【魅力倍増!? それとも半減!?】史上最大のマイチェン実施 マツダ新型アテンザ試乗

 マツダのフラッグシップカー、アテンザが大幅な改良、マイナーチェンジを果たし、販売を開始した(2018年5月24日発表、6月21日発売)。

 2012年11月の3代目(現行型)登場からザッと6年。通常であればそろそろフルモデルチェンジの噂が聞こえてきてもおかしくないこの時期でのマイナーチェンジ。もはやマツダおなじみとなった年次改良(ただし、昨年と一昨年のマイナーチェンジは8月に行われた)とはいえ、そこにはなにか隠された意図があるのだろうか?

 自動車ジャーナリスト 鈴木直也氏に試乗を依頼、その背景も含めて解説していただいた。なお価格はATの20Sが282万9600円、MTではXD(2WD)の329万4000円からとなる。

今回のアテンザ モデルチェンジのポイント
■2.2Lディーゼルは性能向上で中高回転域での加速力アップを実感
■内装の上質感がアップ
■NVH性能が向上し快適に
■2.5Lガソリンに気筒休止機構を採用
■フロントマスクをCX‐5と同じデザインに

文:鈴木直也 写真:西尾タクト
初出:『Boosterpackdepot』2018年8月26日号


マイナーチェンジの意味

 今回のアテンザのマイチェンはデビューから6年目にして4回目。普通ならモデル末期なのに、過去最大の大幅改良を施してきた。

 セダン市場は日本のみならず世界的に低調で、この時点でのアテンザ大幅改良はマツダにとって“費用対効果”だけを見ると微妙なのだが、マツダが将来を託すプレミアムFR(フロントエンジン・リアドライブ(駆動))への橋渡しとして、アテンザは大事なフラッグシップ。何がなんでも「マツダのセダンはクォリティが高いよね」という評価をキープしなければならないのだ。

輸入プレミアムと堂々渡り合えるインテリア

 実車に接してまず気づくのは、インテリアの上質感がますます高まっていることだ。ふんだんにステッチを効かせたインパネ周りの造形や仕上がり、新素材の“ウルトラスエードヌー”を使ったドアトリム、そして高弾性ウレタンを使ったしっとり包み込まれるようなシートなどなど……。

アテンザインパネ周り

ディスプレイが1インチサイズアップし、HUDがフロントガラス照射型になるなど、改良されたインパネ周り。全体的に上質感が増した

 マツダのポリシーとして外装デザインの変化は大きくないが、内装の仕立てのよさは同クラスの輸入プレミアムにまったく遜色ない出来栄えといっていい。

アテンザ

後部座席は身長170㎝の編集が乗ると、膝前に拳1個ぶん以上の余裕あり。座ると体にフィットし、快適な座り心地を実感できる

15ps/3.1kgm引き上げられた加速力

 走りっぷりについては、エンジンがディーゼル/ガソリンともにCX-8と同スペックに進化したほか、足回りのセッティングに“スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャ”という新しいコンセプトが導入されたのが注目点だ。

 エンジンについては、やはりディーゼルの圧倒的なトルク感がさらに力強くなっている(最大トルク42.8kgm → 45.9kgm)のが快感。もちろん、気筒休止を追加した2.5Lガソリンもそれなりに悪くはないのだけれど、常にディーゼルと比較されるのはお気の毒。プレミアムセダンとしてのアテンザのキャラクターは、今後もこのディーゼルが牽引してゆくはずだし、こういうトンがったパワートレーンなくしてプレミアム車のブランディングはあり得ない。

エンジンはガソリン/ディーゼル共にCX‐8と同様のものを搭載。ディーゼルは最高出力190㎰、最大トルク45.9㎏mだ

新コンセプトのサスチューニングは?

 サスペンションについて興味深いのは、トータルな走りのセッティングのなかで、タイヤもマツダ独自の仕様で造り込んでいることだ。

 具体的には、タイヤの持つ縦バネ特性をソフトに振って、サスペンションが本格的に動く前段階(低速/微小入力時)で、もっとタイヤに働いてもらうという考え方。確かに、新型アテンザの滑らかな微低速時の乗り心地や目地越えのスムーズさは、これまた一部の欧州プレミアムを彷彿させるいい味わいを醸し出している。

 ただし、この方法論はいいことばかりではなく、スピードレンジが上がってサス入力が大きくなってくると、バネ下のばたつきやブルッとした微振動が顔を覗かせる。この辺はプラットフォームを全面的に刷新する次世代スカイアクティブX商品群に託された課題だろう。

 ともあれ、真面目に欧州プレミアムセダンの背中を追っかけている国産車は今やマツダくらいなもの。欧州プレミアムに負けないクォリティの高いセダンとして、アテンザはいぶし銀のような魅力を放つクルマに仕上がっていると思う。

アテンザワゴン

506Lの荷室を持つワゴン。リアシートの背もたれを倒せば最大1648Lとなる。セダンの荷室は474Lだ

アテンザ セダン/ワゴン採点表

※旧型を10点として採点
ハンドリング……10
動力性能……11
乗り心地……13
安全性能……15
コストパフォーマンス……12

◎アテンザ セダンXD(PROACTIVE 4WD)主要諸元
全長×全幅×全高:4865mm×1840mm×1450mm
ホイールベース:2830mm
車重:1670kg
エンジン:直列4気筒 DOHCターボ
総排気量:2188cc
最高出力:190ps/4500rpm
最大トルク:45.9kgm/2000rpm
トランスミッション:6AT/6MT 
WLTCモード燃費:6AT:17.0km/L、6MT:18.8km/L

◎アテンザ ワゴン 25S L Package(FF)主要諸元
全長×全幅×全高:4805mm×1840mm×1480mm
ホイールベース:2750mm
車重:1560kg
エンジン:直列4気筒 DOHC
総排気量:2488cc
最高出力:190ps/6000rpm
最大トルク:25.7kgm/4000rpm
トランスミッション:6AT 
WLTCモード燃費:14.8km/L

新型アテンザ価格表

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ