冬将軍到来!! 雪道でも安全で楽しい 性能で選ぶ4WDカテゴリー別ベスト3

 コストパフォーマンスに優れた4WDなのかどうか? も気になる要素だが、降雪地域に生活していたり、ウィンタースポーツを楽しむために冬は雪道を走る機会が多い人にとっては雪道での走行性能は何よりも重要なポイント。

 滑りやすい雪道を4輪がしっかりとらえて走れる4WD車は安心だし、そのうえコントローラブルだと雪上ドライブがさらに楽しいものなる。

 そこで、今回は国沢光宏氏が雪道を走って楽しめる4WD車を、コンパクトカー、SUV、ミニバンの3つのカテゴリーで各3車を選出!

文:国沢光宏/写真:Boosterpackdepot編集部


■コンパクトカーでおすすめの4WDはデミオ

1位 デミオ
2位 スイフト、フィット

 正直なところ、コンパクトカーの4WDで楽しさを追求したモデルは存在しない。

 というのもユーザーが「FFより高価になってしまうけれど雪降るので4WDじゃなければダメですね」という後ろ向きの気持ちで選ぶからだと思う。

 楽しい4WDへのニーズがない、ということ。したがって4WDシステムも必要最小限。スタンバイ式の4WDなど前輪がスリップしなければ後輪に駆動力を伝えない。後輪にモーターを使うシステムも、発進時の補助です。

 そんななか、唯一「上級モデルと同じシステムを採用するなど頑張ってますね」なのがデミオ。滑る直前の微妙なスリップ率をセンシングしてさまざまな制御を行う。

マツダの4WD性能は近年非常に高い評価を得ておりデミオも安定性は抜群

 滑りやすい状況でのトラクション性能やブレーキ性能は素晴らしいです。ただマツダの場合、滑った時の楽しさをまったく考えていない。

 最高の性能を持つ生活4駆です。「滑ること」を容認し、そこでのコントロール性を追求し、さらにパワフルなエンジンなど搭載してきたら素晴らしく楽しいクルマになると思う。

 2番手はスイフトとフィットで横並び。どちらも同じような制御内容になっている。すなわち「スタート時は後輪にも駆動力を配分。スリップしなければすぐ後輪の駆動力をカット。

 コーナーからの立ち上がり加速でスリップしたら後輪にも駆動力を伝える」というもの。楽しいか楽しくないかは、アンダーステアの度合いや滑った時のコントロール性で決まるのだけれど、両車大差なし。

 強いて順位を付けるなら、パワフルなフィットに軍配を挙げておく。雪道もパワー重要です。

■SUVは各メーカーの4WD技術がよくわかる

1位 レガシィアウトバック
2位 エクリプスクロス
(惜しくも3位ならず)  CX-5、CX-8の4WD

 SUVは各メーカーにとって4WD技術の見せどころ。このクラスで素晴らしい性能を見せれば全体のイメージアップになる。

 今までこのジャンル、フォレスターのターボという圧倒的に楽しいクルマがあったのだけれど、フルモデルチェンジで2.5Lになってしまった。

 しかも雪道で試乗していない。ということで今回のリストで1位はレガシィアウトバック。滑らせて楽しくパワーもある。もしかしたら新型フォレスターが同等かも。XVについちゃ楽しいけれどパワー不足。

アウトバックは滑ってからも楽しさがある。4WDの歴史が深いスバルならでは

 2番手はエクリプスクロス。雪道のクローズドコースを全開で楽しんだのだけれど、久しぶりに三菱自動車らしい4WDだと感じた。

 普通に走っていれば滑らず安全をキープ。そして滑らせようとしたら、けっこう景気よくテールが流れるのだけれど、キッチリとコントロールできる。

 同じくアウトランダーPHEVも高い速度域までパワフルな後輪モーターの制御を入れているため、気持ちよく曲がってくれます。電気4WDのポテンシャルを感じた。

エクリプスクロスは2番手。ランエボの開発陣も関わっており久々の三菱らしい4WDだという

 惜しいのがマツダ(編集部註:マツダのCX-5、CX-8は基本的に同じ4WDシステムを採用)。パワフルなエンジンと多数のセンサーからの情報をキッチリと制御に活かした世界最高レベルの4WDシステムを持つのだけれど「滑り」を容認しない。

 「滑らせて曲がる」というスバルや三菱自動車のような方向性とまったく違う。つまり普通の人が乗っても運転上手い人が乗っても同じような走りになってしまう。

 滑ることを嫌わず、その領域でステアリング&アクセルコントロールできるようになったら楽しいクルマになると思う。マジメ過ぎです。

■ミニバンは”別格”デリカを除くとどうなる?

1位 デリカD:5
2位 エルグランド
3位 アルファード&ヴェルファイア

 今まで自動車メーカーの開発担当者とクルマ談義をたくさんしてきたけれど、ミニバンの4WDを作る際も「楽しい走り」が話題になったことはない。

 いや、正確にいえば、2007年に発売されたデリカD:5の時は、4WDの悪路走破性で頑張ったと聞いた。

 なるほどデリカD:5の悪路性能、ミニバンというジャンルを超えており、素晴らしいです。何度か酷いコースを走ったが、ワクワクした。

 デリカD:5だけ別格だと思う。ただ11年前のクルマです(編集部註:デリカD:5は2018年11月21日にマイナーチェンジ。4WD性能も向上している)。

 残るミニバンの4WDはすべて「生活4駆」と呼ばれる、滑りやすい時だけ後輪も駆動するタイプ。なかでも厳しいのが日産の後輪モーター式4WD。

エルグランドもアル&ヴェルも3.5Lの走りは非常にパワフル。雪道は4WDじゃないとちょっと怖いかも!?

 モーター出力小さいため、発進時にかぎり走り出しのスリップを防止させるためホンの少し手伝う程度。4WDの楽しさなどなし。

 エンジンブレーキだって前輪にしかかからない。それでいてFFより相当高価になってしまう。同じ後輪モーター式でもトヨタのハイブリッド車はパワーあるモーター使うため、少しだけ優位。

 ということで性能(このクラスの場合は楽しさでなく性能としておきます)という点では、電子制御カップリングタイプを選びたいところ。さらに少しでもパワフルなエンジンを搭載しているモデルがクルマとして楽しい。

 個人的には280馬力の3.5L積むエルグランドが雪道走って最もワクワクしました。301馬力エンジンを積むアル&ヴェルの3.5Lも雪道での暴れっぷりはステキだ。

 この2車種、パワフルなので雪道走る時は4WDじゃないとアカンです。

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ

https://progressive.ua

progressive.ua

www.agroxy.com/prodat/zhmyh-159/zakarpatskaya-obl