“大衆車”サニーにターボを初搭載! 日産 サニーターボ・ルプリ試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回は日産 サニーターボ・ルプリを取り上げます。サニーは、日産が1966年から2004年まで製造・販売していたいわゆる“大衆車”。ルプリは、そんなサニーにターボが初めて搭載されたモデルでした(女優の松坂慶子が「ルプリー!」と叫び、時任三郎がルプリに乗って助けに駆けつけるCMを見たことのある方もいるかもしれません)。フロントグリルには日産お得意の「TURBO」の逆文字。1600DOHCエンジン搭載のカローラ&スプリンターを凌ぐ動力性能で、ターボの威力を見せつけました。大衆車版「羊の皮を被った狼」の試乗記を、1982年12月号の記事からリバイバル。

※本稿は1982年12月に執筆されたものです
文:徳大寺有恒
初出:Boosterpackdepot2017年4月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『Boosterpackdepot』にて毎号連載中です


■日産のファミリーカー サニー+ギャレット製ターボ

 ターボの威力というものは、まこと恐ろしいものである。ベースのエンジンは確かによく回り、速いけれど、どこか大人しく、純然たるファミリーカーであったサニーに、ターボを付けるや、突然強烈なスピードを誇るスポーツセダンに変身させてしまうのである。

E15ETエンジンはベースの30‌psアップとなる115psを発生し、トヨタの1600㏄のDOHCエンジン、2T-GEUと最高出力で並び、トルクで2㎏m上回った。ちなみにターボはギャレット製
E15ETエンジンはベースの30‌psアップとなる115psを発生し、トヨタの1600ccのDOHCエンジン、2T-GEUと最高出力で並び、トルクで2kgm上回った。

 サニーターボ・ルプリの速さは相当なものである。私はオートマチック仕様にしか乗っていないのだが、それでも充分すぎるほど速く、マニュアルボックスのすばらしい速さが容易に想像できる。

FFながら軽さと有り余るパワーで、GTカーのような走りが可能になった。当時日産はスカイラインやブルーバードなどにターボを搭載し、DOHCのトヨタに対抗した
FFながら軽さと有り余るパワーで、GTカーのような走りが可能になった。当時日産はスカイラインやブルーバードなどにターボを搭載し、DOHCのトヨタに対抗していた

 オートマチックトランスミッション付きのクルマというものは、かなり速くても都内の交通の流れではモタつく感じがするものだ。それはスロットルをポンと踏んだ一瞬のレスポンスの悪さがそう感じさせるのであって、実際には充分に速いのであるが。

ボディタイプは4ドアセダンとハッチバッククーペの2タイプだったが、翌年ハッチバッククーペの代わりにオーソドックスな3ドアハッチバックがラインアップされた
ボディタイプは4ドアセダン(上)とハッチバッククーペ(中)の2タイプだったが、翌(1983)ハッチバッククーペの代わりにオーソドックスな3ドアハッチバック(下)がラインアップされた

 ところが、サニーターボ・ルプリは、そのモタつき感がほとんどなく、スウーッと加速する。その感じは大排気量車のものとも違い、一種独特のものだ。日産系のオートマチックトランスミッションは、スムーズではあるが、ややモタつきが大きく、スカイラインなどのターボカーに与えられても、その威力を発揮するのは50km/h以上であった。

 しかし、サニーターボ・ルプリのそれは、かなりのレスポンスで気持ちよく、東名高速に入るやターボ本来の大トルクに押し出されるような加速を味わった。

 80km/hあたりからの加速はもうオートマチックもマニュアルもない。踏めばグウーッと加速していく。ボディが小さく軽いこともあって、やたらに速いのだ。箱根のワインディングに入り、ターンパイクの登りでは、2L車以上の加速を見せる。それもそのはずで17kgmの大トルクなのだ。セカンドギアに落とせば、2、3台まとめて追い抜くことも簡単だ。

0~400m加速 16.37秒、0~100㎞/h加速 9.52秒、 最高速 176.9㎞/hという数字は現代の1.5ℓターボモデルと遜色のないものだ
0~400m加速 16.37秒、0~100km/h加速 9.52秒、 最高速176.9km/hという数字は現代の1.5Lターボモデルと遜色のないものだ

■バツグンのステアリングレスポンス

 これだけの速さを持つサニーターボ・ルプリなのだから、ハンドリングもそれ相応によくなければ面白くないし、第一、危険でもある。その点もサニーターボ・ルプリは抜かりない。従来やや弱いと思われていたフロントサスペンションを強化している。スタビライザーを装着し、スプリングとダンパーを強化した結果、見違えるようにスティアリングレスポンスがよくなったのだ。

インテリアは赤いTURBOの文字が3本スポークステアリングやコンソールに刻まれ、スポーティなムードを作っていた
インテリアは赤いTURBOの文字が3本スポークステアリングやコンソールに刻まれ、スポーティなムードを作っていた

 タイトコーナーでは外側がロールし、内側のホイールが浮くという悪いクセも直っている。中速以上のハイスピードコーナリングは、もともとそんなに不得意ではないが、よりアンダースティアが減った。これは私の想像だが、筑波サーキットを最も速くラップするオートマチック車の1台だと思う。

 これほどのハイスピードカーとしては、ややブレーキが物足りない。私がテストしたのはオートマチック車なので、特にそのことを意識させられるのだが、全輪ディスクブレーキといっても、フルブレーキになるほど後輪はあまり効果がなくなる。

 特に下り坂を速く駆け下りようとすると、ブレーキは辛く、フロントはやがてフェードして煙が出る。最大の不満点はブレーキとなるだろう。

 いっぽう、ツーリングカーとしての資格として重要なシートはとてもいい。サイズは適当だし、充分な弾性があり、気持ちよく座っていられる。ハイスピードコーナリングに対してもサイドサポートがよく、さすがにバケットシートである。

バケットシートが与えられ、ホールド性を大幅にアップ。徳さんもこのシートを褒めた
バケットシートが与えられ、ホールド性を大幅にアップ。徳さんもこのシートを褒めた

 しかしながら、そのインテリアは少々ケバケバしすぎて好きになれない。こういうハイスピードカーのインテリアは、カラーコーディネートがシックで落ち着いたものを選ぶか、さりげないものにしてほしい。もう一点、フロントグリルを黒く塗って、そこにグレーでTURBOの文字を与えたりする気持ちはわからないではないが、このクルマはこのままで、シレ顔で速いというのもよかったのではないかとも思う。

取材時の一コマ
取材時の一コマ

◎サニーターボ・ルプリ セダン主要諸元
全長:4135mm
全幅:1620mm
全高:1390mm
ホイールベース:2420mm
エンジン:直4DOHCターボ
排気量:1487cc
最高出力:115ps/5600rpm
最大トルク:17.0kgm/3200rpm
トランスミッション:3AT
10モード燃費:14.8km/L
車重:870kg
価格:141万2000円
※グロス表記

0~400m加速:16.37秒
0~100km/h加速:9.52秒
最高速:176.9km/h
※テスト車:クーペ 5MT

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ