大女優 樹木希林が愛したクルマたち 圧巻の趣味のよさ

 当代きっての個性派女優・樹木希林さんが、晩年までご自身でハンドルを握るかなりのクルマ好きだったことは有名な話です。

 惜しくも2ヶ月半前の2018年9月15日、75歳で亡くなられましたが、その演技のみならず、CMやバラエティ番組などで見せる、時に歯に衣を着せぬ、時に底抜けにあっけらかんとした発言で耳目を集め続けました。そのいっぽうで、ご自身のキャラクターだけでなく、愛車として乗り継いだクルマたちの遍歴も、実はかなり玄人好みであるものの、マニア筋を納得させる美学を感じるラインアップなのです。

 そこで、本稿では過去にテレビ番組で樹木さんと共演した、日本自動車ジャーナリスト協会副会長の竹岡圭氏に、その時の思い出を語ってもらいました。懐かしの名車たちの面影とともに、どうぞ。

※本稿は2018年10月のものです
※本文中の「エンスー」とは、英語で「熱狂的な支持者」という意味を持つ「エンスージアスト」(enthusiast)を略した言葉のこと。

文:竹岡圭/写真:共同通信社、Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』 2018年11月10日号


■番組収録中のエピソード

『おぎやはぎの愛車遍歴NO CAR’  NO LIFE!』(BS日テレ/毎週土曜21時から)が始まってから現在8年目、回数にしたら250回以上。ということで、本当にたくさんのゲストの方にお会いさせていただいております。

「そのなかで思い出深い方はどなたですか?」と、よく聞かれるんですけれど、樹木希林さんは間違いなくそのおひとり。だって、収録中にいきなりおにぎり食べ始めた方は、後にも先にも希林さんだけですからね。

 シトロエン・H・トラックを子育て用に購入し、小さい頃は現場に娘の也哉子さんを連れて行って、後部スペースで遊ばせながら子育てもできたから便利だった……なんてお話をされていた時に、突然希林さんがおにぎりを食べ始めたんですよね。

6/シトロエンHトラック……1947年に登場し、1981年まで生産された小型貨物車。日本へは1967〜1968年に関西日仏自動車が100台、1974〜1975年に東京三菱ふそうと西武自販で200台を輸入

 いやはやそんなこと私は生まれて初めて、さすがのおぎやはぎさんも希林さんとは初対面だし、ほかでもそんな対応はしたことなかったらしく、珍しく3人でアタフタしたのを覚えています。

 となると、そのおにぎりはいったいどこから出てきたんだ? って話になりますが、なぜかご登場シーンの座りトークの収録時から巾着袋を持っていらしたんですよね。

 収録中に荷物を持っている方っていうのも、これまた見たことがないんですけど、「私はマネージャーを持たない主義だから、荷物を見ててくれる人がいないの」と、おっしゃってました。とはいえ、控室は鍵もかかりますし、そこに置いてくるのがふつうです。だからなんとなく引っかかっていたんですよね。

3/シトロエン2CV……1949年に登場し、1999年まで生産されたシトロエンのFF小型乗用モデルでフランスの大衆車。希林さんは計7台を乗り継いだほどのお気に入りで、エアコンがなく、冬は毛皮を着て運転していたという

リアフェンダーは曲面を持つ脱着式構造。後輪を半分カバーする

375〜602㏄の水平対向2気筒OHVを搭載。車体前端なのが特徴

居住性を重視した2CVの内装。計器類やスイッチは必要最小限

 というワケで、その巾着袋のなかからおにぎりは出てきたのですが、ちょうどその後にお昼ご飯の時間に。だったのですが、「私はおにぎり持ってきているから」と、そのまま控室ではなく、座りトークセットの片隅でおにぎりを食べ続けていらっしゃったのを覚えています。

 ちなみに昼食以降の収録では、巾着袋は持っていらっしゃらなかったので、あれは深く考えられた仕込みだったのかもしれませんね。だって希林さん、バラエティはお得意中のお得意ですもの。

 そしてその場の勢いで、雰囲気に乗っかっていかれるタイプ、その見極めが鋭い方でした。なんたって流れの読み方がスゴい。「悠木千帆」という芸名を、勢いでオークションにかけちゃって「樹木希林」に改名されてらしたくらいですからね。

 そうそう、名前といえば、本名は「内田啓子さん」なんですよね。カメラが回っていない時に、夫である内田裕也さんのことを「でもあの人は……」とおっしゃってたのが印象的でしたね。さんざん迷惑をかけられたというのも事実でしょうが、とても深いところで信頼し合っていらっしゃったんだと思います。

 そこまで惚れ込める人を追い続けるのがいいのか、はたまた逆に惚れ込んでくれた人と結ばれるのが幸せなのか……、う〜ん難しい問題ですよね。まぁ、同じレベルで惚れ合えるのが最高なんでしょうけど。

9/ヴァンデンプラスプリンス……もとは英国とベルギーで馬車の車体を製造していたメーカーで、プリンセスはオースチンに買収された後、オースチンの大型セダンをベースにして登場した高級車

 さて、クルマに話を戻しますと、シトロエン2CVを7台乗り継ぎ、ヴァンデンプラスプリンセスを見た、いしだあゆみさんに「これなんてクルマ?」と聞かれても、真似されるから嫌だと教えなかったりしながら(笑)、番組にお越しいただいた時(2013年10月15日)の愛車はトヨタのオリジンでした。

「これが最後のクルマよ〜。気に入ってるし、私は全身ガンだから、来年のことはわからないから」と言いつつ、超小型モビリティにもご興味を持っていらっしゃったんですよね。

「右からも左からも乗れて、小さくて狭いところにもラクに入っていける便利なもの。でもデザインはヘンに未来的じゃないのがいいのよね。丸目が好きだから丸目のがいいわ」とのことだったので、また番組にお越しいただいて、いろいろ乗り比べしていただきたいな〜なんて、思っていたのですが……。

10/トヨタオリジン……トヨタの生産累計1億台達成を記念し、2000年に1000台限定で発売。モチーフは初代トヨペットクラウンで、シャシーはプログレなどと共通。観音開きドアが特徴

 もう一度お会いしたかったなぁと心から思える、吸引力のある女優さんでした。謹んで心よりご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

■希代の個性派女優は“自分”を貫いたエンスーだった

 以下、竹岡氏のお話のなかではでてこなかった、樹木さんの歴代所有車を紹介していきたい。

 こうして並べてみると、「丸目が好き」とおっしゃっていた原則を踏襲しつつ、しっかり性能のよさにこだわりながら、クルマ好きも納得する「趣味のよさ」とある種の美学が感じられる選択だと実感します。

1/いすゞヒルマンミンクス

 1956年に登場した2代目モデルで、直4の1.5Lは初代の1.3Lよりも扱いやすさが向上している。いすゞでは事実上の後継モデルにあたるベレルが1963年に登場した後も1964年まで生産された。樹木さんが乗る前は、父親である薩摩琵琶奏者(錦心流)の中谷襄水氏が愛車として乗っていたのだという。

2/VWビートル

 1938年に生産開始されて以来、2003年まで半世紀にわたって生産が続けられた“カブトムシ”の愛称を持つVWのアイコン的モデル。累計生産台数の2152万9464台は世界最多記録で、日本ではヤナセが1952年から販売を開始し、戦後の同社主力販売モデルに。

4/ボルボアマゾン

 1956年のデビュー当初は「ボルボアマゾン」として登場し、商標登録の関係からベーシック車が「121」、高性能版が「122S」に改名。落ち着いたクルマに乗りたくなったという樹木さんがセレクトしたモデル。

5/スバルサンバー

 1961年に登場し、1966年まで生産された初代モデル。以後、2012年の6代目モデルまで継続。

7/ルノー4

 1961〜1992年まで生産された、世界初の商業的に成功したハッチバック車とも呼ばれる1台。

8/ジャガーMKⅡ

 1959年に登場した初代モデルMKⅠの改良版。3.5Lと2.5Lを用意。

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ