Modulo Xを味わいつくせ!! ドリキンも参戦した体感試乗会をレポート

Modulo Xを味わいつくせ!! ドリキンも参戦した体感試乗会をレポート

 ホンダアクセスがプロデュースする「ワンランク上の」ホンダ車を味わえるコンプリートカーが「ModuloX(モデューロ エックス)」。興味はあってもディーラーではなかなか試乗車がないし、安全にModuloXの性能を体感できる場所もない。さらに言えば開発者の意図やメッセージもカタログやホームページだけではわからない……。

 そんな声を受けて、Boosterpackdepotがホンダアクセスとコラボして「ModuloX × Boosterpackdepot体感試乗会」を主催。会場の岡山国際サーキットには土屋圭市さん、小林崇志選手といったゲストも登場で、みんなが満足の試乗会をレポートします!!

文:Boosterpackdepot編集部/写真:西尾タクト
イベント協力:ホンダアクセス、岡山国際サーキット


■「乗ればわかる」!! ModuloXの実力を特別講師と開発陣が徹底解説

 単にサスペンションを変更しただけではModuloXの乗り味は生まれない。エアロダイナミクスにこだわって整流効果を高めたエアロバンパーやフロントグリル、アンダーカバーを組み合わせることによって従来のミニバンにない直進安定性やダイレクト感のあるハンドリング、そしてしなやかな乗り心地を手に入れたのがフリードとステップワゴンにラインアップされるModuloX。

当日は日本に1台のラッピングNSXmo
当日は日本に1台のスーパーGTラッピングを施したNSXも登場。スーパーカーはやはりちびっこ人気がすごい!!

 雑誌やウェブサイトでその評判を耳にするにつけ、乗りたくなるのがクルマ好き。「乗ってみたい!」の声に応えるべくBoosterpackdepotがモデューロXを開発するホンダアクセスにお願いして実現したのが今回の体感試乗会。3月4日快晴の岡山国際サーキットに26組の参加者がワクワクドキドキ集まった。

当日はクルマを使ったミニ運動会も実施。Moduloスマイルの水村リアさんも応援だ!!
当日はクルマを使ったミニ運動会も実施。Moduloスマイルの水村リアちゃんも応援だ!!

 それもそのはず、新型フリードModuloXの試乗ができることに加えて、スペシャル講師はドリキンこと土屋圭市さんとスーパーGTの現役ドライバーでGT500クラスで優勝経験もある小林崇志選手という豪華なもの。二人から直接運転のアドバイスをもらったり、何気ない世間話ができることも大きな魅力だ

■特設乗り味体感コースと公道でModuloXを味わいつくせ

 段差のあるミニコースで参加者のマイカーとフリードModuloXの乗り比べを開始。参加者の声を聞いてみると「段差ひとつ乗り越えるだけで違いがわかりました。今の愛車よりもぜんぜんいいです」といった声が寄せられ、参加者からは低速でも違いがわかることが驚きのよう。

スラロームやデコボコ道での試乗などでModuloXの足回りを体感。百聞は一見に如かず、だったようだ
スラロームやデコボコ道での試乗などでModuloXの足回りを体感。百聞は一見に如かず、だったようだ

 また40km/h程度のスラロームコーナーではその挙動がしっかりわかったという人も。「フリードModuloXは背も高いのに"グイッ"と曲がっていくんです。左右で振り回しているのに目線がぶれないんですよ!! すごいシッカリ感ですね」とのインプレも。

 どうしてもクルマの評価というと高速道路などの高速域でしか上質な乗り味を体感できないと思われがちだが、実は街乗りが一番わかりやすかったりする。運転が楽しいクルマであると同時に、素直な操作性で安全運転にも貢献するのがModuloXなのだ。

 続いて公道でフリードModuloXとステップワゴンModuloXを試乗すると「もっと硬いのかと思いましたが、しなやかで後席の乗り心地もよかった」と満足そうな参加者。

会場周辺は緩やかなワインディングロードが続く。ふらつきの少なさを体感してもらえたようだ
会場周辺は緩やかなワインディングロードが続く。ふらつきの少なさを体感してもらえたようだ

 お子さんを同乗して試乗したお父さんも「ゴツゴツした乗り心地ではないのに、カーブで"グニャ"っとならない。この安定感なら子どもの乗り物酔いも減りそう」と太鼓判。せっかくのフリードなのに、お父さんだけが楽しいクルマでは意味がいないですもんね!!

■ドリキンが語る「フリードタイプR」とは!?

 ランチタイムは土屋圭市さんと小林崇志選手、そしてホンダアクセスの開発陣がトークショー。開発に携わる土屋さんは「フリードタイプR」の存在について触れた。えっ、フリードにタイプRがある予定だったの!?

 「ModuloXは、例えばフリードなら最初はフリードタイプRを作るつもりで開発し、そこから落としてきているんだよ」と開発ドライバーの土屋圭市さんが教えてくれると皆「へえ」と感心。

ゲストのサイン会も実施。開発ドライバーでもある土屋さんのトークショーはとても価値のある時間だ
ゲストのサイン会も実施。開発ドライバーでもある土屋さんのトークショーはとても価値のある時間だ

 また開発責任者の福田正剛さんから、「フロントバンパーとアンダーカバーで床下の空気の流れを1本の軸にすることでクルマの安定性が向上します。また揚力をコントロールして曲がりやすくもしているのです」と教えられると走りの違いに合点がいったようだ。

ModuloXの開発責任者の福田さん。理論派の開発者で、一見クールだけどすごく温かい人でもある
ModuloXの開発責任者の福田さん。理論派の開発者で質問にも丁寧に答えてくれる。今年はスーパーGTにも帯同するので、今後のModuloXの開発にもなにかいかされるはずだ

 土屋さんはタイプRくらいにガチガチなクルマを作って、そこから公道でみんなが快適なクルマにチューニングしていくという。採算度外視という言葉がピッタリなくらいこのModuloXにはこだわりを詰め込んでいるそう。

 そんな「へぇ~」が連発のトークショーのあとのフィナーレは岡山国際サーキットのレーシングコースで、パレードランと土屋さん、小林選手の助手席で同乗走行。さすがGTドライバーだけあっていっさいの手加減なし。同乗車両になったシビックタイプR(FK2/FK8)のポテンシャルをフル発揮。ものすごい荷重のかけ方でコーナーを曲がっていく。

当日会場を盛り上げたModuloスマイルの安藤麻貴ちゃん。[まきにゃんスマイルもスタート前だけだったとか!?
当日会場を盛り上げたModuloスマイルの安藤麻貴ちゃん。新人Moduloスマイルとしてドリキンの助手席を体感。あまりの速さに「まきにゃん」スマイルもスタート前だけだった!?

 なかなかできない体験とともに、ModuloXを体感できた1日になったようだ。ちなみに編集長とホンダアクセスの担当者さんのコソコソ話によると「次は九州にいきたいですね」とのこと。全国でModuloXの走りを体感してもらえるようん、またこのイベントやりたいと思います!!

 ホンダModuloXの詳細はからどうぞ!!

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ