SUNOCOオイルを知ってますか? 嘘をつけない土屋武士氏がその性能の高さを証明します

SUNOCOオイルを知ってますか? 嘘をつけない土屋武士氏がその性能の高さを証明します

 エンジンオイルをはじめとするオイル類を交換しようとすると、なかなか選択基準がわからないのも事実。自動車用品のお店にいっても「せん断性」「潤滑性能」「燃費が向上」など、多くの宣伝文句が氾濫しています。さらにはモータースポーツから派生した多くのオイルがあって、なんだかどれも性能が高そうに見えてしまうなんて悩みも。そんな方にBoosterpackdepotWebがオススメするのが「SUNOCO (スノコ)」のオイル。もしかしたらまだ日本ではマニアックかもしれないけれど、品質は間違いなしのがSUNOCOオイル。その品質のよさを身をもって体感し、開発も担当しているスーパーGT GT300 25号車「VivaC 86 MC」を率いる、土屋エンジニアリングの土屋武士監督に話を聞きました。GT300マシンのオイルから見えた、SUNOCOオイルの品質の高さとは? 最後にすごく嬉しいプレゼントまであります!!

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:BoosterpackdepotWeb編集部


エンジンオイルは血液と同じ!!

 今回取材班がお邪魔したのは土屋武士さんが率いる「つちやエンジニアリング」のガレージ。昨年のGT300チャンピオンであり、今年は松井孝允選手/山下健太選手のタッグで参戦。今年から監督になった土屋さんは実は昨年同チームでドライバーとしてシリーズチャンピオンに輝いている。土屋さんはプライベーターと呼ばれ、メーカーの莫大な資金などを元にしないレース活動を行なっている。だからこそオイルに関しては性能以外の部分も加味してとても真剣に選ぶという。

 「性能のいいオイルは当然レースには必要です。エンジンの限界付近の性能で1時間以上も走行を続け、そして壊れることなくゴールをするのがレースの前提です。しかし、性能はいいけれどライフの短いオイルはもったいない。なんどもなんども交換が必要なオイルならば、その都度お金も時間もかかります。だからライフも性能もいいオイルを求めました。それがSUNOCOのオイルなんです」。

25号車は昨年のチャンピオンマシン。このクルマに市販のSUNOCOオイルが使用されている
25号車は昨年のチャンピオンマシン。このクルマに市販のSUNOCOオイルが使用されている

 しかしレースで使うオイルは市販品じゃなくて、すごい成分を配合した超高価なオイルじゃないのか? なんて思っていたら土屋さんが面白いエピソードを話してくれた。

 「スーパーGTのテストで、新人メカニックがオイルをトラックに積むのを忘れたんです。エンジンオイルもギアオイルも。でもうちのレーシングカーはSUNOCOの市販品の"BRILL(ブリル)"を使っています。だから一般のショップに必要な分量を買いにいかせたんです。市販品をそのままレースで使っているので、なんの抵抗もありませんでした。安定した品質もSUNOCOの魅力なんです」。

 疑いの目が一瞬でバレていたようだ……。市販品をそのまま繊細なレーシングカーに使えるとはそれはすごい。逆にそんなオイルを自分のクルマにも入れられるとなると嬉しい。また担当はもうひとつ勘違いしていたことがある。それはSUNOCOオイルの生産国。どうしてもSUNOCOと聞くとアメリカのイメージを持ってしまうが、日本で売っているSUNOCOオイルはすべてメイド・イン・ジャパン!!

 しかも冷凍機器などに使う潤滑油を製造する自社工場で生産をしているから、クルマのオイルにはオーバースペックなほどの製造設備で生産されている。だからこそ市販品のオイルをレーシングカーに使っても問題がないし、北海道でも九州でも、夏でも冬でも、いつでも同じ品質のオイルが手に入る理由なのだ。今回は実際にGT300マシンからオイルを抜くシーンを見学したのでレポートしよう。

GTマシンから得られたオイルは市販品にフィードバック

 土屋さんのチームがGT300で使うマシンは「VivaC 86 MC」。マザーシャシーと呼ばれる共通シャシーでそれはもう猛烈に速いマシン。現役マシンのオイル交換はなかなか見られないシーンなので、担当もちょっぴり緊張。"グォォォォォンー"。アイドリングでもすごいエギゾーストノート。油温を高めるのにメカニックがアクセルを煽る度に"ファンッ、ファンッ、ファンッ"とエンジンが寸分も遅れず反応する。やはりレーシングカーは芸術だ……。いよいよエンジンオイルが出てくる。

奥に見えるホースからオイルが出ている。廃油は黒い
メカニック氏が持っているホースからオイルが出ている

 今回のように交換されたオイルのサンプルはSUNOCOの技術研究所に送られ、成分分析などを徹底的に行なうという。毎戦これを行なうことで、オイルの改良やマシンのコンディションを把握するのに役立つのだ。もちろんこの極限で鍛えられた性能はそのまま市販のBRILLをはじめとする市販製品に活かされいている。いやはやこんなに凄いオイルなら早く自分もBRILLにしたい、というオーナーもいることだろう。しかし土屋さんは違う意見だ。

 「例えばお買い物用のクルマでレーシングスペックのBRILLを入れる必要はありません。公道でそんな状況はありません。一般車向けのSVELTでも純正オイルよりもより安心してクルマを守ることができますし、燃費や静粛性だって向上します。逆にBRILLは月に1回サーキットでスポーツ走行をするようなオーナーさんにはオススメです。ワインディングを軽快に走りたい、程度ではSVELTでも有り余る性能です。ついオイルというとトップグレードを選びがちですが、余計な出費はしないでほしいなと思います」。

メカニックからSUNOCOの担当者にサンプルオイルが渡される。ちなみにテストにオイルを忘れたのは右のメカニック氏
メカニックからSUNOCOの担当者にサンプルオイルが渡され、その後に解析される。ちなみにスーパーGTのテストにオイルを忘れたのは左のメカニック氏

 ご自分でもおっしゃっているのだが土屋さんはかなり正直な方。セールストークなんて一切なし、だからこそSUNOCOの製品は信頼できると担当は感じた。言われてみればスーパーGTで使っているオイルを公道で使うクルマに入れるのは、もったいない。それをドライバーとしても、監督としてもレースに関わる土屋さんが言うのだから説得力も抜群だ。

社用車レヴォーグがSUNOCOで大変身!?

 せっかくなので当日取材のお供だった社用車のスバル・レヴォーグのエンジンオイルをSUNOCOのSVELTに交換してもらった。2年前の納車より5.5万kmを走破している弊社営業部の足のレヴォーグ。定期点検はもちろん確実に受けているし、メンテナンスだってしっかり行なっている。しかし担当は思っていた。どうも低速域でギクシャクしてしまうのだ。

 そんな不満を持ちつつも実はつい1カ月前にオイル交換をしているというレヴォーグ。それからの走行距離はたったの1100km。通常ならこんな走行距離ではオイル交換の必要などはないのだが、今回はSVELTの性能を実感するために交換に踏み切った。

使ったオイルはSveltの0W-20。純正指定の粘度だ
使ったオイルはSveltの0W-20。純正指定の粘度だ

 元のオイルはかなり低価格のものが入っていたが、オイルパンから出てきたオイルはわずか1100kmの走行とは思えないほど黒ずんでいる。オイルの汚れやすい直噴エンジンとはいっても衝撃的な光景だった。「焼けている」と土屋さんは表現したが、赤茶色に変色しているのだ。なんだかレヴォーグ君が心配になってきたが、気を取り直してサクサクとオイル交換が進む。

一度廃油を容器に入れて滴らなくなるまで戻した。左がレヴォーグの廃油で、右がGT300マシンから取り出したレース後のBRILL。レース後のオイルなのにキレイだ
一度廃油を容器に入れて滴らなくなるまで廃油入れに戻してみた。左が交換後1100km走行のレヴォーグの廃油で、右がGT300マシンから取り出したレース後のBRILL。右側の決勝レース後のGTマシンのオイルのほうが土屋さんの手がキレイに見えるはず。エンジンのコンディションなども一目瞭然だ

 SVELTの0W-20に交換が完了。インプレッションのために事前に土屋さんにレヴォーグに試乗をしてもらったのだが、クルマ自体が極めて静かでオイルの違いがわかるかな、とちょっと不安げ。さてSVELTを注がれたレヴォーグくんを操る土屋さんの試乗を助手席から見守る。やはりレーシングドライバーのセンサーはものすごく敏感だ。「信号待ちからの発進で明らかに違います。スーッと進む感覚があります」。

 助手席の担当はエンジンルームからのカラカラ音が静かになったと思った。途中で運転を代わり、担当が乗るとこれはもう歴然と違いがあった。1500〜2000回転のタコメーターがスムーズに動く。少し段付きがあった低速域でのアクセルがスムーズだ。交換からわずか1カ月、そしてたった1100kmしか走行していないのになぜこんなことが起こるのか!?

土屋さんのみならず担当もオイルの違いを実感。明らかに低速域での加速のムラがなくなった印象だ
土屋さんのみならず担当もオイルの違いを実感。明らかに低速域での加速のムラがなくなった印象だ

 「もともとのオイルの質の問題もあります。あまり安いオイルだと保護性能も違います。人間の血液と違ってクルマのオイルは新しいものが循環しません。定期的にいいオイルを交換することでもっとも効果が表われます。かといって前にもいったように、このレヴォーグにBRILLは必要ないです。週末にジョギングする程度の人に、オリンピックアスリートの能力が要らないのと同じです。

 今回レヴォーグのオイル交換をして、本当の価値を知るのは3000kmほど走った時です。その時のオイルの状態を見てもらえれば、またSUNOCOオイルの凄さを実感してもらえると思いますよ!!」

クルマにあったオイルをしっかり選ぶことがとても大事ということを土屋さんは繰り返し述べていたが、これは一般ユーザーにとっても凄く大事なアドバイスになるはず。SUNOCOのオイルでいえばBRILLはサーキットを走るユーザーに、SVELTは一般道で走るユーザーにと考えればいい。次回のオイル交換はぜひSUNOCOオイルを試してみてはいかがだろう?

 土屋さん自身も愛車でSVELLを愛用している。SUNOCOの一部のオイルは欧州車向けの承認もとっているので安心して使うことができる
土屋さん自身も愛車でSVELTを愛用している。SUNOCOの一部のオイルは欧州車向けのメーカー承認もとっているので安心して使うことができる

あなたもSUNOCOを愛車で体感しませんか?

 ここでSUNOCOの製造・販売元の日本サン石油から嬉しいプレゼント。なんとあなたの愛車にぴったりなSUNOCOの「Svelt 0W-20(4L)」を1名さまにプレゼントしちゃいます。お乗りのクルマの車名、型式、年式、原動機名などの必要データをフォームに入力して、SUNOCOのパフォーマンスを体感しちゃいましょう!! 

応募フォーム →

【ご注意事項】

・交換工賃などはすべて当選者の方のご負担になります
・車両によっては4L以上のオイル量が必要な場合もあります。その際の不足分のオイルはご自身でお揃えください
・商品の返品、転売、換金はご遠慮ください
・発送をもって当選とさせていただきます
・お一人さま一回の応募でお願いします

Sveltは欧州車から国産車、エコカーまで対応するオイル。街中での使用に最適
Sveltはエコカーまで対応するオイル。街中での使用に最適だ

【Svelt / SVELT EUROシリーズの詳細はこちら】

【キャンペーン情報はこちらから】
SUNOCOでは2017年12月31日まで「安心・快適・大満足!やっぱりココでオイル交換キャンペーン」を実施しています。年末までのキャンペーン!! 年末年始は新しいオイルで気持ちよく過ごしましょう!!

【土屋武士さんのショップ「25Racing」はこちら】
取材に協力してくれた土屋武士さんのショップである「25Racing」ではSUNOCOのオイルを扱っている。お近くでSUNOCOオイルへの交換をお考えの方はぜひ足を運んでみて下さい(完全予約制なので、必ず事前確認をお願いします)。

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! Boosterpackdepot8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ