いまディーゼル車を買うメリット・デメリットとは? 逆風だらけ? 数年先の下取りが不安??

こちらの記事でもご紹介している通り、日本では好調に売れているものの、世界的には逆風のなかにあるディーゼル車。そんなディーゼル車、数年後の状況や下取りを考えても「買い」なのだろうか?

日本で乗るディーゼル車購入のメリットとデメリット、そして今と数年後を、自動車ジャーナリスト国沢光宏氏は次のように考察する。

※本稿は2018年11月のものです
文:国沢光宏、桃田健史/写真:Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』 2018年12月26日号


■日本にしかないディーゼル車のメリットがある?

(TEXT/国沢光宏)

 やはり、ディーゼルのメリットといえば「燃費のよさ」である。顕著なのは重くて大きいクルマだ。最近ガソリンエンジンの熱効率が大幅に向上しているものの、ディーゼルのような高圧縮比を売りにしているマツダのSKYACTIV-Gですら、同じ車両のディーゼル搭載車と燃費比較したらお話にならない。「ガソリンエンジン使った最も熱効率のいいパワーユニット」であるハイブリッドだってディーゼルに届かぬ。

2018年11月のLAショーでついにお披露目となった新型アクセラ(MAZDA3)。ディーゼルの「SKYACTIV-D」は1.8Lのみとなる。2019年夏の発売を予定

ハリアーやCR-Vのハイブリッドとディーゼルエンジンを積むCX-5の実用燃費を比べると、チョイ乗り&都市部の激しい渋滞を除き基本的にディーゼル優位。大雑把なイメージでいえば車重1500kgあたりがハイブリッドとディーゼルのボーダーラインだと考える。それ以下の車重だとハイブリッドが優位。それ以上になったらディーゼルのほうが燃料コストで勝る(ガソリンと軽油だと燃料の価格も15%程度違う)。

ちなみにディーゼル唯一にして最大の弱点となっているのは「チョイ乗りを繰り返すとススが溜まり調子悪くなる」というもの。燃焼時に発生するススを処理するため、一旦『DPF』と呼ばれるフィルターでキャッチ。一定量溜まったら燃焼させ燃やす。されどチョイ乗りばかり繰り返したら、溜まったススを燃やす時間を確保できない。20分以内のチョイ乗りが続くと、やがてチェックランプがついて調子が悪くなります。

クリーンディーゼルはチョイ乗りを重ねるとススが溜まり、エンジントラブルを起こしやすい

発生したススは吸排気系にも溜まる。こう書くと「なぜ吸気系に?」と思うだろうが、クリーンディーゼルの場合、排気ガスをもう一度吸気側に戻す。これをEGRと呼ぶのだけれど、その通路にススがベッタリ張り付きトラブルを起こす。

エンジンが暖まるとススも乾き、強い空気の流れにより剥がされるものの、暖まるまでは水分を含みベタベタしている。溜まると空気の流れを阻害し、やはりエンジンの調子は悪化します。

そもそも短い距離しか乗らないのなら、あえてガソリンエンジンより高価なディーゼルを選ぶ必要もないと思う。逆に、年間走行距離が多いという使い方であれば、燃費がよくて太い常用回転域のトルクを出すディーゼルは日本の道路環境に合っている。何より日本の場合、軽油のほうがガソリンより圧倒的に安い。世界的に見るとガソリンと軽油はほぼ同額。軽油の安い日本でディーゼルに乗らないのは損だとすら考えます。

■下取りや数年先の人気を考えた時もディーゼル車は「買い」なのか?

(TEXT/国沢光宏)

 これからディーゼル車を買おうと考えている人にとって気になるのは、今後の人気動向だと思う。昨今の報道を見ていると、もはやディーゼルの命運が尽きたような評価も出てきた。

先日も「マツダは欧州ディーゼル車から撤退すべきだ」という記事など話題にあがった。読めば欧州事情のことを数字でしか理解できていないような内容。そもそも欧州だってクリーンディーゼルを即座になくせという論調じゃない。古い規制のディーゼルの運用を見直そうという流れ。

VWは2018年からディーゼル車の日本導入が相次いでいる

欧州でディーゼル比率が下がっているのは「ユーロ6」という厳しい排気ガス規制を開始したからで、この基準をクリアしようとすれば、高価なクルマであっても、安くないと売れないコンパクトカーであっても同じコストがかかる。

1500cc用で30万円かかるとして、3000cc用でも40万円までしない。ここまで書けば理解できることだろう。600万円のクルマの40万円と100万円のクルマの30万円じゃまったく状況違う。安い価格帯だと車両価格に大きな負荷をかける。

ということで欧州じゃコンパクトカーのディーゼル車がどんどんなくなり、当然の如くディーゼル車比率だって下がっていく。興味深いことに高価格帯のクルマを見るとディーゼル車比率は横ばい。ディーゼル車バッシングが始まっているということもなし。

新型BMW 3シリーズ(G20)は2018円3月登場。ディーゼル車は2L直4ターボ(150ps/190ps)と3L直6ターボ(265ps)がラインナップされる

そもそもユーロ6をクリアしているディーゼルであれば、排気ガスのクリーン度ガソリン車とまったく同じ。おそらく短く見て10年。長ければ15年以上にわたりディーゼルが販売されると考える。

さて日本だ。言うまでもなくクルマは人気度により数年後の下取り価格(リセールバリュー)が大きく変わってくる。人気なければ安くなり、逆に人気あると予想以上に高い値で手放せるから嬉しい。

同じ300万円のクルマだったとしよう。5年後に手放そうとした際、人気のA車は150万円。人気のないB車だと50万円なんてケースだって珍しくないほど。先の例だと、次に300万円のクルマを買おうとしたなら、A車なら150万円の支払い。B車だと250万円の支払いになるワケ。

ビッグマイチェンを果たしたデリカD:5。11月から予約を開始している。

ディーゼルだと一般的に同じ車種&グレードでガソリンエンジンより30万~40万円ほど車両価格が高い。C車の場合、2000ccガソリン仕様で280万円。ディーゼル車を選ぶと30万円高の310万円だったとしよう。ディーゼル車とガソリン車の人気が同じで5年後のリセールバリューで50%だったとしたら、それぞれ140万円と155万円になるハズ。

ここから本題。ディーゼル車の人気が落ちたら、ガソリン車を選んだほうがトクですワな。

日本のディーゼルは今後どうなる? 唯一の日本勢であるマツダの数年後を予想するの、案外難しい。日本の世論がディーゼル嫌いになっていたら、ハイブリッド車人気に負けてしまう。ただし輸入車に関していえば、ディーゼル人気が続いていると考える。絶対的な台数が少なく、ハイブリッド車のように燃費のいいパワーユニットもない。

そんなことから私も次の愛車はディーゼルを考えているほど。マツダも順当にいけばディーゼルのほうが有利じゃなかろうか。

今後ディーゼル車についての世間のイメージに変化が起こるかは不透明だが、今の人気は当面続きそう?


【番外レポート】欧州でのディーゼル車の売れゆきは?

(TEXT/桃田健史)

 最近、確実に減っている。理由は、メーカー側の欧州CO2規制への対応だ。

最初の難関である2021年規制では95g/kmをクリアするため、欧州メーカーはガソリンエンジンのダウンサイジングターボとプラグインハイブリッド車の投入で乗り切ろうとしている。

そうしたなかでディーゼルの販売比率が必然的に低下傾向にある。その後も欧州CO2規制はさらに強化される見込みで、ディーゼル単体で生き残るのは難しく、ディーゼルPHEVなどの対応が必要となる。

NOxは窒素酸化物、PMは粒子状物質を示す

ただし、そこまでコストをかけてディーゼルを維持するメーカーはかぎられてくるはずだ。そもそも欧州では日本と比べて、ガソリンとディーゼル燃料との小売価格差が少ない。消費者にとってのディーゼル車所有のメリットは、あくまでも燃費なのだ。

日本の場合、ディーゼル燃料が安いのだから、当面はディーゼルの太いトルクの走り味をしっかり味わいたい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

tokyozakka.com.ua

pillsbank.net

детские нарядные платья николаев