一瞬の輝きは凄かった! 彗星の如く消えた人気車 5選

 毎年多くの新車が登場する一方、ひっそりとその生涯を終え、消えてゆく車もある。

 プリウスやフィットのように人気車に定着したモデルもあるが、カローラでさえ全盛期と比べて台数を落していることからもわかるとおり、一定以上の人気を維持し続ける車種は極めて少ない。そして、多くのモデルが一度も人気車になれないまま世の中から姿を消してゆく。

 本稿に登場する車たちは、その多くが一代限りで消滅したモデルばかり。しかし、一瞬の輝きは凄かった。

 そんな彗星の如く消えていった人気車に敬意を表しつつ、その波乱万丈な“車生”を振り返る。

文:永田恵一
写真:編集部、Honda


最盛期は月6000台売れたホンダ S-MX

S-MX(1996-2002年)/ミニバン風のルックスを持つ2列シートトールワゴン。1列目と2列目をつなぎフルフラットシートにでき、当初はヒットしたが、僅か5年余りで生産中止に

 1996年に登場したS-MXは当時ホンダが1994年の初代オデッセイから、初代CR-V、初代ステップワゴンと続いた「クリエイティブ・ムーバー」と呼ばれるRV戦略第4弾。

 シビックをベースに、現在のフリード+のようなコンパクト2列シートミニバンを新しい形のデートカーに仕立てたモデルだった。

 S-MXが持っていたデートカーの要素は、前席がコラムシフトのベンチシートでフラットになるシートや、ボックスティッシュがそのまま入る収納スペースがあるなど、故・徳大寺先生の言葉を借りれば「動くラブホテル」のようだった。

 また、最低地上高を下げたスタイリッシュなローダウン仕様があったほか、全長4m以下にも関わらず、広い室内や使い勝手の良さといった実用性の高さも持ち合わせており、登場から1年近くは月6000台という好調な販売をキープした。

 その後も販売は堅調だったものの、2000年にS-MXより1クラス下でかなり近いコンセプトを持つトヨタ bBが登場すると、前述したウィッシュとストリームのようにS-MXの販売も一気に低迷。

 この種の車は流行商品であることや、1クラス下のbBの価格は当然ながらS-MXより安かったこともあり、2002年に絶版となった。

“密かな人気車”デュアリスも一代で消滅

デュアリス(2007-2014年)/オンロード重視のミドルSUVとして当初は目標を超える販売成績を残した密かな人気車。海外仕様はキャッシュカイとして未だ販売を続けるが、日本では静かな存在のまま1代限りで絶版に

 2007年に登場したデュアリスは、ミドルSUVには当時あまりなかった、オンロードでの走りを重視したシティ派SUVであった。

 特に初期モデルは英国生産で、走りに重要なダンパーやシートなどに本場、欧州製のパーツを使っていたこともあり、その走りは大変上質だった。

 デュアリスは発売当初から「日本人には分かりにくいクルマなのでは?」という評価も少なかったが、フタを開けてみると登場時の月販目標台数2000台に対し、2007年は月約2500台、2008年もほぼ2000台と目標をクリアし、「クルマの内容を重視する日本人も少なくないのだ」と感じたほどだった。

 だが、2007年12月生産分から日本製となり、走りが普通の日本車のようになってしまった。

 それが口コミで広がってしまったのか、あるいは1クラス下のジュークに食われたのが原因だったのか、2009年に入ると販売は三ケタに急降下。

 デュアリスは、同クラスのエクストレイルが2013年12月にフルモデルチェンジしたタイミングで、残念ながら日本仕様としては姿を消してしまった。

販売No.1から絶版車となった2代目インサイト

2代目インサイト(2009-2014年)/初代とはコンセプトをガラリと変えて登場。10・15モード燃費30km/Lという数値は、ライバルの2代目プリウスに負けていたものの一躍人気車に。浮沈の多い車生となった

 1999年に登場した初代インサイトは、ホンダ初の2人乗りハイブリッドカーで、「燃費を追求したコンセプトカー」のような市販車だったこともあり普遍性はなく、2006年に一度絶版となった。

 しかし、2009年2月にホンダが5ナンバーセダンのコンパクトなハイブリッドカーを発表するにあたり、車名は再びインサイトと命名された。

 この2代目インサイトは、全体的に性能が特にいい訳でもなく、リアシートの頭上空間も狭かった。

 だが、スタイリッシュだった点に加え、なんと言っても価格は189万円からと当時のハイブリッドカーとしてリーズナブルだったため、5000台の月間販売目標台数に対し、4月は1万台以上を販売し、月間販売台数ランキングトップに立つほどの人気を集めた。

 ところが、2代目インサイトの価格に強く刺激された2009年5月登場の3代目プリウスは、2代目インサイトより1クラス上の車格と充実した装備を持ちながら、“プリウスショック”とも言われた205万円からの激安価格でデビュー。一時期は納期が1年近くなるほどの受注を集めた。

 さらに3代目プリウスが登場した頃に、景気刺激策としてエコカー減税と、13年落ちのクルマを処分する場合に対象となる新車購入補助金が始まったのも追い風となったことに加え、旧型となる2代目プリウスも189万円で継続販売するという体制を組み、またもホンダを叩きのめした。

 2010年10月以降になるとインサイトは月販2000台を割るようになり、ホンダは2011年10月にはエンジンを1.3Lから1.5Lに拡大した「エクスクルーシブ」を追加するなどのテコ入れを行ったものの、販売は回復せず、2014年2月に絶版となった。

 月間販売台数1位に立ちながら、低迷の挙句、絶版に追い込まれるというジェットコースターのような車生となったのは、3代目プリウスが強力すぎたにせよ、性能や室内スペース、結果的には価格設定などに甘い面があったのも事実だろう。

 インサイトは既報の通り12月に異例となる“2度目の復活”を果たす。3度目の正直のような成功を期待したいところだ。

最盛期は月販1万台を超えた三菱 コルト

コルト(2002-2013年)/「まじめ まじめ まじめ COLT」のCMも印象的で当初は人気を集め、1.5Lターボで163psを発揮するバージョンRも登場したが、再び人気車に返り咲くことはなく絶版車となった

 コルトは2002年11月に「カスタマーフリーチョイス」と呼ばれるユーザーの選択できる幅の大きさなどを特徴とした、フィットなどをライバルとするコンパクトカーとして登場した。

 コルトは全体的に堅実な車で、登場翌月には7000台の月間販売台数に対し月間販売台数ランキング3位となる約9600台、翌2003年3月には約1万4000台(9位)という好調なスタートダッシュを決めた。

 しかし、登場から半年ほど経つと、堅実ながら地味な面も否めないのも原因だったのか月間販売台数ベスト10で名前を見ることはなくなり、挙句2004年になると三菱自動車の不祥事もあり、販売は低迷。

 三菱は、コルト自体の大規模改良を行っただけでなく、リアオーバーハングを延長しラゲッジスペースを広げたコルトプラス、スポーツモデルの「ラリーアート」や「バージョンR」、お買い得特別仕様車の「リミテッド」を追加するなどコルトを相当育てたものの、残念ながら再浮上は叶わなかった。

 結局、コルトは2012年に現行ミラージュを後継車にする形で姿を消した。

爆発的ヒットを経て昨年消滅したウィッシュ

初代ウィッシュ(2003-2009年)/ストリーム対抗として特に初代は大ヒット車となり、2代目(左)も発売当初は月5000台を販売する月も珍しくなかったが、販売は次第に尻つぼみに

 比較的長く販売され、人気車に定着しかけたものの、最盛期は短かった例ではウィッシュも忘れ難い。2003年に初代モデルが登場したウィッシュは、2000年にホンダから登場した初代ストリームのフォローワー(後追い)である。

 5ナンバーサイズで1600mm程度の全高ながら、現在でも十分通用する3列目シート、“そう不満なく大人が乗れる”初代ストリームと同等の室内&ラゲッジを確保。さらに初代ストリームが普及グレードに1.7Lエンジンを搭載したのに対し、ウィッシュは1.8Lを搭載した。

 また、初代ストリームがシビックベースだったのに対し、ウィッシュは1クラス上のプレミオ&アリオンがベースで、全体的に質感が初代ストリームより高く、ストリームが開拓した市場をゴッソリ奪っていった。

 その販売台数は、初代が登場した2003年累計で約16万台(月平均:1万3000台以上!)を記録し、初代ストリームが2003年に約3万5000台(月平均:約3000台)しか売れなくなったほどだった。

 しかし、2代目となって約5年経過した2014年あたりから、5ナンバーミニバンにおいてシエンタ&フリードのコンパクトミニバンと、ノア三兄弟&セレナ&ステップワゴンが三強をなすミドルハイトミニバンの勢力が拡大。

 2代目ウィッシュの販売も低迷が始まり、月販台数が最盛期の約20分の1となる600台ほどとなった2017年10月に販売を終了した。ウィッシュの凋落は車そのものにさほど問題はなく、時代の流れ、移り変わりが大きかった。

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ