新型クラウンは“世界基準”か!? ベンツEと徹底比較で実力判明!!

 2018年6月26日に発売され、その後1カ月時点で3万台という受注を記録した新型クラウン。その好調な出足に比例するように、概ね高い評価が目立つ。

 では、その真の実力は世界基準に達しているのか!? 同クラスのベンチマークとなるメルセデスベンツEクラスを比較対象に、徹底的にテストを行った。

 クローズドコースを舞台に緊急回避性能、ハンドリング、そしてブレーキ性能などのメニューを実施した本テスト、同じコンディションでテストを行うと、両車の“哲学”の違いも明らかとなった。

文&TEST:松田秀士
写真:池之平昌信、平野学
Boosterpackdepot 2018年9月10日号『灼熱のダイナミックTEST』より


クラウンとベンツEは安全への考え方も対照的!?

 新型クラウンはベンツのダイナミック性能を超えたのか? テスト前におさえておかなくてはならないのが車重とタイヤのスペック。テスト車のデータは以下のとおりだ

■クラウン【2.0ターボRSアドバンス】
・車重:1730kg
・タイヤ:225/45 R18

■E220d【アバンギャルドスポーツ】
・車重:1820kg
・タイヤサイズ:(前)245/40 R19、(後)275/35 R19

 Eクラスは車重が90kg重く、それをカバーするように19インチサイズの幅広タイヤを履く。ま、どちらも走りを重視したスペックだ。

クラウン/ダブルレーンチェンジ通過速度:115km/h。緊急回避動作を想定した同テストはISO3888に準拠したコースレイアウトで実施

 興味津々でダブルレーンチェンジをまずクラウンから行う。高速での瞬間的なステアリング操作によるサスペンションへの速い入力。さらに切り返しでの収束性、あるいは破綻した時のリカバリー性、そしてスタビリティコントロールがどの程度フォローするか? だ。

 限界速度を試すためそれぞれ2回のチャレンジ。クラウンの限界速度域は高く115〜120km/h。120km/hに近づくにつれてその介入度が大きくなる。

 ただ、安定性は極端に破綻することもなく、速度に比例してリアの安定性が低下。つまり、速度が上がるほどに操舵に対してリアが遅れてくるので滑り始めるのだ。

E220d/ダブルレーンチェンジ通過速度:105km/h。姿勢制御システムが作動し、左レーンチェンジ時に車速ダウン。姿勢を乱すことなく安定して危険回避できる結果となった

 いっぽうEクラスの通過限界速度は105km/h。ロープロファイルで幅広タイヤなのに限界値はそれほど高くない。

 興味深いのは105km/hを超えるとVSC(横滑り防止装置)の介入が極端に増えること。そして一気に速度を低下させる。速度超過はドライバーミスと判断し、かなりの主導権をドライバーから奪っているようにも感じた。

 いっぽうクラウンは車体の限界値を上げ、VSCは速度段階に比例して介入度を上げる。たったこれだけのテストで、安全対応への考え方が異なるようにも感じた。

ハンドリングはどうか?

価格こそ差があれど、車格は近いクラウンとベンツE。スラロームテストでは、クラウンのほうがより軽快でベンツEは一貫して安定志向の動き方をするなど違いが見られた

 さらに興味深かったのがスラローム。こちらはハンドリングの評価なので、ドライブモードをどちらも「スポーツ+」に設定してテストした。

 両車ともに60km/h+程度の速度で旋回するのだが、クラウンはリアのスタビリティが高くしっかりと路面を捉えている。なのに、旋回の中心はドライバーのあたりにある。

 つまり、リアのスライドは感じさせないのだが後輪もステアしているように感じ、少ない操舵角で綺麗にパイロンをクリアする。電子制御デファレンシャルでも装備しているのか? という感覚だった。

 対するEクラスだが、驚いたことにスラローム中リアが滑るのだ。ちょうどスキーのウェーデルンでもしているかのよう。

 操舵を強めに入れるとリアが流れ出し、アクセルを踏み込むと適度に加速し滑りは収まる。

 この繰り返しなのだが、滑ってもアクセルを踏めば加速するのでタイムは悪くなかった。アクセルを踏まなければVSCによってどんどん減速する。「スポーツ+」モードでのVSC協調介入レベルによるハンドリングの考え方が両車違うのだ。

速度域で逆転する2台のブレーキ性能

【図1】速度別の制動距離テスト結果

 ブレーキングは100km/hと120km/hからの緊急ブレーキ。いきなり蹴飛ばすようにブレーキを踏み込む方法。

 クラウンに比べるとEクラスのサスペンションはソフトなのでノーズダイブは速いのだが、ABSの作動が細かく重量は重いけれども停止距離が短い。

 120km/hになるとその差は歴然。初期制動時からABSがしっかり細かく作動するEクラスが、タイヤサイズの違いもあるかもしれないが圧倒的に安定感も高く停止距離が短かった。

【図2】ダイナミックテスト 全データ(評価/松田秀士)

テスト車のデータ

■クラウン 2.0ターボRS アドバンス
全長×全幅×全高:4910×1800×1455mm
ホイールベース:2920mm
車重:1730kg
エンジン:直列4気筒ターボ、1998cc
最高出力:245ps/5200-5800rpm
最大トルク:35.7kgm/1650-4400rpm
タイヤサイズ:225/45 R18
JC08モード燃費:12.8km/L
価格:559万4400円

■ベンツ E220d アバンギャルドスポーツ
全長×全幅×全高:4950×1850×1455mm
ホイールベース:2940mm
車重:1820kg
エンジン:直列4気筒ディーゼルターボ、1949cc
最高出力:194ps/3800rpm
最大トルク:40.8kgm/1600-2800rpm
タイヤサイズ:(前)245/40 R19、(後)275/35 R19
JC08モード燃費:21.0km/L
価格:769万円

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ