【どっちが過激!?】 スズキvsダイハツ コンセプトカー&特装車 面白いのはどっちだ!!

 量産車メーカーとして長く存在し続けてきたスズキとダイハツ(スズキは1909年、ダイハツは1907年創業。ダイハツは量産車メーカーとして長い最も歴史を持つ会社だ)。

 軽自動車としての雄としての両者の活躍はもちろんのこと、そのガチンコ勝負の舞台は東京モーターショー(TMS)、ケータリングカーのように特定の職域における使いやすさを追求した「特装車」の分野にまで及ぶ。

 そこで今回は、東京モータショーのコンセプトカーと特装車たちからピックアップし、両社がしのぎを削って積み上げてきたその歴史を垣間見てみたい。

 こうしてみると、両社がいかに使う人の生活を考え試行錯誤しているかがわかるし、その帰結として軽自動車という分野で今の地位を築き上げたのは必然だったんだなという思いも新たになる。

※本稿は2019年2月のものです
文:Boosterpackdepot編集部/写真:Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』 2019年3月10日号


■東京モーターショー(TMS)で披露された個性的なショーモデルたち

 各メーカーが2年ごとに威信をかけて製作するコンセプトモデル。そんな“作品”ともいえるショーモデルのなかから、ここではBoosterpackdepotが選んだ個性派を両社5台ずつ紹介したい。

 振り返ってみると、スズキは2011年から現在人気モデルとなっているコンパクトSUVモデルを立て続けに出展。対するダイハツは、クルマにプラスアルファの要素を持たせた、実用性に重きを置いた車両が多い傾向であることがわかる。

■TMSコンセプトカー・スズキ編

●スズキ レジーナ(2011年 東京モーターショー)

 800ccの直噴ガソリンターボを搭載し、32km/Lという低燃費を実現。デザインと緑色のカラーリングも相まって、まるでカエルのようだった。

●スズキ エアトライサー(2015年 東京モーターショー)

 どことなく提携していたフォルクスワーゲンのクルマに見えなくもないデザイン……。ラウンジでくつろぐようにリラックスできるシートレイアウトがウリだった。市販化を期待する声は多かったが叶わず。

●スズキ エックス・ランダー(2013年 東京モーターショー)

 レンジローバーのイヴォークコンバーチブルが発売される前だったので、これを市販化していたら、間違いなく世に衝撃を与えただろう。ん~、惜しい。

●スズキ イー・サバイバー(2017年 東京モーターショー)

 スズキはオープントップのSUVが好きなようだ。ジムニーの近未来版といったデザインのEVだが、電動化が進めば「こうなるんじゃない?」という現実味を感じさせる。

●スズキ マイティデッキ(2015年 東京モーターショー)

 名前もデザインも「マイティボーイ」を確実に意識したであろう1台。デザイナーの遊び心を感じさせるが、正直市販化されても、4人乗りであっても実用性は微妙だっただろう……。

■コンセプトカー・ダイハツ編

●ダイハツ FC凸deck(FCデコデッキ/2013年 東京モーターショー)

 最高出力が35kWの貴金属フリー液体燃料電池などの技術を搭載した軽トラック。デザインはキワモノ的だが、中身は最先端技術を使い大マジメだった。

●ダイハツ TEMPO(2015年 東京モーターショー)

 人気だったミラ ウォークスルーバンを彷彿とさせる移動販売に特化したコンセプトモデル。LED照明の付いた大型ガルウィングドアやデジタルサイネージなど、近未来感と実用性を両立させていた。

●ダイハツ マッドマスターC(2007年 東京モーターショー)

 マウンテンバイクのサポートを考えて作られたコンセプトモデル。3面大型ガルウィングドアなど、ユニークながらも実用性も高かった。

●ダイハツ DNプロカーゴ(2017年 東京モーターショー)

「ミゼット」の使い勝手のよさと高い拡張性を継承し、軽自動車が持つ便利さを徹底的に追求した商用EVモデル。デリバリーやパン屋さん、車いすがそのまま積めるのでウェルフェアビークルとしても活用できる。

●ダイハツ DNコンパーノ(2017年 東京モーターショー)

 往年の名車「コンパーノ」を現代風にリメイクしたのだが、50歳前後のオジサンたちには大人気だったそうだ。電動化などとは無縁の、デザインだけで勝負した最近では珍しい存在のコンセプトカーだった。

*   *   *

■メーカー特装車今昔

 汎用ではなく、ある特定の職業における使いやすさを追求した架装を施した車両、それが特装車だ。

 その特装車だが、実は近年ではこれまで架装メーカーで改造を行っていた部分を含め、自動車メーカーの生産工場で標準車と同じライン上で生産することが多くなったため、架装に適した特装ベースシャシーを生産する方向にシフトしている。そのため、過去のほうがユニークなモノが多い。

 特にダイハツは、以前からカタログモデルとして多くの特装車を設定しており、他社が手を出していないような仕様でも、積極的に販売している。今回紹介している特装車も、過去に設定していた入魂のモデルでユニークさは折り紙付きだ。

 スズキも商用車を得意としているが、特装車の独自性に関してはダイハツに軍配が上がる、といったところだろうか。

■メーカー特装車・スズキ編

●スズキ キャリイ リフトダンプ(現行)

 高所での積み降ろし作業も、最大地上揚程1950mmのリフト機構でラクラク。造園、果樹園・農園、道路工事向けだ。ただし設計上、土砂は積めないらしい。

●スズキ キャリイ 移動販売冷凍車(現行)

 冷凍車は数あれど、移動販売に特化したモデルがあるのはキャリイだけ。都内では見かけなくなったが、いまだ地方ではニーズがあるのだろう。衛生面から手洗い設備まで付いている。

■メーカー特装車・ダイハツ編

●ダイハツ ハイゼット 灯油ローリー

 石油ストーブが主流だった頃は、ニーズが多かったローリー。タンク容量は437.5L。18L缶で約24個分を一気に運ぶことができた。これがカタログモデルだったことに驚く。

●ダイハツ ハイゼット キャンバストップバン

 背の高い観葉植物や、家財を運ぶのに重宝したであろうキャンバストップ。「天井に当たるなら、開けちゃえばいいじゃん」という発想が凄い。

●ダイハツ ミラ ウォークスルーバン

 1984年5月から改造自動車として販売されていたが、1988年に型式認定を取得。いまだに移動販売車に使われている人気車だ。

●ダイハツ ハイゼット 3転ダンプ

 ピンを差し替えるだけで、3方向にダンプできるという優れもの。狭い場所でも入っていってダンプできた。

●ダイハツ ハイゼット デッキバン(現行)

 冷蔵庫を縦に積むことを求める電気屋さんなどの要望を聞いて生まれたデッキバン。ダイハツだけが設定する自慢のオリジナルモデルだ。

●ダイハツ ハイゼット ミニクレーン

 発電機や資材などの重量物を荷下ろしする際に重宝するミニクレーン。復刻販売したら、充分ニーズがありそうな実用&ユニーク仕様だ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

トヨタ エスティマの大進化|Boosterpackdepot4月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ