Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
新型クロスビーはスズキを支える柱になる!? 実用性満点の超大満足クロスオーバーに乗ってみた | 自動車情報誌「Boosterpackdepot」- boosterpackdepot.info

新型クロスビーはスズキを支える柱になる!? 実用性満点の超大満足クロスオーバーに乗ってみた

 スズキらしいクルマだな、とまず感じたのがこのクロスビーの第一印象。超売れっ子のハスラーのアイデンティティをしっかりと色濃く受け継ぎつつも、5ナンバーサイズになったメリットをしっかりいかしているのも特徴。そんなクロスビーの1月の販売台数は2442台。

 これは登録車では同社のソリオ(3342台)、スイフト/スイフトスポーツ(2664台)に次ぐ第3位。年末の登場だっただけにご祝儀相場な感もあるが、この勢いがどこまでも続きそうな予感もある。今回はこのクロスビーに”コスパの鬼”でもあるジャーナリスト、渡辺陽一郎氏に試乗インプレッションしてもらった。

文:渡辺陽一郎/茂呂幸正
Boosterpackdepot2018年2月26日号


■クロスビーは「みんなで、もっと遠くまで遊びにいきたいクルマ」がテーマ

 クロスビーは「ハスラーの小型車版が欲しい」というニーズに応えて開発された。確かにフロントマスクは似ているが、全幅はクロスビーが1670mmだから、軽自動車のハスラーより約20cm幅広い。フェンダーにも丸みがあり、外観からハスラーらしさは意外と感じられない。

 全長は3760mmで、全幅を含めてスイフトよりも小さいが、全高が1705mmに達するから車内は広い。前席は肩まわりのサポート性がハスラーよりも優れ、小型車らしいボリュームがある。

一見するとハスラーっぽいが全体的には丸みがあってハスラーとは違う
一見するとハスラーっぽいが全体的には丸みがあってハスラーとは違う

 後席は薄手だが座った時の底突き感もなく快適。前後席のヒップポイント間隔はハスラーと同じ1mだが、セダンに当てはめるとLサイズに相当する。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕があった。ボディは短いが4名乗車も快適だ。

 荷室は床が高く、路面から80cm離れている。スペーシアの51cmを大幅に上回り、重い荷物を積む時は少々辛い。床が高い理由を開発者に尋ねると「バンパーを高めにして、SUVらしい外観に見せるため」だという。

フロアが高く荷物の積み下ろしは女性だと少し苦労しそうだ
フロアが高く荷物の積み下ろしは女性だと少し苦労しそうだ

 床が高いから、床下のアンダーボックスには充分な深さがある。床面のボードをはずすと、ベビーカーを立てて積める。寝かせて積むのに比べて面積を取らず、ほかの荷物も収納しやすい。

 エンジンはマイルドハイブリッドの直列3気筒1Lターボのみを搭載する。開発者は「みんなで、もっと遠くまで遊びに行きたい」というコンセプトで開発したから、動力性能に余裕のあるターボだけにしたという。

 動力性能の数値は自然吸気の1.5Lと同等だ。1Lターボを選んだ理由を尋ねると「低回転域の駆動力に余裕があり、実用燃費も1.5Lより少し有利になる」との返答だった。

■自動ブレーキが標準の上位グレードがオススメだ

 クロスビーをゆっくり発進させると、1500回転付近でも駆動力の落ち込みが少ない。アクセルペダルを踏み増すと直線的に吹き上がり、3名乗車で移動しても力不足を感じなかった。

トランスミッションはトルクコンバーター式の6ATで、無段変速のCVTに比べると速度の微調節がしやすい。高回転まで回した時もメリハリのある変速が行えた。

 乗り心地は路面の状態によって硬めに感じるが、重心の少し高いコンパクトSUVでは快適だ。共通のプラットフォームを使うイグニスに比べると、クロスビーは足回りを柔軟に伸縮させる。

 その代わり走行安定性は少し緩い。操舵角に応じて鈍さを感じさせず車両の向きは変わるが、危険回避のためにカーブを曲がっている最中にアクセルペダルを戻したりすると、後輪が少し横滑りを生じやすい。いい換えればスポーティな性格で、曲がりくねった峠道を走りやすい。

リアシートも広く快適。自動ブレーキは積極的に選びたい
リアシートも広く快適。自動ブレーキは積極的に選びたい

 グレードはハイブリッドMXと、上級のハイブリッドMZを設け、駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDがある。

 MZはMXに比べて23万7600円高いが、緊急自動ブレーキが備わるデュアルセンサーブレーキサポート、サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドランプなどが標準装着され、合計26万円相当の装備が加わる。従ってMZが約2万円割安だ。

 駆動方式は用途に応じて決めたいが、4WDの価格上昇は14万2560円だからこれも安い。ハイブリッドMZの価格は4WDで214万5960円。サイズの割に高く感じるが、それだけの内容が備わる。

【クロスビー HYBRID MZ 諸元】

全長×全幅×全高 3760×1670×1705mm
ホイールベース 2435mm
車両重量 960kg
最高出力/トルク 99ps/15.3kgm
モーター出力 3.1ps
JC08モード燃費 22.0km/L
月間販売目標2000台

■ライバルのヴェゼルとの戦いはいかに!?

 クロスビーはコンパクトSUVだから、ライバル車はヴェゼルが想定される。ただしボディはヴェゼルが535mm長く、100mm幅広い。ヴェゼルのグレードで、動力性能や装備がクロスビーハイブリッドMZに近いのは、1.5Lのノーマルエンジンを搭載するXホンダセンシングだ。

 緊急自動ブレーキやLEDヘッドランプを備えて、4WDの価格は233万6000円になる。クロスビーよりも約19万円高い。

 運転感覚はクロスビーが軽快だが、車両全体の質感はヴェゼルが勝る。シートの造りもヴェゼルが少し快適だ。車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも備わる。

 このように比べると、ヴェゼルの商品力はひとクラス上だ。価格差が19万円であれば、ヴェゼルが割安にも受け取られる。人気車だけあって実力が高く、クロスビーには手ごわい競争相手だろう。

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ