先駆者vs急先鋒 ステップワゴンHVとセレナe-POWERはどっちが買い!?

 ミニバンは各社の稼ぎ頭でもあり、研究開発も激しい速度で進んでいる。特にミドルクラスミニバンは各社ともに力を入れている。

 このクラスのパイオニアとなるステップワゴンは、販売面で少し苦戦を強いられているのも事実。そこには新進気鋭で絶好調の日産・セレナe-POWERの存在がある。

 そこで自分ならどっちを買う!? を意識して編集部Sが試乗。かつてのパイオニアの実力、そしてライバルのポテンシャルはいかに?

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:Boosterpackdepot編集部


■ステップワゴンとセレナを比較するワケ

 ステップワゴンとセレナe-POWERを比較するこの企画。2018年6月現在のミドルクラスミニバンの販売状況を見ると、トヨタのノア/ヴォクシーが兄弟車種合計で月間1万台以上を販売している。

 一方で、ステップワゴンはハイブリッド1552台/ガソリン2630台、セレナはe-POWER5814台/ガソリン3430台となっている。

 圧倒的2番手のセレナと、このクラスのパイオニアながら苦戦を強いられている3位のステップワゴンという構図が成り立つ。

 そうなると試したいのがこの2位/3位の比較。セレナe-POWERがそこまでいいのか!? それともステップワゴンのよさが伝わっていないのか!? 編集部Sが試乗して徹底チェックです。

■ホンダらしさを打ち出したステップワゴンスパーダ

 ステップワゴンといえばこのクラスのミニバンではパイオニアとなる車種。

 1.5Lターボモデルは苦戦したが、クルマ全体の作りこみは非常に細かくその性能については評価も高い。

山道での乗り味は非常にいい。特にスパーダの足回りは固すぎずで乗用車ライクな安定感を感じられる

 デザインは2017年のマイナーチェンジでハイブリッド搭載のスパーダがワイルドな顔になった。和み過ぎていたMC前モデルからすると大きな変化だ。

 今回試乗したのはステップワゴンスパーダ ハイブリッド。

 担当Sの気に入ったポイントはずばりその足回り。

全体的によく考えてまとめられたステップワゴンの内装。ただし本革シートは滑るのが難点

 ミニバンは重心が高くなりコーナーなどで”グニャー”といった感触だったり、ふらつきを感じるクルマも多い。しかしスパーダの場合は粘る足回りでそこに不安感はない。

 これは運転していて楽しいだけではなく、同乗者のクルマ酔いを防ぐにも非常に有効な足回りだ。ただ市街地では少し固さを感じるオーナーもいるかもしれない。

 わくわくゲートの採用や、ダイブダウンする3列目など、細かな作りこみに関してはステップワゴンに比肩するライバルはいないと断言できる。

■新感覚のe-POWERを搭載のセレナはどうだ?

 お次は売れに売れいているセレナe-POWER。

 「ワンペダルドライブ」と称した新感覚のドライビング、さらには「プロパイロット」という運転補助システムも大きなトピックだ。

市街地での乗り味は非常にコンフォートだが、山道などにいくとその柔らかさが不安定な面を見せる。運転スタイルによって選択をしたい

 アクセルのオン・オフだけで減速できる回生ブレーキは、まるで電車のような雰囲気すらあって楽しい。

 加速時など発電中には遠くのほうでエンジンサウンドを感じさせるものの、遮音を徹底したというだけあって、静粛性は大きなセールスポイントにもなる。

セレナの居住性もステップワゴンと遜色なし。シートアレンジなども豊富だ

 担当として気になる部分はその乗り味。今回試乗したようなワインディングでは腰砕け感がある。

 30~50km/hが法定速度の山道を法定速度で走っても、セレナe-POWERの足回りは明確に柔らかい。

 もちろん恐怖を覚えるようなものではないが、コーナーが連続すると乗り物酔いしやすい子どもにはキツイだろう。市街地での乗り心地は抜群だが、このへんのバランスは難しい。

■比較してどうだ!? 自分ならこっちを買う!!

 比較してどうか、という最終項目。今回は【走り】/【装備】/【所有した満足度】/【安全性】で編集部Sが独断でジャッジします。

【走り】→ ステップワゴンの勝ち

 多人数乗車をするミニバンに楽しさを求める層は少ないだろうが、やはり安定感やパワーはあってもいいはず。

 コーナリングの安定感、そして高速道路などでの安心感はステップワゴンスパーダの勝利。またパワーもシステム出力セレナとは段違い。

 セレナがシステム出力136psなのに対し、ステップワゴンスパーダはエンジンのみで145ps、そこにバッテリーの70psも加わる。走行性能ではステップワゴンの圧勝。

【装備】 → ステップワゴンの勝ち

 これは微妙な勝負になるが、やはりステップワゴンのわくわくゲートや、ダイブダウンの3列目など細かな作りこみはミニバン経験の豊富さでセレナを圧倒。

水平基調でまとめられたステップワゴンの内装。ピアノブラックを適度に使い”締まった”印象を受ける

 内装の質感も好みはあるがステップワゴンはピアノブラックを使い、うまいことまとめている。セレナはもう少し質感がほしいところだ。

【所有した満足度】→ セレナe-POWERの勝ち

 満足度ではセレナe-POWERが強いかも!? 前述のとおり、ワンペダルドライブもあったりと「新しいクルマ」というわかりやすさが大きい。

運転支援システムのプロパイロットがつくのもセレナe-POWERの強み。便利な装備だが、なにもしなくてよい「自動運転」ではない

 運転する家族、同乗者にとっても「EVライク」なハイブリッド車であることは新しい体験だろう。ただ「プロパイロット」は自動運転ではない、ということは口を酸っぱくして言いたい。

【安全性】 → セレナe-POWERがやや勝ち

 自動ブレーキ性能ではセレナe-POWERの自動ブレーキの性能が高い。JNCAPのテストでも対歩行者性能ではセレナが優れており、安全面での評価はセレナが一歩リードする。

【結論】

 ということで、長所/短所はそれぞれあるものの、担当が「自分で買うなら?」と言われればステップワゴンだろう。

 クルマ好きにはわかりやすい味付け、そしてホンダらしい作りこみは、クルマにうるさいおじ様たちも納得。

 逆にクルマにあまり詳しくない友人には積極的にセレナe-POWERの試乗も進めたい。ワンペダルドライブは新感覚だし、クルマとの距離感が縮まるはずだ。

【総合点】

ステップワゴンスパーダ ハイブリッド → 90点

セレナe-POWER → 87点

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ