恍惚のガルウイング トヨタ セラ試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

恍惚のガルウイング トヨタ セラ試乗 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。今回はトヨタのセラを取り上げます。バブル時代には楽しいクルマが数多くありましたが、“庶民の手に届くスーパーカー”といえば、トヨタがスターレットをベースに作り上げたセラでした。160万円(編集部註:5MTモデルの価格。ATモデルの価格は167万5000円)でガルウイング採用と、採算度外視!? のプライスは、当時大きな話題に。広大なガラス面を持つキャノピー感覚のコックピットも新鮮で、販売面こそ振るいませんでしたが、記憶に残るモデルとなりました。徳さんも大いに感心した1990年4月26日号の記事をリバイバル。

文:徳大寺有恒
Boosterpackdepot2017年3月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『Boosterpackdepot』にて毎号連載中です


■トヨタ流、MIRAIの描き方

 セラを見て、セラに乗って驚いたのは、このクルマのデザインが相当なものだということ。そして、そのデザインを生かすべく、おそらくデザイナーの期待通りに製品化した生産技術のすごさである。セラは2年半前(編集部註:1987年)の東京モーターショーに出品された。その時はトヨタのBe-1かぐらいにしか思えなかった。しかし、トヨタは2年半の時間をかけ、月間1000台継続生産することに決めた。これがトヨタ流なのだそうだ。

1987年の東京モーターショーに出展されたAXV-Ⅱa。Be-1やパオと同じパイクカーの流れを汲むモデルとされた
1987年の東京モーターショーに出展されたAXV-Ⅱa。Be-1やパオと同じパイクカーの流れを汲むモデルとされた

 セラは、いわゆる遊びグルマだと思う。スポーツカーとは少し違った、いわゆるプロムナードカーともいうべき遊びの要素が勝ったクルマだ。

 しかし、そこはトヨタ、いかにもトヨタらしく、しっかりと作ることにした。

 Be-1、パオのレトロチックなスタイルで、プラスチック多用のクルマ作りも私は否定しない。そいつもあっていいと思う。しかし、Be-1、パオはクルマとして本格じゃない。セラはその本格を狙ったのである。レトロなスタイルをとらなかったことも本格を目指したからにほかならない。

 セラのデザインはアドバンスの方向である。近い将来のスポーティカーを予測させる(すべてがこうなるとはかぎらない)ものだ。

 セラの未来ぶりは、このクルマを一般道で走らせてみるとよくわかる。誰もがオヤッと思って振り返る。しかし、乗っているほうは相当たいへんだ。妙に気恥ずかしい。まるで金魚鉢に入って周りから見られているようなものだ。

ガルウイングといっても開き方はさまざまで、セラは上方に開くカウンタックと横方向に開くメルセデス・ベンツ300SLの中間的な開き方だ
ガルウイングといっても開き方はさまざまで、セラは上方に開くカウンタックと横方向に開くメルセデス・ベンツ300SLの中間的な開き方だ

 ご自慢のガルウイングドアだが、こいつはデザイン上の必然性はあっても、機能的な要素じゃない。ドアは2つのヒンジで前方へ開く。どちらかというと昆虫が羽根を立てたようなスタイルである。気になるドアの開閉はダンパーを使っているので思ったほど重くない。女性でも楽に開閉できる。

 セラの室内はブルーグレイの綾織りのファブリック。せっかくのエクステリアデザインに対するものとしては少々普通すぎる。

 セラが惜しいと思うのはそのあたりなのだ。言ってみれば遊び心がもうひとつ足りないのだ。大人の遊び心に満ちたアバンギャルドなデザイン、例えばルノー5ターボシリーズのようなインテリアがあればいいと思う。あれは、確かイタリア人のベリーニの作だったと思う。たぶん、コストという日本でのメーカーの正義が、このクルマをあと一歩のところで面白くなくしているのだろう。

個性的な外観に比べると大人しいコックピット周り。10スピーカーを採用するスーパーライブサウンド装着車もあった
個性的な外観に比べると大人しいコックピット周り。10スピーカーを採用するスーパーライブサウンド装着車もあった
2+2の室内を持ち、後席は狭いが(それでもCR-X以上)女性なら我慢できるもの
2+2の室内を持ち、後席は狭いが(それでもCR-X以上)女性なら我慢できるもの

■そのスタイルを通して感じた、新しい可能性

 セラを走らせてみたところでそれはたいしたものじゃない。1.5Lの4シリンダーエンジンは110馬力しかないし、オートマチックトランスミッションでごく普通に走ればいいと思う。けっして走らせて面白い、というたぐいのものじゃない。

エンジンは1.5ℓハイメカツインカムのハイパワー版となる5E-FHEで最高出力は110ps、最大トルクは13.5㎏mだった。トランスミッションは5MTと4ATだ
エンジンは1.5Lハイメカツインカムのハイパワー版となる5E-FHEで最高出力は110ps、最大トルクは13.5kgmだった。トランスミッションは5MTと4ATだ

 スタイルがすべてというクルマだ。これくらいスタイルが面白ければ、走りは普通でいいじゃないか、という人がいても不思議じゃない。このクルマのユーザーの多くは若い女性だろうと思うし、そうあって欲しいとも願う。

加速はいたって普通だが、930㎏に抑えた車重と2300㎜の短いホイールベースで、想像以上に運動性能は高かった
加速はいたって普通だが、930kgに抑えた車重と2300mmの短いホイールベースで、想像以上に運動性能は高かった

 その点では160万円(5MT)というプライスは驚く以外ない。この価格なら、ちょっとしたOLにも買えるほどだ。そのOLたちのためにも、もっとクリアなソリッドのイエローやエメラルドのグリーン、ブルーなどが欲しい。

 セラを見て、クルマのデザインは、まだまだ可能性があるなと思い直した。今では生産技術が新しいデザインを可能にする時代となったのだ。そして、クルマのマーケットもいよいよ女性の時代が盛んになってきたことも実感する。ユーノス・ロードスターのソフトトップを下ろして走る若い女性を時おり見る。当方としてはなんとなく楽しくなる。セラはきっとそんな街の風物詩を演じられるだろう。

取材時の徳さん。当時の価格160万円でガルウィングが手に入ることに驚いていた
取材時の徳さん。当時の価格160万円でガルウィングが手に入ることに驚いていた

◎セラ(AT) 主要諸元
全長:3860mm
全幅:1650mm
全高:1265mm
ホイールベース:2300mm
エンジン:直4DOHC
排気量:1496cc
最高出力:110ps/6400rpm
最大トルク:13.5kgm/5200rpm
トランスミッション:4AT
10モード燃費:12.0km/L
車重:930kg
価格:167万5000円 

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ