータリーエンジン50周年イヤーです

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

www.swiss-apo.net

купить простынь

оборудование для автополива