【スーパーカー劇場】 F1の技術を搭載した"スペチアーレ" フェラーリF50に昂る

【スーパーカー劇場】 F1の技術を搭載した"スペチアーレ" フェラーリF50に昂る

 フェラーリが時折登場させるスペシャルなモデル、通称「スペチアーレ」なんて呼ばれるが、今回登場するF50はフェラーリ創業50周年を記念したモデルだ。このクルマなんといってもフェラーリ屈指のV12エンジンを搭載していて、当時は「公道を走るF1」なんていわれたスーパーカー。そしてスペチアーレとしては最後の3ペダルMTだったりもする。当時5000万円だった価格も現在では軽く「億超え」。でもやっぱりクルマは走ってなんぼ!! ということで今回もスーパーカー手配師「プリウス武井」がインプレッションしちゃいます!!

文:プリウス武井
写真:平野学
初出:Boosterpackdepot2018年3月10日号


■創業50年の奇跡を体現したF50

 記念日……。英語で言うところの"アニバーサリー"。この世に生を享けた瞬間、誰にでも平等にアニバーサリーは訪れる。それは会社も一緒。会社は〝法人〟と呼ばれ、人ではないが法律上の人格が認められた存在でもある。今は1円から法人設立できる時代だが、国税庁の統計によると30年以上、存続できている会社はわずか0.025%。

 50年後、生き残っている会社は奇跡といえる。ここにイタリアで誕生した自動車メーカーのアニバーサリーモデルがある。フェラーリF50だ。フェラーリ社50周年を記念して誕生したスペチアーレ。まさに奇跡の1台なのだ。F50がお披露目されたのはフェラーリ50周年より2年早い1995年のジュネーブショー。

スタイリングは曲面を多用したデザイン。まさに新時代のフェラーリを象徴するものだった
スタイリングは曲面を多用したデザイン。まさに新時代のフェラーリを象徴するものだった

 F40で膨大なバックオーダーを抱えてしまった反省と世界的な景気の減速期を考え、当時のCEO、ルカ・ディ・モンテゼーモロが生産数をあらかじめ絞らせた。武骨で荒々しいF40に比べF50は、洗練された優美なデザインを持ち、スクーデリアフェラーリのテクノロジーを惜しむことなく投入され発売当時は「公道を走ることが許されたF1マシン」と評価された。

 曲面で構成されるボディラインは、当時の最先端のエアロダイナミクスを駆使していて、大小の開口がボディのいたるところに設けられ、単に美しいだけではなく、冷却や放熱にも配慮した機能的なデザインなのだ。

■シューマッハとの黄金期の幕開けを予感させるメカニズム

 各所にF1の設計理論が投入されているが、F1のエンジンが搭載されているワケではない。とはいえエンジンには並々ならぬこだわりがある。ノジュラー鋳鉄製ブロックや特注の鍛造アロイピストン、チタニウム製コンロッドなど、市販車ではまず使われることがない贅沢な部品を惜しみなく使い、レースマシンさながらの仕様とした。

 近年、F1のテクノロジーが市販車にフィードバックされるというキーワードが数多く聞かれる。しかし、実際にF1の技術が投影されたと声高に公表されたのは、同じ1990年代中期に登場したマクラーレンF1とこのF50からかもしれない。

 ちなみにF50が登場した1996年は、ベネトンでシリーズチャンピオンを獲得し、頭角を現わし始めていたミハエル・シューマッハがフェラーリに加入。低迷し続けていたスクーデリアフェラーリは、シューマッハの才能とチーム技術革新で黄金時代を築いたのは歴史が物語っている。

ミドにはV12が鎮座する。プッシュロッド式のサスペンションはまさにフォーミュラカー譲り
ミドにはV12が鎮座する。プッシュロッド式のサスペンションはまさにフォーミュラカー譲り

 F50は単純に走りを追求しただけではなく、市販車としての優雅さにもこだわった。コックピットはカーボンとスウェード生地で構成。シートの表皮にはレザーが使われ、特徴的なデザインの座面サイドの形状は骨盤部分のホールド感は最高だ。これにより横方向のGを軽減してくれる。また、座面はしなやかで長距離ドライブでも疲労を感じることはないのだろう。

 エンジンの始動はボタン式。イグニッションキーをONにすればクラッチを踏まずともセルモーターが回りエンジンがかかる。インジェクションだから始動性は抜群だ。

今回取材に協力してくださったオーナーの藤澤哲也氏。かつてはフォーミュラNipponにも参戦した実業家だ
今回取材に協力してくださったオーナーの藤澤哲也氏。かつてはフォーミュラNipponにも参戦した実業家だ

 アナログ式のメーターパネルは中央に半円形状のタコメーターが配置され、10000rpmまで刻まれる。その右横には360km/hのスピードメーター。ふつうの市販車ではないことを再認識させられる。経年劣化でメーターが点灯しなくなるトラブルが多いのもF50の特徴だ。

■V12の咆哮は今後さらに価値を増すはずだ

 エンジンに火が入ると、アイドリング時でも排圧が高いエキゾースト音が気分を高揚させてくれる。そして、ひとたびアクセルを踏み込むとタコメーターの針が跳ね上がり、管楽器が奏でる音色のように心地いい音を聴かせてくれる。クルマに興味がない人間でもこの音色には魅力を感じることだろう。

 F50でも例外なく採用されたマニュアルのフェラーリ定番、シフトゲート。ギアを1速に入れた。6速トランスミッションは左上が1速だ。さすがアニバーサリーモデルだけあって、シフトストロークは短く操作感は抜群。遠慮なくすばやいシフトチェンジができそうだ。

フェラーリ伝統のゲートシフト。シフトフィーリングは良好とのこと
フェラーリ伝統のゲートシフト。シフトフィーリングは良好とのこと

 軽く、扱いやすいクラッチペダルをリリースしていくと何の抵抗感もなく動き出した。エンジンにトルクがあるおかげでアクセルをあおる必要はない。F50は何度もドライブさせてもらっているが、ルーフを開けた状態で走るのは今回が初めてだ。アクセルを踏み込むと乾いたエキゾーストノートがコックピットにも響き気分は最高潮!!

 F1をドライブした経験はないが、フェラーリの12気筒サウンドは、F1マシンを想像させる演出としては充分だ。エンジンのフィーリングは低速からトルク感があり、力強く加速して高回転までストレスないレスポンスで感動すら覚える。

スムーズに走るF50。想像以上に乗りやすいクルマのようだ
スムーズに走るF50。想像以上に乗りやすいクルマのようだ

 今となっては市販モデルのフェラーリでも520psのパワーはふつうだが、1990年代当時、最高のエンジンスペックを誇ったF50は現在でも色あせないポテンシャルを体感させてくれる。今回、インプレッションした個体に装着されているタイヤは19インチ。

 ハンドリングの応答性はオリジナル同様、接地感が伝わり旋回性に異論はない。それとともに前後ともダブルウィッシュボーンのサスペンションがいい仕事をしている。コイルスプリングとダンパーは水平に配置され、フォーミュラカーで多く採用されるプッシュロッド式だ。

バブル期に登場したF40とは異なり、生産台数は極めて少ないF50。今後ますます価値が上がっていくことは間違いない。
バブル期に登場したF40とは異なり、生産台数は極めて少ないF50。今後ますます価値が上がっていくことは間違いない。

 路面状況が刻々と変化する一般道でも突き上げる感覚がなく、しなやかな乗り心地だが、コーナーではサスペンションが稼働して粘りのある旋回性をみせてくれる。F50ではショックアブソーバーにF1でも採用されていた電子制御コントロールユニットを搭載し、走るシチュエーションに応じて変化するのも特徴だ。

 ブレーキは大径のクロスドリルドベンチレーテッドディスクが採用されている。サーボアシストはなく、ドライバーの踏力で効き方が変化する。ブレーキペダルに軽く足をのせるとドライバーの意思とは関係なく制動を始める日本車とは違い、踏力を変えることでスピードを調整できるから、コーナー進入時のボトムスピードのコントロールには最適。オレ好みのブレーキフィーリングだ。

 フェラーリ生誕50周年で誕生した奇跡のクルマF50の生産台数は349台と超希小。今後、歳月の経過とともに奇跡の称号にさらなる重みが出てくるのは間違いない。

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 20年ぶりの革新! Boosterpackdepot8月10日号

 スズキが誇る日本の名車、ジムニーがついにフルモデルチェンジを敢行! 7月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、その新型ジムニーにいち早く試乗し、隈なくチェック。さらに、巻頭スクープではトヨタのスポ...

カタログ