ピニンファリーナ×あの社会主義国 近未来車「ヴィンファスト」鮮烈登場の舞台裏

 10月15日に幕を閉じた2018年のパリモーターショー。一部メーカーの出展取り止めなど、寂しい話題もあったけれど、それとは対照的に、この晴れ舞台で見事な世界デビューを飾ったブランドもある。

 それがベトナム初の国産車メーカー「ヴィンファスト」だ。発表会にはデビッド・ベッカムまで登場して大きな話題となったから、ニュースなどで見かけた方もいるだろう。

 しかしこのヴィンファスト、これまで当連載が取り上げてきた、「自動運転やEVでゲームチェンジを狙うハイテク企業」とかではぜんぜんない。今回はそのへんの舞台裏をお伝えしよう。

※本稿は2018年10月のものです
文:角田伸幸/写真:Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』 2018年11月26日号


■ベトナム初の国産自動車メーカー「ヴィンファスト」

セダンモデルLUX A2.0。BMWの旧5シリーズのプラットフォームを採用。スタイリッシュだ

 今、ベトナムではもの凄い勢いで自動車販売が伸びているものの、その規模は年20万台程度で、タイ、インドネシアと比べると数分の一というレベルだ。

 ベトナム国内ではトヨタや日産、ホンダ、GMなどが現地生産を行っているほか、チュオンハイ自動車という会社がマツダやヒュンダイ、プジョーなどの受託生産を引き受けている。一方、輸入車には30%の関税がかかる仕組みで、国内の自動車産業が保護される体制が長く続いてきた。

 ところが事態は急変する。貿易自由化の流れを受けてASEAN(東南アジア諸国連合)域内で新たな貿易協定が発効し、ベトナムも、30%の輸入車関税を撤廃しなければならなくなったのだ。

東南アジア10か国からなる地域協力機構ASEAN(東南アジア諸国連合)。余談ではあるが、日々変わり続ける経済体制のなかでヴィンファストが誕生したのであれば、ヴィンファストは「突然変異」などではなく、これから続々と誕生する新たな世界企業の端緒と考えた方がいいのかもしれない

 このままでは競争力のある他国の自動車が流れ込み、ベトナムの自動車産業が壊滅的な打撃を受ける。ベトナム政府はこれを阻止しようと、輸入手続きの複雑化や車両検査の導入などを打ち出したが、こうした手法は、他国から「非関税障壁」との非難を受けかねない。ではどうするか。

 輸入車に負けない魅力的な国産車を作るしかないじゃないか!

■動き出したのはベトナム屈指の大企業

  ベトナム政府のこんな決意に対して動き出したのは、自動車生産とはまったく縁のない企業だった。ヴィングループ。不動産開発や病院、ホテル経営などを手がけるベトナムの巨大企業だ。

 同社が、このタイミングで未知の分野に乗り出すことができた背景には、ITに代表される技術革新や、世界的な自動車業界の再編があることは間違いない。自動車開発のハードルを下げる新技術が続々と生まれるいっぽうで、国をまたいだパートナー探しが容易にできる環境が整ってきたのだ。

 2017年9月、ヴィングループはベトナム北部のハイフォンに335ヘクタールの土地を取得すると、ベトナム初の国産車開発に乗り出すことを発表した。こうして生まれた自動車メーカーが「ヴィンファスト」なのだ。

LUX SA2.0のインテリアスケッチ。ダッシュボードの大型ディスプレイが特長

■採用したのはBMWの旧型プラットフォーム

 それでは、ヴィンファストのクルマ作りを見ていこう。

 初の国産車を作るにあたり、同社は大手自動車メーカーの旧型プラットフォームを譲り受ける形をとった。これは途上国の自動車開発にはよくある手法で、最もコストがかかる車台設計を省略できるという大きなメリットがある。

 今回プラットフォームを提供したのは名門BMW。セダン用には旧5シリーズ、SUV用には旧X5のものが使われることになった。

 プラットフォームを他社製ですませる代わりに、その上に載るボディのデザインについてはこだわった。

 スタイリングの依頼先は、イタリアのピニンファリーナ。同社は最新のデザインテイストを表現すると同時に、「V字形」をモチーフとしたフロントマスクを考案し、「ベトナム生まれ」であることを鮮烈にアピールする端正なエクステリアを提案した。

SUVモデルのLUX SA2.0。こちらは旧型X5のプラットフォームを採用する

 エンジンについてはまず、2L、4気筒のガソリンエンジンが最優先された。

 このエンジンの開発にあたっては、ドイツの開発支援会社AVLが協力したという。同社はエンジンやトランスミッションのシミュレーション開発を得意としており、これによって実証試験の大幅な短縮が可能となった。

 その他、パワートレーンの開発では、吸排気バルブの可変システムについてはボッシュが技術協力を行い、8速トランスミッションはZFが手がけた。4WDのトランスファーはボルクワーナー製。このあたりの提携企業の顔ぶれは、現代のクルマ作りを象徴するような「多国籍ぶり」でもある。

ヴィンファストはドイツのシーメンスと組んで、電動バスの生産も計画している

■2025年までに年間50万台生産を目指す

 こうしてヴィンファストは、わずか1年で2台のプロトタイプを完成させ、パリモーターショーでヴェールを脱がせてみせた。1台はセダン型のラックスA2.0、もう1台はSUVのラックスSA2.0。価格は未発表ながら、2019年6月にはベトナム国内で販売を始め、2025年までに年間50万台の生産を目指すという。

 正直、ヴィンファストが成功するかどうかは未知数。しかしベトナムの国情が生んだ新たな自動車メーカーには、ぜひ熱いエールを送りたい。

角田伸幸…テクノロジーや新しもの好きの新人モータージャーナリスト

〈ヴィンファストの基本データ〉
創業年:2017年
所在地:ベトナム・ハイフォン
創業者:ジェームス・B・デルーカ(初代CEO/GM副社長)
社名の由来:「ベトナム流」「安全」「イノベーション」「パイオニア」を意味するベトナム語を英語調に並べたもの

〈ヴィンファストの沿革〉
■巨大企業ヴィングループが作ったベトナム初の国産自動車メーカー
■先日のパリモーターショーでセダンとSUVという2台のプロトタイプを発表
■BMWやピニンファリーナなど多彩な提携先との協業体制を実現

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ