国産初のリッターカー4WD スバル・ジャスティ試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

国産初のリッターカー4WD スバル・ジャスティ試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回はスバル ジャスティを取り上げます。2016年11月、国内ではおよそ22年ぶりの復活となったジャスティ(ただし、ルーミー、タンク、トールのOEM仕様)ですが、本家本元は1984年誕生のコンパクトハッチバック。当時、シティやシャレード、カルタスなどがひしめくこのクラスに、スバルは4WDと4輪独立懸架(サスペンションが4輪すべて独立した形式)という高度なメカニズムを投入してきました。
 特に4WDの採用は、スバルの面目躍如たるところで、レオーネと軽自動車のレックスの間を埋める貴重なモデルとして新しいスバルファンを獲得しました。そんなスバル ジャスティの試乗記をリバイバル。

※本稿は1984年に執筆されたものです
文:徳大寺有恒
初出:Boosterpackdepot2017年1月10日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『Boosterpackdepot』にて毎号連載中です


■スバル得意の4WDが組み込まれた2BOXカーの登場

 富士重工(スバルの当時の称号。2017年4月、ブランド名として広く浸透していた「スバル」に変更)が’83年ドミンゴなる1L、ワンボックスの乗用車を登場させた時から、このジャスティの存在は疑いのないものだった。

 いかに550ccの軽自動車用2シリンダーエンジンをベースにしているとはいえ、新しい1Lエンジンを開発すれば、それをワンボックスだけでは消化し切れまいと思うからだ。はたせるかな、その後の東京モーターショーで2ボックスボディの小型車が参考出品され、ジャスティの名前で市場に登場した。

ボディは軽自動車のレックスを拡大したもので、実際にドアやサイドパネルはレックスのものが使われた。1994年まで国内販売され、その後海外ではカルタスのOEMモデルをジャスティとして販売された
ボディは軽自動車のレックスを拡大したもので、実際にドアやサイドパネルはレックスのものが使われた。1994年まで国内販売され、その後海外ではカルタスのOEMモデルをジャスティとして販売された

 ジャスティは基本的に横置きのFWD車であり、シャレードやカルタスと同じ3シリンダーユニットを持つ。

 しかし、ジャスティの特徴は、そのシリーズのなかに、はじめからお得意の4WD機構を組み込んだことだ。

 エンジンはボア×ストロークが78×69.9mmで、総排気量は997cc。これは軽自動車レックスの2気筒エンジンに1気筒プラスしたものである。SOHCエンジンで圧縮比は9.5と高く、最高出力63ps/6000rpm、最大トルク8.5kgm/3600rpmを発生する。3シリンダーなので、2次振動を打ち消すためのバランスシャフトを与えている。

3気筒SOHCエンジンは、軽快に回り、低速トルクも排気量に比べるとあった。翌年3気筒3バルブ(吸気2バルブ、排気1バルブ)の1.2ℓが追加
3気筒SOHCエンジンは軽快に回り、低速トルクも排気量に比べるとあった。翌年3気筒3バルブ(吸気2バルブ、排気1バルブ)の1.2Lが追加

 ジャスティは3ドアと5ドアがあるが、なぜか、3ドアのほうがスポーティで5ドアは大人しいムードにしつらえてある。全長3535mm、全幅1535mm、全高1390mmのボディは視覚的にも実際にもコンパクトだ。

 スタイルとしてはけっして新しくなく、むしろファミリアの流れを持つやや古いタイプ。そのなかで、エンジンフードの強い傾斜が若さを強調している。全体の印象は小さくて可愛らしいというイメージを与え、けっして悪くない。

4WDはシフトノブの上のボタンによってワンタッチでFFに切り替えができた
4WDはシフトノブの上の赤いボタンによってワンタッチでFFに切り替えができた

■リッターカーとして出色のインテリア

 ジャスティで気にいったのはインテリアの出来だ。シートはしっかりして座り心地がよく、リッターカーでも、もはやこれほどのシートが持てるようになったかと驚くくらいだ。

 ダッシュボードはメーターナセルの左右に各種スウィッチを配した、アウディ80およびクワトロ流。使い勝手はよくないと思うが、自分のクルマなら慣れるので問題ないだろう。

スバル車らしい質実剛健のコックピット。左右にスイッチをレイアウトするのが新鮮。バンドーネ製で世界初のCVTが採用されるのは1987年のこと
スバル車らしい質実剛健のコックピット。左右にスイッチをレイアウトするのが新鮮。バンドーネ製で世界初のCVTが採用されるのは1987年のこと

 シフトレバーの位置もよく、4WDはその大きなノブの上にトランスファーボタンがある。このノブを押すことで4WDとFWDの切り替えができる。このシステムは大いにいい。パートタイム4WDに長い歴史を持つメーカーならではの配慮だ。

 ただし、ジャスティはあまり広々としたクルマではない。特にヘッドルーム不足気味でリアにおいてそれが著しい。

 走りはどうだろう。新しいエンジンはよく回り、7000回転あたりまで許容できる。低速トルクもあり、1Lカーとしてとてもよいエンジンだと思う。けっしてスポーティとは思えないが、キビキビとよく走る。乗り心地はさすが4輪独立式サスペンションを採用しただけのことはある。スプリングもダンパーもけっこう硬いが、乗り心地はけっして悪くない。

 4WDは悪路走破性がかなり高い。雨の日の安定性はきわめて高く、それがもし雪であれば、FFとは決定的な差になる。いうまでもなく、ジャスティはパートタイム4WDなので、遅いスピードで急カーブを曲がろうとすると、引きずり現象を起こす。例えばUターンなどでは、リアが大きな抵抗になる。

 このことさえ頭に入れておけば、ジャスティはすばらしい4WDカーだ。それだけでなく、4WDとしての特異なハンドリングは、新しいカーマニアを満足させるだろう。安定感きわまりないコーナリング性能は、新しい時代のフィーリングといっていいだろう。

スリッピーな路面でハンドリングを試す徳さん。ある程度のスピードであれば、安全、安心面での効果は大きいことを確認し、独特なフィーリングと評した。またオフロードや雪道の安定性はリッターモデルのなかで群を抜くもの。雪国でのスバルの評価を確固たるものにした
スリッピーな路面でハンドリングを試す徳さん。ある程度のスピードであれば、安全、安心面での効果は大きいことを確認し、独特なフィーリングと評した。オフロードや雪道の安定性はリッターモデルのなかで群を抜くもの。雪国でのスバルの評価は確固たるものになる

◎ジャスティ4WD RS 3ドア主要諸元
全長:3535mm
全幅:1535mm
全高:1390mm
ホイールベース:2285mm
エンジン:直列3気筒SOHC
排気量:997cc
最高出力:63ps/6000rpm
最大トルク:8.5kgm/3600rpm
サスペンション:ストラット/ストラット
10モード燃費:17.4km/L(5MT)
車重:690kg
当時の価格:97万8000円
※グロス表記

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ