最強4WD対決! スカイラインGT-R VS ポルシェ911カレラ4 【徳大寺有恒のリバイバル試乗記】

 徳大寺有恒氏の美しい試乗記を再録する本コーナー。’89年8月ついにスカイラインGT-Rが復活した。徳さんに「GT-Rのようなクルマは未来永劫生まれてこないだろうと思っていた」といわしめた、スカイラインGT-Rと同じ4WDで当時世界最高のスポーツカーの1台だったポルシェ911 カレラ4と比較テストした’89年10月26日号の試乗記を振り返ろう。
※本稿は1989年10月に執筆されたものです
文:徳大寺有恒
Boosterpackdepot2016年3月26日号「徳大寺有恒 リバイバル試乗」より
「徳大寺有恒 リバイバル試乗」は本誌『Boosterpackdepot』にて毎号連載中です


■速さはGT-Rの圧勝

 なんともすごい時代である。ポルシェ911カレラ4といえば世界を代表するスポーツカーであることは疑いようがない。そのカレラ4すら問題としないのがスカイラインGT-Rである。

 GT-Rは速いのである。そして安定しているのである。GT-Rに初めて乗った時、このクルマにある種の余裕を感じた。最高出力280馬力、最大トルク36.0kgmにも、シャシーのポテンシャルにも、そこはかとない余裕が感じられたのだ。エンジンでいえば400馬力、500馬力、そしてシャシーもそのパワーを安定して受けとめるための、より次元の高いものを実験し、経験したもののみが持つ余裕であろうと思う。

筑波サーキットでも谷田部でもポルシェカレラ4を問題にしないGT-Rの速さに当時のBCスタッフも度肝を抜かれたという
筑波サーキットでも谷田部でもポルシェカレラ4を問題にしないGT-Rの速さに当時のBCスタッフも度肝を抜かれたという

 しかし、そのGT-Rをもってしてもアウトバーンではカレラ4の敵たり得ない。燃費が違う。おそらく、GT-Rはカレラ4よりも3倍近くガソリンを消費するだろう。

 アウトバーンを走るとすれば200km未満でガソリンスタンドを探さねばなるまい。片やカレラ4は200km/hオーバーで走っても450kmは走れるだろう。この差は大きい。そして国産GTの泣き所はここにあるのだ。

 たしかにGT-Rは楽しい。すばらしいクルマだ。しかし、かさむガソリン代はオーナーにとっては痛かろう。そして重要なことはこれは純粋に技術の問題であることだ。燃費の問題を解決しないかぎりGT-Rの世界的レベルでの評価は難しい。

 カレラ4は3.6L、自然吸気で250馬力を出している。ポルシェのことだ、もう少しは出るだろうと思う。このエンジンは基本的には8000回転近くは回るのだから。しかし、それをしなかったのは、耐久性と燃費の問題だろう。いってみればカレラ4は実用的であり、かつ理性的だが、GT-Rはホビーであり粗野でもある。

カレラ4のスタートダッシュは強烈。250馬力のパワーをしっかり大地に伝える
カレラ4のスタートダッシュは強烈。250馬力のパワーをしっかり大地に伝える

■4WDの威力はまざまざ

 GT-Rの280馬力というパワーは尋常ではない。タイムを見ればおわかりのとおり、0〜1000mを24秒台で駆け抜けている。このタイムは4WDが大いに効果を挙げていることは間違いない。

(左)スカイラインGT-R 本誌テスト結果…0〜400m加速:13.14秒/0〜1000m加速:4.51秒/最高速 47.99㎞/h/筑波サーキットラップタイム:1分11秒14(右)ポルシェ911カレラ4 本誌テスト結果 0〜400m加速:14.07秒/0〜1000m加速:5.61秒/最高速:58.37㎞/h/筑波サーキットラップタイム:1分12秒00
(左)スカイラインGT-R 本誌テスト結果…0〜400m加速:13.14秒/0〜1000m加速:4.51秒/最高速 47.99㎞/h/筑波サーキットラップタイム:1分11秒14(右)ポルシェ911カレラ4 本誌テスト結果 0〜400m加速:14.07秒/0〜1000m加速:5.61秒/最高速:58.37㎞/h/筑波サーキットラップタイム:1分12秒00

 タイヤの進化によって、腕さえあればたとえ500馬力近いモデルでも2WDでトラクションを得ることは可能だ。しかし、4WDなら誰でもたやすく最高のポテンシャルを引き出すことができる。GT-Rとカレラ4はともに後輪駆動をベースにした4WDであることが特徴だ。

 GT-Rは0対100から50対50までトルクスプリットする電子制御4WDなのに対し、カレラ4は前31対後69固定のセンターデフ式と違いがあるが、どちらが実用的かは雨や雪のアウトバーンを走ってみる必要があるだろう。

 ただし、時々サーキットを走るというならGT-Rのほうが優っているといえようか。

 GT-Rはかつての日本では考えられぬくらい飛び抜けた存在だ。このクルマはやはり、レースを前提としたものだ。いっぽうのカレラ4はアウトバーンを中心に世界中の道を誰よりも速く走ることを目的としている。

 それぞれの性能は違う、だから楽しいのだ。GT-Rの速さはものすごい。しかし、カレラ4のスポーツカーとしてのデザインやインテリアが生み出すムード作りには思わずうなってしまうのだった。

真剣な眼差しでGT-Rを見つめる徳さん
真剣な眼差しでGT-Rを見つめる徳さん

◎スカイラインGT-R主要諸元
全長:4545mm
全幅:1755mm
全高:1340mm
ホイールベース:2615mm
エンジン:直列6気筒DOHCターボ
排気量:2568cc
最高出力:280ps/6800rpm
最大トルク:36.0kgm/4400rpm
トランスミッション:5MT
車重:1430kg
当時の価格:445万円
登場年:1989年

◎ポルシェ911カレラ4主要諸元
全長:4245mm
全幅:1660mm
全高:1310mm
ホイールベース:2273mm
エンジン:空冷水平対向6気筒SOHC
排気量:3600cc
最高出力:250ps/6100rpm
最大トルク:31.6kgm/4800rpm
トランスミッション:5MT
車重:1450kg
当時の価格:1140万円
登場年:1989年(964)

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ