ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。

 11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を追っている。

出るか!? 新型ジムニー 待望の5ドア計画

 2018年7月に通算4代目モデルへと生まれ変わったジムニー。新型の登場は実に20年ぶりとなった。

 もともとコアユーザーを狙った本格クロカン4WDながら、3代目のモデル末期でも月販1000台をコンスタントに売り上げていたが、4代目となる新型は納車待ち1年と言われるほど人気が沸騰。スズキは月産台数を1.5倍の7000台に引き上げる対応を行ったことも、その人気を裏付けている。

 そんなにジムニーに浮上したのが、5ドアボディの開発計画だ。

 これまでジムニーには新型はもちろん、歴代モデルにも5ドアが設定されたことはなく、ボディタイプは3ドアのみの展開となっていた。

 だが、近年3ドア車に5ドアを設定する動きは加速している。BMW MINIが5ドアを設定したのがその典型例だ。

 にわかに浮上したジムニー5ドア計画、その真偽のほどは? 実際に市販へ向けて動きが進んでいるのか!?

 本誌では、5ドアの予想グラフィックとともに、その真相を総力を上げて追跡している。

ATより楽しいか!? MT車大運動会

 今や時代は電動化、そして日本で販売される車のほとんどがAT車となった。しかし、そんな時代だからこそ、車の原点でもある“操る楽しさ”を見つめ直したい。

 そこで、FFの最新国産マニュアル・トランスミッション(MT)車を勢揃いさせ、数々のテストを敢行!

 カローラスポーツ、スイフトスポーツ、そしてシビックハッチバック。MT車だけでなく、AT車も設定されている3車を同時に乗り比べ、AT車とMT車の魅力を徹底的に比較。

 気になる緊急自動ブレーキ性能テストなども交え、最新のMT車を全方位から、とことんテストした。

『日本車 平成30年間の物語』ほか、車の今と昔を結ぶ企画も

 このほか、残り半年を切った平成30年間に及ぶ日本車の歴史を振り返った「日本車 平成30年間の物語」では、平成元年(1989年)から現在に至るまで日本車の歴史をプレイバック。30年間それぞれの年に生まれた優秀車も余すところなく振り返っている。

 また、「消費税10%に備えろ!」と題し、16ページの大ボリュームで、来る消費税10%時代のカーライフに関わるポイントを総力をあげて特集。

 車を通じて時代を読む企画から、車の歴史、そして真正面の新車試乗記まで、一冊に“クルマ”を凝縮した最新号は、本日11月10日より全国のコンビニ・書店で絶賛発売中!

Boosterpackdepot 2018年12月10日号 目次

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ