トヨタの最強ピックアップ「タンドラ」に仰天試乗!乗れば公道の王者に!!!!

本企画では米国トヨタが製造する(日本には正規では未導入の)タンドラに編集部員が国内で試乗。

圧巻の迫力と意外な乗り味にビックリ仰天。これはぜひ皆さまにご紹介せねば! ということでお届けします!! アルファード/ヴェルファイアを筆頭に、とかく「迫力顔」が好きな皆さん、バックミラーに写ったら驚く度ランキングはタンドラが公道最強です。

文:Boosterpackdepot編集部 写真:西尾タクト
Boosterpackdepot2017年12月10日号「ユニーク試乗満喫記」より


■毎月10台ほど売れている秘密は……

まずこの「タンドラ」、逆輸入ピックアップ車のなかでは日本人に一番人気らしく、今回の試乗協力店「アップル岩槻店」(埼玉県さいたま市)では、ひと月に10台ほど売れるという。でも全長6m超え、全幅2m超えですよ。「日本の道路事情お構いなし、欲しいものは欲しいんだオラオラ!」という感じで買うんですかね。

全長6294×全幅2019×全高1903mm、車重2560kgという超重量級

ところが、です。国道で走らせて数分もすると、オーナーがタンドラを欲する気持ちがわかりました。

搭載されるエンジンはV8、5.7L、381馬力/55.4kgmから湧き起こる極太いトルクと加速は未体験の力強さ。

巡航速度では1500回転ほどを維持して走るので、エンジン音も意外と静か。太いオフロードタイヤを履いているわりには、乗り心地もふんわりして驚きました。そしてこの高いアイポイント、自分が「大物になったような&気が大きくなったような感覚」に浸れるんですよ(あくまで「感覚」)。

■これだけ迫力満点でもやっぱりトヨタ車!?

そして、話題のハイラックスが「迫力? まあそこそこですな〜」と感じるほどのタンドラのたたずまい。この試乗車はオプション装着車だけど、グリルのデカさはまさに鼻の大きなアメリカ~ンですよ。

トランスミッションは6速ATで、日本人が自然と扱える感覚は米国生まれでも「トヨタだね」と感じる部分。そして日本の狭い道を走り、駐車する時にわかったのは基本スクエアボディなので全幅2m超でもそれなりに扱いやすいということ。う~ん、フルサイズピックアップが似合う男になりたいゾ。

 お値段は約626万円。現行型(2代目)タンドラは登場時の2008年に全米で「トラック・オブ・ザ・イヤー」に選ばれており(2014年にビッグマイチェンを実施)、圧倒的な存在感で人気を集めています。これ、マジで案外お買い得だし、ブーム来るんじゃないですか!?

試乗車は5人乗りの「クルーマックス」グレード(2015年式)
【アップル岩槻店】関東ではタンドラ専門店といえるのはここだけ。ぜひお出かけください。埼玉県さいたま市 :phone:048-797-2700 公式サイトは

 

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

www.steroid.in.ua/products/andropen-275

алиэкспресс чехлы для телефонов

раскрутка сайта цены