釘を踏んでパンク…穴だけ修理しても中は直ってない!? タイヤ 内部損傷の恐怖

 どんなに注意していても、一度や二度は遭遇してしまう車のパンク。最も確実な修理法はタイヤを新品に交換することだが、今や「テンパータイヤ」の替わりに、パンク修理キットを装備している新車がほとんど。また、割安な『外面修理』を選ぶことも可能だ。でも、それらの修理では、“直したつもりのパンク”が、直っていない危険性がある!!

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:shutterstock.com


気づいた時点でダメージ進行! 恐るべき「内部損傷」

タイヤ内部に損傷があると、このようにタイヤサイド部のカーカスコードが周状に切断するケースも!
タイヤ内部に損傷があると、このようにタイヤサイド部のカーカスコードが周状に切断するケースも!

 まず、前提として『パンクに気づくことは非常に難しい』という現実がある。実際、タイヤにクギが刺さってパンクし、空気圧が適性値の半分以下に減った状態でも、即座に気づくことは至難の業。往々にして「外からタイヤを眺めて、初めてパンクに気づく」ケースも多い。

 つまり「気づいた時には、もうパンクはかなり進行している」場合が多いのだ。そして厄介なことに、専用の修理剤で穴を塞ぐ外面修理で空気の漏れは止まったとしても、実はタイヤ内部が壊れている可能性がある。これが『内部損傷』だ。

 内部損傷は、空気圧が下がることで、普段、路面に接地していないタイヤの側面がたわみ、その状態で走るにつれてタイヤ内部の温度が上昇。やがて、タイヤの内部に深刻なダメージを与えるという現象。

 パンクの外面修理は2000~3000円程度と割安な反面、タイヤ内部に負ったダメージは直せない。

 では、内部損傷したタイヤで走り続けるとどうなるのか? タイヤ製造メーカー最大手、ブリヂストンの広報部は「あくまで一般論」としたうえで、次のように答える。

 「(内部損傷が起きると)タイヤを“支える能力”がなくなります。荷重がかかるので、タイヤのサイド部がスポンと抜けてしまったり、少しずつタイヤがバラバラに分解されてしまうこともあり得ます」

 つまり、外面修理でパンクを直したと思ったタイヤが、走っている途中に、突然バラバラになることも起こり得るのだ。もし、それが高速道路上で起きたら……考えただけでも恐ろしい。

内部損傷は見分けにくい! ダメージは『時間』と『空気が減った量』に比例

65扁平タイヤを、左から空気圧が高い順に並べたもの。40kPaではかなりたわみ、サイドに負担が掛かっていることがわかる
65扁平タイヤを、左から空気圧が高い順に並べたもの。40kPaではかなりたわみ、サイドに負担が掛かっていることがわかる
こちらは45扁平のタイヤ。近年増加中の低偏平率タイヤは、空気が減っていてもわかりづらい!!
こちらは45扁平のタイヤ。近年増加中の低偏平率タイヤは、空気が減っていてもわかりづらい!!

 では、タイヤが内部損傷しているのか否かを、どう見分けるか? 前出のブリヂストン広報担当者は「タイヤや車の種類によって異なるので一概に言うのは難しい」と言う。そう、パンクは気づきにくいだけでなく、内部にダメージを負っているかも見分けにくい。厄介すぎる。

 ただ、パンクに気づいた時に、内部損傷しているかを計る指標はあると言う。

「まずは、外から見てカーカスコード(タイヤ内面にある骨格、ゴムで被膜したコード層)が浮き出ていないどうか。それと、(パンク後の)“期間”と“空気圧低下”に比例して、かけ算のようにタイヤの損傷は大きくなります。たとえ、走らなかったとしてもです」

 参考までに、日本自動車タイヤ協会が行った内部損傷の再現実験を紹介しよう。

 この実験は120km/hで、空気圧200kPaからスタートし、徐々にタイヤの空気を抜いていくというもの。約60分経過時点で空気圧は40kPa、タイヤ温度は127℃にまで達し(スタート時は約50℃)、ここでタイヤ破壊が起きた。

 この結果からみても、目に見えて空気が抜けてしまったタイヤで少しでも走り続ければ、かなり危険だとおわかりいただけるだろう。ましてやパンク後に高速道路を走ることは尚更危険度が高い。

◆  ◆  ◆

 パンクの内面修理は、タイヤ内側にもパッチを貼りつける修理。当然、外面だけの修理より時間もお金もかかるし、内部損傷が激しければ「新品タイヤに交換するしかないですね」となってしまう。そうならないための唯一にして最も効果的な方法は「予防」に尽きる。

 1カ月に1回空気圧チェックをするだけで「自然漏れ」は防げるし、給油時に毎回チェックするクセを付ければ、パンクの発見が遅れるリスクも格段に減らせる。それでも、パンクをしてしまったら、ぜひタイヤを直接触ってみてほしい。パンクしたタイヤが他よりも熱かったら、内部が危険な証拠だ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ