冬将軍到来!! YOKOHAMAアイスガード6の圧倒的氷雪性能〈前編〉【PR】

■アイスにもスノーにもより強くなったアイスガード6

 立って歩くことすら危険なほどのツルツルの氷の上で、スタッドレスタイヤを履いたクルマが発進し、曲がり、止まることができるのはどうしてなのか!?

 このナゾを解明するキーワードが「水膜除去」と「密着」なのだ。

横浜ゴムの最新技術を満載した『アイスガード6』。左右非対称パターンが特徴的なトレッドパターンを採用。イン側は大型ブロックと高密度サイプにより氷上グリップ性能を追求。アウト側はブロック剛性を高めるとともに溝面積を拡大し、雪上グリップを高めている

 ヨコハマのスタッドレスタイヤブランド『アイスガード』の最新モデルが『アイスガード6』だ。前モデル『アイスガード5プラス』に対し、トレッドゴムの配合もトレッドパターンも一新した、まさにヨコハマの総力を注入したフルモデルチェンジ、自身の一作である。

 ちなみに『アイスガード5プラス』は2015年に登場したのだが、その前モデル『アイスガード5』とはトレッドパターンは同じまま、ゴムの配合の進化により氷雪路性能を高めていた。

■左右非対称トレッドパターンで氷にも雪にも強い!!

 左右非対称の特徴的なトレッドバターンの『アイスガード6』は、イン側は大型ブロックを採用することで接地面積を拡大させるとともにサイプ密度を高くして氷上面に発生する水膜を効果的に除去。これらにより高いアイスグリップ性能を発揮する。

 ただ、このブロックに刻まれた細い溝であるサイプは、微細にして密度を高くすればするほど、加減速Gや横Gが加わった際によれて倒れ込んでしまいやすくなり、結果的に接地面積を減らしてしまうことになる。

 そのため『アイスガード6』ではサイプ内部を3次元形状とすることで、隣り合ったサイプ同士が支え合い、倒れ込みを抑制する構造、『クワトロピラミッドディンプルサイプ』を採用。これにより高密度サイプながら高いブロック剛性を実現し、接地面積の減少を抑制しているのだ。

 いっぽうトレッドアウト側は溝面積を大きくするとともにブロック剛性をより高くしている。これにより雪面を踏み固め、しっかりと掴み取る効果を発揮。高い雪上グリップ性能を発揮している。雪上グリップ性能には、この踏み固めて掴み取る「雪中せん断力」が大きく効いてくる。

氷上グリップの高さはもちろんだが、雪上での操縦安定性、グリップ限界の掴みやすさなど「安心感の高い」走りを実感できた

■氷上の水膜を吸い取るトレッドゴムは氷点下でもしなやかに氷面に密着

 続いて注目すべきがトレッドゴムだ。

 これまでヨコハマのスタッドレスタイヤのトレッドゴムは『吸水ゴム』が採用されていた。トレッドゴムに配合された『新マイクロ吸水バルーン』と呼ばれる微細な空洞部が、あたかもスポンジが水を吸い込むように、氷上に発生した水膜を吸収する。『アイスガード6』ではこの『新マイクロ吸水バルーン』と『エボ吸水ホワイトゲル』と呼ばれる材料を配合しているのがポイント。トレッドパターンの工夫と吸水ゴムの相乗効果で効果的に水膜を除去しているわけだ。

旭川市郊外に新設された横浜ゴムの冬期テストコース。この建て屋内は直線の氷盤路となっており、天候に左右されることなく、安定したコンディションでのテストを可能とする

 さらにゴム自体もシリカを大幅増量して配合。シリカはゴムの強度を高めるとともに転がり抵抗を低減し、タイヤの材料としては理想的なのだが、他の材料ときれいに混合することが難しい材料でもある。この混合技術こそがヨコハマの技術力であり、企業秘密でもあるのだが、「シリカ高反応ホワイトポリマー」の採用によりシリカを混ざりやすくし、均一分散化を促進した。

 これらにより、社内テストでは氷上制動性能が15%、『アイスガード5プラス』に対し向上している。

こちらが建て屋内部の氷盤テスト路。主に制動テストに使用される

■走って体感する氷雪路性能の高さ!!

 実際に氷上路や雪上路を走って体感できるのが、「安心感の高さ」。氷上路ではそれこそ立っているのも危険なほどのツルツル状態にもかかわらず、プリウスのブレーキをリリースするとスルスルスルと走り出す。

 アクセルペダルを慎重に、ゆっくりと踏み込むとトラクションコントロールデバイスは作動するのだが、“キュキュキュキュキュ”と氷上面を捉える音を発しながら加速。30km/hまで加速したところでブレーキペダルをガツン!! と踏み込むと、“カカカカカカッ”とABSを作動させながらも確実な減速感をドライバーに感じさせながら速度を落としていき、停止直前のABSが作動しない極低速域では“キュキュ”と路面を掴む音を発しながら停止した。この減速感は『アイスガード5プラス』よりも確実に高く、安心感に繫がるのだ。

 雪上では圧雪のハンドリングコースを走る。特に印象的なのが操舵に対する応答性。ハンドルを切り込んだ瞬間にグッとノーズが向きを変えてくれるので、グリップ感がわかりやすく安心なのだ。

 そこからさらにステアを切り込んでいった時の追従性も良好。速度を上げていったときに「ここまでで限界ですよ」と、滑り出しをドライバーに伝えてくれる感覚もわかりやすいため、調子に乗ってオーバースピードでコースアウトするようなこともない。氷雪路性能の総合力の高さを実感した。

■テストコースで興味深いテストを体験

 北海道旭川市郊外に2018年冬に新設された横浜ゴムの冬期テストコースでとても面白いテストを体験したのでお伝えしたい。

①パターンの違いでどう変わる!?

 用意されたのは『アイスガード5プラス』のトレッドゴムを採用しながらトレッドパターンだけ『アイスガード6』のものにしたテスト用タイヤ。これを純然たる『アイスガード5プラス』と乗り比べようというのだ。つまり、同じゴムでトレッドパターンの違いでどのような差異が出るのか!? というテスト。

 テスト車両はプリウス、タイヤサイズは195/65R15。テストコース内の氷盤路で30km/hからの制動をする。

 ブレーキペダルを踏み込んだ瞬間の初期制動感が、明らかに『アイスガード6』パターンのほうが大きく、グッと速度を落とす。結果、それより手前で止まることができた。

 続いて圧雪路でのコーナリングでの比較をすると、『アイスガード6』パターンでは、『アイスガード5プラス』より上の速度域まで上げることができた。

②ゴムの違いでどう変わる!?

 これはちょっと驚きの光景だった。テスト車のプリウスに装着されているタイヤにはトレッドパターンが刻まれていない。そう、ドライ用レースタイヤのスリックタイヤのようなツルツルの表面なのだ。一方にはウインタータイヤ用のゴムが、もういっぽうには『アイスガード6』のゴムが搭載されている。

 これでツルツルの氷盤テスト路での制動テストをする、というのだ。

 そもそも走り出すことができるのか!? 

 ……との懸念は杞憂で、ウインタータイヤ仕様でもソロソロソロと走り出す。でも『アイスガード6』の吸水ゴム仕様に乗り換えると差は歴然。

 えっ!? こんなにグリップするの!? 

 と驚くほど普通のスタッドレスタイヤのように速度を上げていく。30km/hからのブレーキング距離はウインタータイヤ仕様と『アイスガード6』仕様では、圧倒的な差となった。

『アイスガード5プラス』のトレッドゴムのままトレッドパターンだけ『アイスガード6』仕様に変更したテスト用タイヤを装着し、30km/hからの制動テストの比較

こちらはトレッドパターンのない、スリックタイヤにウインタータイヤと『アイスガード6』のゴムをそれぞれ搭載したものの制動比較シーン

 つまり、スタッドレスタイヤはトレッドパターンの効果でも氷雪路グリップを引き出しているが、このトレッドパターンがまったくなくとも、ゴムの力だけでも想像以上のグリップ力を発揮できるのだ。

 いうまでもなく、両車の相乗効果により、安定して高いグリップ性能と操縦性を引き出しているということ。

 ちなみにこのスリックスタッドレスタイヤ、雪上でも思いのほかグリップするが、いったんグリップが抜けてしまうとツーっと行ってしまう。

 雪上グリップにはトレッドバターンのエッジ効果、掴み取る力が必要不可欠だということを改めて認識するとともに、『アイスガード6』の高いトータルバランス性能を再認識した。

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ