デリカD:5で週末限定で探検家デビュー!? 雲海を見にいく大冒険に密着

「ねえ、お父さん、雲海を見にいきたい」。そんなミッションをお子さんから与えられたらあなたならどうしますか? 標高の高い山、そしてこの季節の気温。しかも休みは週末にしかない。家族が広々と乗れて、山道でも、雪道でも、安心感たっぷりに乗ることができる。そんな相棒みたいなクルマがあったらな……。あるんです、そんな夢みたいな相棒が。頼もしい相棒と週末だけ探検家になりませんか? 10年の熟成で頼もしさがますます増したデリカD:5と一緒に、週末は家族みんなのヒーローになりましょう!! 最後に嬉しいアウトドアグッズ応募ページへのリンクもあるのでお見のがしなく〜。

文:BoosterpackdepotWeb編集部 写真:塩川雅人、三菱自動車


■週末だけでも探検家になろう!? 三菱が提案する新しい冒険スタイル

 今回BoosterpackdepotWebがお邪魔したのが三菱自動車が展開するのイベント。アクティブなユーザーを対象に三菱が展開するプロジェクトだ。週末だけでもしっかり探検心を持って平日は仕事頑張ろうぜ~って主旨。今回のミッションは「美ヶ原高原で雲海を目撃せよ」とのこと。現地に派遣された編集担当のシオカワ、完全なインドア人間だから雲海がどこで見れるかなんて知りもしない。体力だけは取り柄だけど大丈夫かな……。

ローデスト、アクティブギアなどデリカD:5のさまざまなスタイルも展示された
ローデスト、アクティブギアなどデリカD:5のさまざまなスタイルも展示された

 今回のツアーに招待されたのはデリカのオーナー6組。集合場所は群馬県北軽井沢の「outside BASE」だ。こちらはホンモノの冒険家の田中ケンさんがプロデュースするアウトドアを堪能できるスペース。ロッジがあり、水洗トイレも電源もあって、快適にアウトドアを満喫できるという、まさにシオカワのような都会っ子には最高の場所(ちなみに部屋に虫が出ると騒ぐタイプ)。

 開会の挨拶が済んでからさっそくアクティビティが始まった!! ハーネスを用いたツリークライミングや、クライミングウォールで参加者の皆さんは大盛り上がり。あー、これだけでもこの週末は楽しいかも、なんて思ったり

ツリークライミングはハーネスを装着するから安全に木登りができる。お子さんから大人まで楽しめるのがいい
ツリークライミングはハーネスを装着するから安全に木登りができる。お子さんから大人まで楽しめるのがいい

■会場にいたデリカD:5オーナーに直撃「ぶっちゃけD:5ってどうなの!?」

 当日は会場に多くのデリカD:5オーナーが来場。あらゆるカスタムを施した車両もあれば、ノーマルでスタッドレスタイヤだけ履いたクルマもあったりとさまざま。そんな週末のアクティビティを満喫しているデリカD:5オーナーの3人にお話を聞いてみました。デリカD:5の詳細はからどうぞ!! 


【佐藤稔さん】

 年に5~6回はデリカでアウトドアにでかけます。D:5は家庭の環境もあり、多人数が乗れて4WDでと考えていたらこのクルマに行き当たりました。ボディがしっかりしていて、加速もいい、その魅力はありますよね。ミニバンで今回みたいな冬山でも怖くないのはこのクルマだけかなと思います。あんまりにも気に入ったのでこれで2台目のD:5なんですけどね(笑)。


【小川寛紀さん】

 昔Boosterpackdepotのモータースポーツクラブ「BCCS」の会員でした(編註:かつてBoosterpackdepotに存在した「Boosterpackdepot・クラブ・オブ・スポーツ」という知る人ぞ知るJAF公認クラブ)!! まさかこんなところで現役の編集さんに会えるとは(笑)。

 そんなモータースポーツが大好きだった私ですが、今はご覧のとおりデリカD:5で毎日をエンジョイしています。写真が趣味で天体や風景写真を撮っています。どうしても綺麗な星空を見るには人里離れた標高の高いところに行かないといけない。なので、このクルマの走行性能は嬉しいです。まあワガママ言えば8ATとか最新技術を搭載してくれると嬉しいのだけど、それは次期型に期待しておこうかな!?


【後藤陽二さん】

 4WDが欲しくて探していました。3列シートというのも決めてですね。アウトドアやキャンプにも家族でいきますが、雲海は見たことがないので今回はとっても楽しみです。私としてはアフターパーツが出ているのでかっこよく出来るし、奥さんとしては見切りがよくて乗りやすいって言ってくれます。

 あえて挙げるなら少しエンジンの音が気になるのですが、それを補うだけの乗り味と安心感は大きいと思います。かっこよくて、便利で、安心。家族で楽しめる4WDはこのクルマしかないな、って思います。


 皆さん共通しているのが「安定感」と「実用性」の両立の部分。3列シートのあるミニバンでパジェロ譲りの4WDシステムを持っていて、よっぽどのオフロードでなければ走破できる。そんなクルマはデリカD:5しかないでしょー!! ということでした。BoosterpackdepotとしてもこのデリカD:5の「唯一無二感」は表彰物だと実感しています。

 そんなD:5も10周年。長いこと愛されてきました……。ちょっと凄いのが今でも三菱の登録車ラインアップの中で最大の販売台数を誇ること。その安定感もオーナーの皆さんのインタビューで納得しました!! D:5をもっと知りたくなってきたらも参照してください。引き続き、会場を歩いていたデリカD:5の開発責任者の中島嘉宏氏にもインタビュー。

「4WDの走破性には徹底的にこだわっていて、テストコースではミニバンとしては世界でもっとも厳しいオフロード走行のテストを行っています。また走行性能に加えて、車内にある14カ所のマルチユースフックの配置もこだわりなんですね。ミニバンですから使い勝手もそうですが、アウトドアで必要な性能は車室空間にもあるんです。私もアウトドアをする人間なので、やはり実際の使い勝手にはこだわりがあります。

 遮音に関しては、生産部門に無理を言って、エンジンルームと車室の間のダッシュパネルに重い遮音材を入れています。地味ではありますが10年間ずっと進化を続けています。未だにもっともっと変えていきたい、そんな思いもあるのですが、終わりなき挑戦になっていますね。進化をやめないD:5だけに次期型に反映できることは大きいです」とのこと。

シャモニーの前で開発責任者の中島さんと。ちなみに手にしているスキーは後ほど紹介するキャンペーンの賞品です!!

 インタビューを終え、雲海博士である気象予報士の内藤邦裕さんからのレクチャーを聞く皆さん。川の水温や、風速など雲海を構成する要素を聞き、朝の絶景に期待をします。そして美味しい夕食を済ませたらそそくさと皆さん寝床のロッジに。氷点下は日常茶飯事で冷え込む北軽井沢ですが、前述どおり快適なロッジでぐっすり眠れるはず。なんせ翌朝はいよいよ「雲海」トレッキングに出発です。なんと出発時間はAM3:30。編集部シオカワも22:00には寝ましたとさ。

雲海教室はテントのなかで。こんな一瞬もアウトドアを感じる瞬間だ
内藤さん(右)の雲海教室はストーブのあるテントのなかで。こんな一瞬もアウトドアを感じる瞬間だ

■天気は晴れ、果たして雲海は見れるのか!?

 「山本小屋ふるさと館」からは片道2km、約1時間のトレッキング。遮蔽物のない美ヶ原高原は容赦なく風が吹き付ける。風速8m前後の風が、雪の粒子とともに顔に当たる。それでも先にある「雲海」を目指し、冒険家たちは歩を進める。足には現代版のかんじきであるスノーシュー、そして手にはストックを装備。これで凹凸のある雪道も安心だ。

 先導は田中ケンさん。時折隊列を整えるために休憩を挟む。「無理をしなくてゆっくりでいいですよ。ご自分のペースで着実に登りましょう」。その言葉が嬉しかったという参加者も。頭の中にユーミンが流れる。「ブーリーザーード、ブーリザード♪」。南極の昭和基地にいる隊員が見ている本場のブリザードはこんなもんじゃないのだろうが、シオカワ的には人生最大級のブリザード的な気象だった。

朝日を背に浴びつつ雪道を登る。雲海への期待に気持ちが高鳴る
朝日を背に浴びつつ雪道を登る。スノーシューとストックで一歩を踏みしめる。雲海への期待に気持ちが高鳴る

 参加者の皆さんはさすがアクティブなデリカオーナーだけあってコツコツと、確実に一歩一歩登っていきます。隊列を乱さない皆さんの登山を見て、「人生は登山に似ている」と言っていた中学校で担任だった阿部先生の言葉を思い出しました。そして、ついに、ついに、山頂に到着。天候は晴天、風速は10mほど。果たして雲海は!!!

容赦なく雪煙が吹き付ける。寒いよりも痛い感覚が大きい。雲海はいかに!?
道中は容赦なく雪煙が吹き付ける。寒いよりも痛い感覚が大きい。雲海はいかに!?

 「人生は登山に似ている」。阿部先生、その通りだったよ。雲海なかったよ。人生は甘くない、そう簡単に大切なものは手に入らない。けれど思いがけない宝物が手に入ることもある。それが今回登った皆さんとの友情かもしれない。参加者13名、メディア関係者4名、この一体感は週末探検家にならないと手に入らない!

雲海は見れなくてもこの絶景は寒空のなかを歩いた者にしか見られない光景だ
雲海は見れなくてもこの絶景は寒空のなかを歩いた者にしか見られない光景だ

 参加者の皆さんの声を聞くに満足度がすごく高かった今回の「週末探検家」のイベント。雲海が見れなかったという残念もあったが、自然相手だからそれは仕方ない!! という皆さん。いかにアクティブなデリカオーナーなのかと感心してしまったほど。「早起きしないといけないし、準備も大変なんだけれど、清々しい自然の中で過ごすだけでリフレッシュできる。だからやめられないんです」と女性の参加者はいう。

アウトドアの天候は運次第。何度も挑戦すればこんな雲海も見られるはず。※イメージ画像です(Shutterstock.com))
アウトドアの天候は運次第。何度も挑戦すればこんな雲海も見られるはず。※イメージ画像です(Shutterstock.com)

 山頂で雲海はなくとも絶景を拝み、下山した後は朝食のカレーが待っていた。憧れていた山小屋のカレー。りんごの甘みを感じるカレーは食欲が進むのなんの。皆さん完食。そこにスタッフから嬉しいプレゼントが。なんと今回の週末探検家のミッションを完遂したことで贈られる「認定証」の贈呈だ。さらに行程に帯同したということでメディア関係者にも贈呈された。これは嬉しい!! 今回共に早起きして雲海を探しにいった仲間しか持っていないこの認定証を胸に、今度は雲海をいつ見に行こうか、そんなことを考えるシオカワなのであった。

嬉しいことに全行程に参加したメディア関係者にもプレゼントされた認定証。シオカワ(左端)もニンマリ
嬉しいことに全行程に参加したメディア関係者にもプレゼントされた認定証。シオカワ(左端)もニンマリ

■自動車媒体の編集者から見たデリカD:5とは?

 実はシオカワもデリカD:5で雲海観測の当日の移動を行った。AM3:30。気温氷点下8°C。シオカワは寝床から飛び出し、防寒着に身を包んだ。移動用に借りているデリカD:5の「週末探検家仕様」に乗り込む。ローデストベースの引き締まったボディにドカーンと「週末探検家」ロゴが貼ってある。このクルマを与えられたからには代表を務めるという強い志で、運転をせないかん!! と氷点下のなか決意。スタートスイッチを捻りクランキングをする。「カラッカラッカラ」とディーゼルエンジンの音が響く。いいじゃないかぁ、アウトドアにはこのサウンドだよね、と妙に落ち着く。

デリカのスイッチ類はグローブをはめていても操作ができる。こういう細かい部分がアウトドアを知る人材が設計に関わっていることの証である
デリカのスイッチ類はグローブをはめていても操作ができる。こういう細かい部分がアウトドアを知る人材が設計に関わっていることの証である

 道を進む。フロントのフォグライトに照らし出された路面は明らかに凍結路のそれ。とても人間の足では歩くことはできそうもない状況だ。デリカD:5のセレクターは「4WD AUTO」モード。あとはDレンジに入れて出発するのみ。仕事柄、多くの凍結路を走ってきたが深夜と早朝は手強い。路面が見えない恐怖感もあるからだ。しかしD:5の視界は良好。これも実は利点だったりする。右左折時のコーナリングライトも地味に嬉しい。4WDの頂点を極めた三菱らしい気の配り方だ。車庫入れ時にもコーナリングライトが点灯し、視認性のもならず被視認性も向上する。

ご覧のとおり道は完全な凍結路。過信は命取りになるが、D:5の走行性能はオーナーの活動範囲を広げてくれる
ご覧のとおり道は完全な凍結路。過信は命取りになるが、D:5の走行性能はオーナーの活動範囲を確実に広げてくれる

 順調に標高2000mにある「山本小屋ふるさと館」へと向けてドライブが進む。ワインディングで全面アイスバーン、そして道幅は1.5台分くらいしかない。通常で考えたらこのような道を走るのは避けたいシチュエーション。しかし「週末探検家」のロゴを背負っている以上は丁寧にアクセルをコントロールして進む。誇張ではなく、一度も空転やスライドをすることがなく目的地に到達。これだ、きっと多くのオーナーさんが言っていた「安定感」というやつは!! 

 outside BASEへの帰路。往路が登りならば復路は下り。そして時間はAM9:00。太陽が照り、気温は上昇している。こうなるともっとも厄介なのが「濡れた氷」である。しかも下りとなれば冬のドライブのシチュエーションとしては最悪とも言っていい状況だ。まさにヘアピンコーナーともいうべきか、そんなカーブがやってきた。事前にスピードはLレンジとフットブレーキの併用で落としていたが、カーブの進入でややリアがズズッとスライドした。

実は溶けかけの氷も怖い路面なのだ。そんななかでもデリカD:5の確実な4WD制御が光る
実は溶けかけの氷も怖い路面なのだ。そんななかでもデリカD:5の確実な4WD制御が光る

 いくら4WDが優秀でも物理の法則には勝てない。しかし極当たり前の運転をしてさえいれば、デリカD:5はきっとドライバーを守ってくれるだろうなと感じる。当日もさりげない4輪制御で、リアがアウト側に膨らもうという動きがピタッと止まったのだ。秀逸な制御だな、と感心しつつセレクタレバーを見ると電子制御4WDのモードは「4WD AUTO」だった。さらに悪条件に対応する「4WD LOCK」という最強の手札を残したままだった。

 唯一無二のクルマ、三菱デリカD:5。行きたい時に、行きたいところに行ける。そんなクルマ本来の存在意義をより明確に、そして強く打ち出しているこのクルマを選ぶのも、ひょっとしたらクルマ好きには賢い選択なのかもしれない。

デリカD:5 Webキャンペーンも大注目

 12月から三菱自動車のWebキャンペーンが始まりました。12月1日(金)から来年1月21日(日)までの間、デリカD:5の発売10周年を記念してアウトドアギアプレゼントキャンペーンを実施。デリカD:5オーナーではなくても応募できるので気軽に応募をしてください!!

 ATOMICのスキーセットや、NANGAのシュラフ、MSRのスノーシューなどアウトドアファンならば大注目の10種類の賞品が揃っています。合計で100名に当たるのでチャンスも大きいかも!? なかなか自分で買うとなるとお金もかかる本格的なグッズだけに、この機会に当ててあなたも「週末探検家」になりませんか? 応募の詳細はから!! 

好きな方が見れば思わずニッコリしてしまうようなグッズが盛りだくさん!!
好きな方が見れば思わずニッコリしてしまうようなグッズが盛りだくさん!!

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ