いま日本のクルマ好きを最も熱くさせるスズキの名車 5選

 内外の自動車メーカーはグローバル化を積極的に推し進め、ボリュームゾーンに多くの国で売りやすい世界戦略車を投入している。日本の自動車メーカーも、今や軸足は海外に向けており、日本の日常使いで使いにくいクルマも多くなった。また、生産性を重視した結果、ターボ搭載のスポーティモデルやマニュアル車を整理するメーカーも増えている。

 だが、スズキは違う。

 60年以上にわたって日本独自のスモールカーである軽自動車を生産し続け、登録車に乗れない人も多いから日本の市場とユーザーを大事にしている。

 厳しい軽自動車ファンや東南アジア、インドなどのユーザーに鍛えられているから、リーズナブルな価格で高品質、機能的で使いやすいフレンドリーなクルマが多い。

 また、スポーツモデルを愛し、アルトワークスやスイフトスポーツなどのホットハッチを生み出している。4WDモデルにも強いこだわりを持つが、クロスカントリー4WDでもスポーツ心を失っていない。時代が求める先進安全装備だって積極的に付けている。これほどユーザーフレンドリーで個性的なクルマを送り出している自動車メーカーはスズキしかないだろう。

 気づけばスズキこそが、いま日本のクルマ好きの心を満たすクルマ作りを続けているのだ。

 以下、そんなスズキが現在ラインアップしているモデルの中から、特に買い得感が高く、クルマ好きにも愛されるモデルを紹介したい。

文:片岡英明


■ジムニー 2018年7月発売

スズキ・ジムニー(なお現在、納期は最大1年2ヶ月)
スズキ・ジムニー(なお現在、納期は最大1年2ヶ月)

 1970年春にセンセーショナルなデビューを飾り、現行モデルで4代目となる世界最小の本格派クロスカントリー4WDがジムニーだ。代を重ねるごとにモデルチェンジのサイクルが延びているのは、メカニズムに対する自信の表れといえるだろう。

 2018年7月に登場したばかりの4代目(現行型)も強靭なラダーフレーム構造を筆頭に、縦置きのエンジンレイアウト、ハイ/ロー2段の副変速機付きパートタイム4WDシステム、前後とも3リンクにコイルスプリングとしたリジッドアクスルのサスペンションなどを受け継いだ。

 最新のジムニーは、新世代のR06A型直列3気筒DOHC4バルブターボを搭載する。ちなみに兄貴分のジムニーシエラが積むのは新設計の1.5L、K15B型直列4気筒DOHCだ。どちらも5速MTのほか、4速ATを設定した。当然、CVTの出番はない。

 プラットフォームやパワーユニットを一新し、サスペンションも徹底的にチューニングしたから走りの実力は大幅に高められているはずだ。すでに多数のバックオーダーを抱えているというから、ジムニーマニアは賢い。4代目も長く付き合えるだろう。

■スイフトスポーツ 2017年9月発売

スズキ・スイフトスポーツ
スズキ・スイフトスポーツ。価格は183万6000円〜205万920円

 スイフトはスズキの屋台骨を支えている世界戦略車だ。数あるバリエーションのなかで「山椒は小粒でもピリリと辛い」をダイレクトに表現しているホットハッチがスイフトスポーツである。歴代のいずれもが刺激的な走りを見せ、ワインディングロードでもサーキットでも操るのが楽しかった。最新の4代目スイフトスポーツは、ヨーロッパの名門ホットハッチと真っ向勝負するために開発され、初めて3ナンバー枠へと踏み込んだ。パワーユニットも専用チューニングした1.4Lの直列4気筒DOHC直噴ターボを搭載する。

 ターボの後押しと軽量化したボディによって加速は力強いし、トルクの盛り上がりも強烈だ。3速ギアにダブルコーンシンクロを採用したクロスレシオの6速MTも小気味よくキマる。

 CVTではなく電子制御6速ATを選んだことも走りの楽しさにこだわったことの表れだ。ハンドリングも軽快で、意のままの気持ちいい走りをテクニックに応じて楽しめる。正確に狙ったラインに乗せやすいし、リアタイヤの接地フィールもいい。安心感のある走りを披露し、乗り心地もそれなりのレベルにある。また、リーズナブルな価格設定も魅力のひとつだ。

■アルトワークス 2015年12月追加設定

スズキ・アルトワークス。価格は161万7840円(5MT/5AMT同額)
スズキ・アルトワークス。価格は161万7840円(5MT/5AGS同額)

 今から31年前の1987年2月、スズキはアルトワークスを投入した。心臓は軽自動車初の直列3気筒DOHC4バルブターボだ。初代ワークスは64psの自主規制が敷かれるほど強いインパクトを放っていた。

 歴代のワークスは刺激的で、運転するのがめちゃくちゃ楽しかったが、残念ながら21世紀になってエコの風潮が強くなると整理されてしまった。が、スズキは他のメーカーとは違う。密かにアルトワークスの復活を画策していたのである。

 現行のアルトは2014年12月に登場した。このときはエコカーだけだったが、年明けにターボRSを送り込んでいる。R06A型直列3気筒DOHCにインタークーラーターボを組み合わせ、トランスミッションは2ペダルマニュアルの5速AGSだ。変速時にショックが出るのが気になるが、慣れてしまえばスムースな加速を引き出せる。

 翌年末には真打ちのアルトワークスを送り込んだ。ターボRSのエンジンをベースに、ECUなどに手を加え、さらに刺激的な加速を実現した。また、5速MTを設定するなど、クルマ好きのツボを上手に抑えている。当然、ハンドリングも群を抜いて気持ちいい。

■エスクード 2015年10月発売

スズキ・エスクード。価格は234万3600円〜258万〜6600円
スズキ・エスクード。価格は234万3600円〜258万6600円

 長い間、本格派のSUVとして多くのファンを魅了してきたエスクードは、SX4 Sクロスと基本コンポーネンツを共用するクロスオーバーSUVに生まれ変わった。2WDも設定するなど、軟弱になったように感じたが、スズキは日本のエスクードファンを捨ててはいない。登場から2年足らずで大がかりなマイナーチェンジを断行し、駆動方式をオールグリップと呼ぶスズキ独自の電子制御4WDに絞ったのである。エンジンも変わった。

 エスクードは副変速機こそ装備していないが、実力は非凡だ。専用の制御システムを採用したこともあり、低ミュー路や悪路での踏破性能はクロカン4WDに肉薄する。しかも高速道路や山岳路でも一体感のある気持ちいい走りを身につけた。新しい心臓は1.4Lの直列4気筒DOHC直噴ターボだ。しかもCVTではなく6速ATを採用し、キレのいい変速を実現している。エンジンはスイフトスポーツのディチューン版だから気持ちよく回り、トルク感も2Lエンジンを凌ぐほど力強い。衝突軽減ブレーキなど、先進の運転支援システムも標準だから、かなり魅力的だ。

■ワゴンRスティングレーハイブリッドT 2017年2月発売

スズキ・ワゴンRスティングレーハイブリッド。価格は165万8880円
スズキ・ワゴンRスティングレーハイブリッド。価格は165万8880円

 ハイトワゴンブームの火付け役であるワゴンRは、2017年2月に6代目にバトンを託した。カスタム派御用達のスティングレーは凛々しい顔立ちで、インテリアもスポーティな味わいとなっている。最近はスティングレーといえども、主役はNAエンジン搭載車だ。が、5速MTを残しているところにスズキのエンジニアの心意気を感じる。もちろん、フラッグシップは、ハイブリッドを名乗りターボでも武装したハイブリッドTだ。

 注目のパワーユニットはR06A型直列3気筒DOHCにインタークーラーターボとモーター(WA05A)の組み合わせである。トランスミッションはマニュアルモード付きの7速CVTとした。アクセルを踏み込むと軽快な加速を披露し、低回転からターボが威力を発揮する。実用燃費だって悪くない。背は高いが、ハンドリングは軽やかだ。15インチタイヤの採用と相まって接地フィールがよく、粘り腰なので安心してコーナーを攻めることができる。また、衝突被害軽減ブレーキやサイドエアバッグも標準だ。運転が楽しい軽ハイトワゴンを探している人は、ぜひ試乗を!!

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

https://progressive.ua

продвижение