コンパクトSUV “最新売れ筋” & “オススメの一台” ランキング

 今年に入ってレクサスUX新型RAV4が発表(日本仕様発売はUXが今年11月、RAV4が2019年春)、新型フォレスターがついに発売、“元祖”CR-Vが復活…などなど、書いてるだけでお腹いっぱいになるくらい、SUVの勢いはさらに加速している。

 そんななか今回は、最新の売れ筋はどれなのか? さらにその中からコンパクトSUVの一台を選ぶならどれか? について、2つのランキングを紹介してみよう。オススメの一台を選んでくれたのは自動車ジャーナリストの岡本幸一郎氏だ。

※本稿は2018年4月のものです
文:岡本幸一郎、Boosterpackdepot編集部/写真:Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』2018年5月10日号


■2018年8月のSUV販売台数ランキング

 まずは最新の販売台数ランキングを見てみよう。

人気車ひしめくカテゴリーだけにメーカーもより強力なモデルを投入。争いは激化していく

 CH-Rの勢いやおそるべし、といったところだが、これらの中から今回岡本氏には印をつけた全長4500mm未満、いわゆるコンパクトクラスの11台についてランキングしてもらった。

■岡本氏の決め手は「コスパ」と「万能性」

 11台の中でも上半分の勝ち組と下半分のそれ以外の間には大きな溝がある。そして勝ち組の中でどう順位をつけるかは、いろいろな見方ができて非常に悩ましいのだが、現時点では直近のマイナーチェンジでさらに完成度を高めたヴェゼルを1位としたい。

1位…HONDA ヴェゼル

岡本氏が1位に選んだのは、2月のマイチェンでさらに完成度を高めたヴェゼル。HVも比較的低価格で、それでいて高い万能性を持つと高評価

 決め手はコスパと万能性だ。
さすがは3年連続SUV販売トップだっただけのことはある。本格的ハイブリッドが低価格で選べるのも高ポイント。

 2位は新登場のエクリプスクロス。こちらもそつない仕上がりで非の打ちどころがあまりない。その出来のよさは試乗記でもお伝えしたとおり。

2位…MITSUBISHI エクリプスクロス

全長4405mmのコンパクトSUVで、150psを発生する直4、1.5L直噴ターボを搭載。価格は253万2600円から

 そして3位が実に問題なのだが、やはり昨年売れまくったC-HRとすべきだろう。

3位…TOYOTA C-HR

1.2Lの直噴ターボと1.8LHV、2種のパワーユニットが用意されるスタイリッシュなSUV。価格は251万6400円から

 このクルマは賛否両論だが、好きな人に大好きになってもらえればよいという割り切りから生まれ、実際にこれだけ支持されているのだから、それだけで存在意義がある。さらにC-HRは走りにもかなり力を入れていて侮れない。

 4位は悩んだ末にCX-3とする。このクルマ、出てからすでに何度も仕様変更を受け乗り味がかなり洗練されている。また、このクラスでインテリアの上質さで群を抜いていることも評価したい。外観もスタイリッシュではあるが、もう少し個性が欲しいか。

4位…MAZDA CX-3

NYショーで改良型が発表されているが今回は現行型で評価。2Lのガソリンとディーゼルを用意。210万6000円から

 その点でいい仕事をしているのがXVで、特徴的でありながら誰が乗っても絵になりそう。登場して約1年が経ったが、もう少し全体的に洗練されることに期待したい。

5位…SUBARU XV

1.6Lと2L、2種のガソリンエンジン(NA)が用意されるワゴンタイプのSUV。価格は213万8400円から

 6位はスズキのジムニー。モデル末期ながら月販1000台超のペースを維持(直近はむしろ激増)している事実が、すべてを物語っている。むろん快適性はそれなりだが、オフロードを走らせると一級品。その本格派ぶりは大いに評価に値する。
(編集部注/このランキングは2018年4月時点のものなので、2018年7月発表発売の新型ジムニーは選考外となっております。というより新型登場間際の先代モデルがランクインしているジムニーすごい…)

5位…SUZUKI ジムニー(先代)

フルモデルチェンジ前の評価。ラダーフレームを持ち、卓越した悪路走破性を誇る軽SUV。価格は129万6000円から

 以降はすっかり存在感が希薄になっているのが否めないが、強いていうとチョット気になるのは新生エスクード。ジュークとRVRは次期モデルに期待だし、10位&11位のスズキ2台も、せっかく売っているのに、あまり存在意義が感じられないんだよね。

6位…SUZUKI エスクード

136㎰発生の1.4L、直4直噴ターボと1.6LのNA、2種のガソリンエンジンが用意される。価格は234万3600円から

8位…NISSAN ジュー

1.5LのNAおよび1.6Lターボの2種のパワーユニットを用意。スポーティなNISMOも存在。価格は197万5320円から

9位…MITSUBISHI RVR  139psを発生する1.8Lの直4エンジンを搭載。205万8480円から
10位…SUZUKI SX4 S-クロス  1.6Lエンジンを積んだワゴンタイプのSUV。206万2800円から
11位…SUZUKI ジムニーシエラ  ジムニーの登録車版で1.3Lエンジン搭載。166万8600円から(編集部注/前述のとおり、先代モデルの順位です)

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ

солнцезащитные очки купить

adulttorrent.org/category/uncensored_asian

http://best-drones.reviews/best-drones-for-kids-top-10-best-drones-for-each-budget/