【スマホ、ヒーター、炊飯器……】 もしもの時にクルマで充電 家電利用大研究

 今年は本当に地震、災害が多い。なかでも北海道胆振東部地震や台風21号による停電は長く尾を引いた( ※2018年9月20日現在)。

 そこでクルマの出番だ。クルマは走るだけでなく、電力を供給できるマイ発電機にもなる。しかしいざという時、何がどこまで使えるのか? どうやったら使えるのか? について把握している人はなかなかいないのではないだろうか。
(北海道の大規模停電では、クルマは(インバーターさえ持っていれば)スマホは充電できるし、クーラー&ヒーターが付いているし、ラジオが聞けて情報も手に入るしで、最強の避難場所となっていたそう)

 クルマで白物家電を使うにはどうすればいいのか? 編集部・林が実際に11種類の家電を体当たりテストし、安全で最適な使い方を大研究してみた。

 使用したクルマはインバーターでの変換が必要なガソリン車「スバル フォレスター」と、直接AC100Vが取り出せる燃料電池車「トヨタ ミライ」。どんな結果になるのか、いざ実験!

※本稿は2018年3月のものです。
※フォレスターはモデルチェンジ前のものです。
実際の災害時には、車体が傷み、発電用としての使用に支障をきたすケースもあります。十分注意して取り扱ってください。
文・写真:Boosterpackdepot編集部

初出:『Boosterpackdepot』2018年4月10日号


■車内で家電を使うには「ハンディインバーター」が必須!

 年々進化していく「白物家電」。しかし、災害時にもし自宅に電気が来ていなかったら、ただの置物と化してしまう。そんな困った事態で頼りになるのがクルマです!

 以前発生した大震災の時も、多くの人がクルマで寝泊まりをする光景が目に付きました。大勢の人が集まった避難所では、個人的に使用する電源の確保が難しく、情報収集に使用する携帯電話・スマホの充電すらままならない状況があったとも。

 クルマはエンジンで発電することが可能なので、もしもの時に個人で使える発電機として活躍してくれるというワケです!

DC12Vのソケットを装備しているガソリン車のスバル フォレスターと、純正でAC100Vのコンセントを2口装備している燃料電池車のミライ

 ただここでひとつ問題が……。一般的なガソリン車は、シガーソケットから電気を取り出せますが、その電気はDC12V(直流)。一般家庭用コンセントの電気はAC100V(交流)なので、そのままでは使えません。

 そこで登場するのが、DCからACへと電気を変換してくれる「インバーター」。しかし、白物家電を使うのに最適なインバーターがわからない……という人も多いと思います。

 今回使用したのは、カー用品量販店などで多く流通しているDC12V(直流)対応のインバーター(実勢価格8400円・税込)。

定格出力400W、最大出力600W、瞬間最大出力800W、出力波形は矩形波。手のひらに収まるコンパクトサイズ

 しかし編集部 林、じつはこのインバーター購入の時点で大きなミスを犯していたのです……。

■フォレスター+ハンディインバーター

■インバーターで変換したら、白物家電はどこまで使える?

 まずテストするのはDC12V→AC100Vへの変換が必要なフォレスター。フォレスターなどのSUVには、運転席とラゲッジにDC12Vのソケットが設けられているクルマが多いので、電気を取り出す時に重宝します。

フォレスターは、DC12Vのソケットを2箇所備える。インバーターはエンジンオンで使用する

 さてテストのほうですが、まずは定格消費電力の低いものから始めて、携帯電話の充電や、加湿器などの序ノ口級(勝手に命名!)は、ノープロブレム。だったものの、そんなに白物家電は甘くなかった……。インバーターの定格出力が400W(最大出力600W)ということで、大関級には大苦戦、1000W超えの横綱級家電になると、もはや手も足も出ない状態に。

序の口級と名付けたスマホの充電やLED投光器、ラジカセなどは余裕で使用できた

「大関級」の扇風機、ドライヤー、空気清浄機は「動くには動く」といった感触。ドライヤーは冷風だけなら出力400Wのインバーターでも使用できた。温風の「強」は出力不足で使用不可に

横綱級に指定のケトル・炊飯器・ファンヒーター・掃除機はまったく動かず。炊飯器は電圧低下のエラーが出た

■実はインバーター選びで失敗が!

 定格消費電力に対して容量が足りていないのだから使えないのは当たり前、と感じられるかもしれませんが、実はここにはもうひとつ、大きな落とし穴が。それはインバーターで変換される電気の「波形」。

 インバーターで変換する電気の波形には、一般家庭用の電気と同じキレイな波形の正弦波(せいげんは)と、ブロック状の直線的な波形、矩形波(くけいは)の2種類があるのですが、今回実験にあたって購入したインバーターの波形は矩形波だったのです。

クルマで白物家電をバッチリ使うなら1500W以上の正弦波のインバーターを購入しましょう!

 近年の電化製品はマイコンで高度に制御されたものが多くなっています。マイコンは正弦波で使用するものなので、矩形波では定格出力が足りていても動かないとい、うことになってしまうのです。

■ミライ(ハンディインバーターなし)

V2Hも可能なミライなら横綱級家電も使える!?

 燃料電池車のミライだけでなく、電気自動車の日産リーフや、プラグインハイブリッドのトヨタ プリウスPHV、三菱のアウトランダーPHEVなどには、純正状態で搭載している電池から電気を取り出すことができるコンセントが備わっています。しかもこのコンセントは、定格出力1500Wという高出力で、波形は一般家庭用と同じく正弦波なのです。

ミライのAC100Vコンセントは、センターコンソールの後席側と、トランクの2カ所に装備されている。マルチインフォメーションディスプレイで設定をオンにすることで使用できるようになる

 早速フォレスター+インバーターでは容量足らず&波形違いで使用できなかった、横綱級の白物家電を試してみましたが、見事に全勝。しかも、ドライヤーやアイロンなどは風量「強」で使用しても、まったく問題がないではありませんか(感動)!

電気ケトル(500ml)の消費電力は800W。1.2L沸かせる大型の電気ケトルでも消費電力は1250W程度だ。どこでもすぐにお湯が沸かせる!

消費電力は1240W、マイコン制御の炊飯器も問題なく動く。美味しいご飯が炊けた

セラミックファンヒーターの消費電力は最大時1200W。だがミライの敵ではなかった。電気使用量は多いが、屋外テントなどで冬場生活する場合、すばやく居室を温めることができるので、短時間の使用であれば重宝するかもしれない

強力な某サイクロン掃除機(消費電力1100W)も使用可能。持ち運びに便利かと言われれば微妙だが、吸引力は申し分なし

 ミライは搭載する電池容量が小さく、エンジン車と同じくイグニッションオンで発電しながら給電というスタイルですが、一般家庭が普段の生活で使用する電力を長時間供給できる実力があるので、このテストくらいでは水素はほとんど減らず。緊急時でも安心して外部電力として利用できると実感した次第です。

*    *    *

 燃料電池車やPHEV(※)なら、そのまま電気が取り出せるので便利だが、乗り替えるのは現実的ではない。ということで、現在乗っているクルマでも、災害時などに白物家電をいろいろ使いたいという人には、1500W以上で波形が正弦波のインバーターをオススメしたい。

 価格は2万円くらいから上を見れば10万円超えと、矩形波のインバーターよりも高くなってしまうが、備えておけば万が一の時でも安心できる。

 携帯電話が充電できれば充分という人は、リーズナブルな容量低めの矩形波のインバーターでも事足りるので、自分のニーズにあったものをチョイスしてもらえればと思う。

※直接AC100Vが取り出せる(家庭用と同じコンセントが車内に標準装着されている)車種としては、トヨタアルファード(ヴェルファイア)ハイブリッド、ノア/ヴォクシー/エスクァイアハイブリッド、三菱アウトランダーPHEV、ホンダオデッセイハイブリッドなどがあり、今後、こうしたモデルは「災害の時、超絶に役立つ」としてさらに注目を集めそうだ

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ