安全性が一番大事!! 軽からSUVまで、安全性だけで選ぶ国産車5選

 クルマを選ぶ尺度は人それぞれ。走りが大切な人もいれば、快適性が大事な人もいる。しかし誰もが軽視できないのが安全性ではないだろうか? 自分だけではなく、大切な友人や家族も乗るクルマならなおさらのことだろう。

 しかし、安全性の高いクルマ選びというとどうしても「またあのクルマだろう」という感じもしていないだろうか。そこで今回は軽自動車からSUV、ミニバンまで各ジャンルの安全性で選ぶクルマ選びをしてみた。

文:渡辺陽一郎/写真:平野学、池之平昌信


■軽自動車はN-BOXが安全性でトップクラス

 新車を買うメリットはいろいろあるが、ユーザーの関心が最も高いのは、最先端の安全性が得られることだろう。

 加速性能などはすでに十分な水準に達して、20年くらい前からほとんど進歩していないが、安全性は大幅に向上した。例えば1998年10月には、軽自動車の規格が刷新され、ボディが現在と同じサイズに拡大されている。

 この時には16車種もの新型車がほぼ同時期に登場して未曾有のニューモデルラッシュになったが、安全装備は4輪ABSがオプション設定される程度だった。

 それが20年後の今では4輪ABSの装着がすべての車種に義務化され、軽乗用車については、横滑り防止装置も義務化された。

 車種によってはサイド&カーテンエアバッグの装着も可能で、歩行者も検知する緊急自動ブレーキを備えた軽乗用車が急増している。そして安全装備が先進的な車種は、軽自動車に限らず機能が幅広く進化しているから、満足度の高いクルマ選びが行える。

 これらの点を踏まえて、安全を優先させたクルマ選びを考えてみたい。ターゲットユーザーはファミリー層とした。価格が400万円以下の国産乗用車で、同乗者への安全性が高い車種を各カテゴリーから選んでいる。

【軽自動車:ホンダN-BOX】(推奨グレード:標準ボディのG・Lターボホンダセンシング/169万5600円)

 軽自動車は価格が最も安いカテゴリーとあって、以前は安全装備が最も遅れていたが、今はコンパクトカーよりもむしろ充実している。軽自動車は税金が安く、小さなボディで運転がしやすい。

 もともと日本の使用環境に合っていて、1998年の規格改訂以降に発売された車種は、室内空間が広がって燃費も向上した。実用性を高めて人気を得たから、今では新車として売られるクルマの35%以上を軽自動車が占める。

 そして高齢ドライバーが加害者になる交通事故が増えたこともあって、ユーザーの関心が安全性に集まり、軽自動車はボディサイズなどが全車でほぼ共通化されているから競争が激しい。

 競い合うように安全性を高め、冒頭でも触れたように緊急自動ブレーキを急速に充実させた。

大人気のN-BOX。規格として安全面では不利な部分もあるがいま一番安全な軽自動車だ
大人気のN-BOX。規格として安全面では不利な部分もあるがいま一番安全な軽自動車だ

 唯一心配なのは、全幅が1475mmという狭いボディによる側面衝突の対応だ。そこでサイド&カーテンエアバッグを装着したいが、設定のない車種もあるから注意を要する。

 軽自動車の推奨車種はホンダN-BOXだ。すべてのグレードに安全装備のホンダセンシングを標準装着した。

 センサーには上級車種と同じくミリ波レーダーと単眼カメラが使われ、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。

 路側帯の歩行者に衝突しそうな時は、電動パワーステアリングも支援して、ハンドル操作による危険回避をうながす。さらに軽自動車でありながら、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも採用した。

 作動中はドライバーのペダル操作が軽減される。パワーステアリングの操作を支援する車線維持支援システムも採用したから、長距離を移動する時も快適だ。そうなればドライバーの疲労が抑えられ、事故防止に繋がる。

 N-BOXの推奨グレードは、標準ボディのG・Lターボホンダセンシングだ(価格は169万5600円)。

 自然吸気のノーマルエンジン車では、3~4名で乗車すると動力性能が不足しやすいが、ターボであれば最大トルクが160%の10.6kg-m(2600回転)に達する。

 運転感覚は自然吸気の1Lエンジンに近いから力不足を感じにくい。しかもJC08モード燃費は25.6km/lで、自然吸気の95%に達する。動力性能を160%まで高めながら、燃費数値は約5%しか悪化しない。

 価格はターボを装着しないG・Lホンダセンシングに比べて19万6560円高いが、ターボには同乗者を守るサイド&カーテンエアバッグ(オプション価格は4万3200円)、右側スライドドアの電動機能(5万4000円)など、15万円相当の装備が加わる。

 そうなると効率の優れたターボが5万円弱で装着される計算が成り立つ。N-BOXのターボ車は、同乗者を含めた安全性と走行性能の優れた買い得グレードでもあるわけだ。

■コンパクトはインプレッサ、ミドルクラスはアテンザだ!!

【5ドアハッチバック:スバルインプレッサスポーツ】(推奨グレード:4WD2.0i-Lアイサイト/239万7600円)

 5ドアハッチバックには、ホンダフィットやトヨタヴィッツのような5ナンバーサイズのコンパクトカーと、スバルインプレッサスポーツ、マツダアクセラスポーツのような3ナンバー車がある。

 コンパクトカーの安全装備は、軽自動車と同等か、それ以下になってしまう。軽自動車の競争が激しく、安全装備もコンパクトカーを追い抜く水準に達したからだ。

 しかし3ナンバーサイズの5ドアハッチバックであれば安全装備の充実した車種もねらえる。その筆頭がスバルインプレッサスポーツだ。

 アイサイトバージョン3が全車に標準装着され、センサーには2個のカメラを使うことで、高度な制御を可能とした。

歩行者用のエアバッグを装備するなど安全性への取り組みが評価されているスバル。インプレッサもこの価格帯ではずば抜けた安全性だ
歩行者用のエアバッグを装備するなど安全性への取り組みが評価されているスバル。インプレッサもこの価格帯ではずば抜けた安全性だ

 緊急自動ブレーキは、歩行者や自転車も検知する。オプションでは、2車線道路などで、後方の並走車両を検知して警報する機能も採用した。

 推奨グレードとなる4WD2.0i-Lアイサイト(239万7600円)の場合、後方車両の検知などを可能にするアイサイトセイフティプラスは、LEDヘッドランプなどとセットにして14万5800円だから割安だ。

 インプレッサスポーツはプラットフォームの基本設計が新しいこともあって衝突安全性が優れ、同乗者を守るサイド&カーテンエアバッグも標準装着される。

 後方視界は先代型に比べて悪化したが、今の国産/輸入車の中では優れた部類に入る(つまり今のクルマは後方視界が全般的にかなり悪化した)。車両の周囲に潜む危険をいち早く発見できることもメリットだ。

【セダン:マツダアテンザセダン(推奨グレード:XDプロアクティブ/328万8600円)】

 セダンはかつて乗用車の中心的な存在だったが、今は人気が衰えている。ミニバンや軽自動車の売れ行きが増えて、セダンが下がり始めた時に販売のテコ入れを行わず、海外向けの車種を国内にも投入したから一層下がってしまった。

 設計の古い車種も多く、緊急自動ブレーキが歩行者を検知できなかったりする。安全装備も視野に入れて設計の新しい車種を選ぶと、選択肢が意外に少ない。この中から取り上げるのがマツダアテンザセダンだ。

 安全装備は単眼カメラを使ったアドバンストスマートシティブレーキサポートが全車に標準装着され、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。

 このシステムが対象物を検知できる上限速度は時速80kmだが、メーカーオプション(Lパッケージは標準装着)のスマートブレーキサポート&レーダークルーズコントロールも加えると、法定速度域までカバーすることが可能だ。

 車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも備わるから、長距離移動時にはドライバーの疲労が軽減され、これも安全性の向上に結び付く。

 2車線道路などで後方の並走車両を検知して警報したり、後退しながら車庫から出る時の事故を防ぐブラインドスポットモニタリング、サイド&カーテンエアバッグなども標準装着した。

 グレードは、動力性能が高く燃費性能も優れたクリーンディーゼルターボを搭載するXDプロアクティブ(328万8600円)を推奨したい。

■SUV/ミニバンはエクストレイルとアル・ヴェルだ

【SUV:日産エクストレイル】(推奨グレード:4WD20X・3列シート/282万7440円)

 日本と北米には古くからSUVが見られたが、欧州は消極的だった。日常的に高速走行の機会が多く、高重心のボディが敬遠されたからだ。

 メルセデスベンツやBMWがSUVを積極的に手掛けるようになったのは、技術進歩で走行安定性の不安が解消された2000年以降になる。そのためにSUVは、今でも目新しさの残るカテゴリーとされている。

 設計の比較的新しい車種も多く、安全装備は全般的に充実する。緊急自動ブレーキを備えていない車種は、SX4Sクロスやパジェロなど一部の車種に限られる。

 ファミリーカーのニーズを踏まえると、日産エクストレイルを推奨したい。緊急自動ブレーキを作動できるインテリジェントエマージェンシーブレーキは、単眼カメラだけをセンサーに使う。

プロパイロットも装備されるエクストレイル。スポーティな走りも楽しめる「ニスモ・パフォーマンスパッケージ」もある
プロパイロットも装備されるエクストレイル。スポーティな走りも楽しめる「ニスモ・パフォーマンスパッケージ」もある

 歩行者を検知できるが、作動速度の上限は歩行者が時速60km、車両に対しても時速80kmだ。高速道路の走行を考えると、車両に対しては時速100km以上に高めて欲しい。

 それでも2車線道路などで後方の並走車両を検知して警報したり、後退しながら車庫から出る時の事故を防ぐ機能を20Xの3列シート車にオプション、20Xiには標準装着した(20Sと2列シートの20Xでは装着できないから注意したい)。

 このオプションを装着すると、プロパイロットもセットで備わる。車間距離を自動制御しながら先行車に追従走行できるから、ドライバーのペダル操作が軽減され、ハンドル操作も支援される。

 推奨グレードは、価格が割安で、なおかつ安全装備をオプション装着によって充実させられるる4WD20X・3列シートだ(282万7440円)。

【ミニバン:トヨタヴェルファイア&アルファード】(推奨グレード:2.5Z&2.5S/373万5720円)

 ミニバンは家族を同乗させる機会の多いカテゴリーだから、安全装備に対するニーズが特に高いだろう。日本向けのカテゴリーだから緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は全般的に充実する。

 しかしトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイア、エスティマが使うトヨタセーフティセンスCは、今のところ歩行者を検知できない。

 日産エルグランドも検知対象が車両のみで、しかも2.5Lエンジン車には装着できない。3.5Lのみだから装着比率が低くなってしまう。このように設定が分かれるミニバンの中から選んだ推奨車種は、トヨタのヴェルファイア&アルファードだ。

 トヨタセーフティセンス(設計の新しいタイプだからPやCの末尾表記が省かれる)が全車に標準装着され、センサーにはミリ波レーダーと単眼カメラを併用する。

 従来型のトヨタセーフティセンスPに比べると、対象物の検知能力が高まり、昼間であれば自転車にも対応可能になった。このほかサイド/カーテン/ニーエアバッグ、運転支援の機能として全車速追従型クルーズコントロールなども標準装着されている。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ