フシギでたまらない 〜なぜ、プリウスは2つのバッテリーを設定しているのか?〜

なぜ、新型プリウスはリチウムイオンとニッケル水素を両方設定しているの?

 ワレワレハ、ウチュウジンダ。アタラシイプリウスノ、フシギヲカイメイシテクレ。

 ……読みづらい前文は、この辺にしておいて、宇宙人からの特命を受け、さっそく謎の解明にかかることとしよう。

 さて、宇宙人のいう「新しいプリウスの不思議」とは何なのか? そう、それはバッテリーにまつわる不思議だ。

 3代目のプリウスシリーズは、プリウスα7人乗りを除き動力用電池として、ニッケル水素バッテリーを採用していた。ところが、新型のプリウスでは、従来までのニッケル水素に加え、新たにリチウムイオンバッテリーも採用グレードも設定してきたのだ(右下表参照)。

 そこで今回のテーマは「なぜ、プリウスは2つのバッテリーを設定しているのか?」である。現在HVやEVのバッテリーとして、主流がリチウムイオンバッテリーであることはご存じのとおり。トヨタ以外のメーカーで、ニッケル水素バッテリーを採用している現行車は、ホンダフリードHVのみ。i─DCDのフィットHVなどはもとより、IMAのCR─Zもマイナーチェンジでリチウムイオンバッテリー搭載に変更されている。

 さらには、スズキのエネチャージもリチウムイオンバッテリーを採用。下で各バッテリーの特長を紹介しているが、これはスズキの回答によるもの。昨今の流れを見るに、多くのメーカーが、ニッケル水素バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーのメリットを評価していることは明らかだ。

リチウムイオン新設定の理由は?

新型プリウスのリチウムイオンバッテリー。ニッケル水素より小さい

 では、なぜトヨタはこれまで、ニッケル水素にこだわり、そして、今回の新型プリウスで、初めて本格的にリチウムイオンバッテリー搭載に踏み切ったのか? さっそくトヨタ広報部にいくつかの質問を投げかけたところ、次のような回答が返ってきた。

Q、なぜ3代目(現行)プリウスまで、ニッケル水素バッテリーを採用していたのか?

A、プリウスに必要な電池容量がニッケル水素電池で充分対応できたことと、価格優位性が高いためです。

 まず、1つ大きな問題としては、コスト。それが理由なら納得がいく。でも、じゃあなぜ新型ではリチウムイオンとニッケル水素が並立しているのだろうか?

A、リチウムイオンは、今後さらに進化が期待できる電池であり、いっぽうニッケル水素は、従来培ってきた実績の上にまだまだ進化の余地があると考えております。

 なぬ!! ニッケル水素も進化の余地ありだと!?

新型プリウスはニッケル水素とリチウムイオンで同等の性能を実現。ニッケル水素が進化していることも見逃せない

「新型プリウスではニッケル、リチウムともに性能、小型化を大幅に向上させ、同等の性能を実現しております」

 というのがトヨタの見解なのだ。う〜む。わからないでもないが、だったらどちらかにすればいいんじゃない? という疑問は晴れない。

 と、そこに何やら市販車ではなく、レースマシンに、この疑問を解くヒントがあるという情報を入手。そこで本誌でもおなじみのモータースポーツライター、段純恵氏に分析してもらった内容が、次のコラムだ。

ル・マンカーにみるトヨタとリチウムの話

text/段 純恵

トヨタのWECマシンは、信頼性確保によって’16年からリチウムイオンバッテリーを搭載か?

 トヨタがリチウムイオンバッテリー採用に慎重なワケですか? 現在、世界耐久選手権のハイブリッドマシンは蓄電装置にキャパシタを使ってますが、トヨタは独自のリチウムイオンバッテリーの開発もずっと進めています。一昨年モノ自体の完成はそう遠くないと聞きましたが、なぜ未だに導入されないのか、その理由は安全性の確認に尽きます。石橋を叩くなんてヤワなもんではありません。岩盤に突き刺さるくらい深く打ち込んだ杭を、第三者機関にデータ公開して二重三重に調査させるくらいの慎重さで確認しています。その調査もぼちぼち完了らしいですけどね。

 その『慎重居士』メーカーが量産新型車にリチウムバッテリーを搭載するということは、安全性に社内が納得、ゴーサインが出たということでしょう。ニッケル水素バッテリー搭載のグレードを残すのは、ニッケル水素にもまだ進化の余地があるからで、旧型に比べ蓄電効率は、かなり向上しているはずです。リチウム車のほうが価格が高いのは、コスト面での問題と、リチウム車に上級クラスの装備を付けたからですね。

 あと、新型プリウスすべてにリチウムバッテリーを載せるとなると、難しい部分も出てくるのでは。予想生産台数を考えれば、製造ラインの改造が必要になるかもしれない。万が一、問題が出て全車対象のリコールなんてことになった場合、対処が追いつかなくなるかもしれない。ニッケルバッテリーに関わってきた協力会社は仕事が激減し、困った事態になるかもしれない。そういった『大人の事情』もあるのかもしれませんね。

ニッケル水素を売り続けるワケ

 まず、なぜ新型プリウスで本格的にリチウムイオンバッテリーを採用したか? だが、これはWECマシン同様、市販車においても「念には念を入れ」の信頼性が確保できたからだろう。

ワゴンRなどに採用するエネチャージでは、リチウムイオンを採用

 にも関わらず、ニッケル水素グレードを設定している理由は、

①ニッケル水素バッテリーの蓄電効率が向上しているため
②製造ラインの問題
③リコール対応のリスク
④ニッケル水素を取り巻く産業的な問題

 この4つだろう。

 ではこの先トヨタは、どんなバッテリー戦略を採っていくのだろうか? トヨタの姿勢をみていると、ニッケル水素バッテリーの採用車をなくしていくという可能性は、短期的に見ればかなり低いだろう。ただ、いっぽうで、これだけ台数の出る基幹車種のプリウスにリチウムイオンバッテリーを採用したということは、今後、他の車種にも展開していく可能性は充分ある。

 とすれば、考えられるのは、車種による棲み分け。比較的上級のHVにはリチウムイオンバッテリーを使い、ベーシックな大衆車にはニッケル水素で対応するなどの戦略だ。

まとめ

 新型プリウスがリチウムイオンバッテリー搭載に踏み切ったのは、膨大な台数が見込まれるプリウスでも信頼性の問題を十二分に担保できると確信したから。それでもニッケル水素を残すのは、ニッケル水素自体にもまだ進化の余地があり、製造ラインやコスト的なメリットがあるからだろう。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

велосипед Comanche Ontario Comp

nike кроссовки купить

www.cialis-viagra.com.ua/viagra-sildenafil/