【おいしい数字にはウラがある!?】 信じていいの? クルマ界 景気のいい話

「ダイハツ 3年連続のトップ!」

「テスラ EV世界販売 33%増の10万台超え!」

 日々自動車ニュースに接していると、こんな景気のいい見出しがまるで濁流のようにたくさん流れてくることがある。

 でもね、こういうニュースを見たり聞いたりして「本当にそうなのかよ?」と素直に受け取れないのがBoosterpackdepot体質。だってたとえば景気。「いいんですよ〜」って言われても、みなさんも簡単には信じてないでしょ?

 そんな、「ちょっと景気のいい話」に切り込んでみたのが本企画。いろいろおもしろいことが見えてきましたよ。

※本稿は2018年1月のものです
文・写真:片岡英明、鈴木直也、渡辺陽一郎、Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』2018年2月26日号


「ダイハツ、3年連続の軽自動車販売トップの座をキープ。売れ売れだ!」

 軽自動車は2013年に過去最高となる211万2991台を達成、さらに翌年も227万2790台と記録を更新。

 しかし、2015年より販売は激減。2016年はピーク時の24%減まで落ち込んでいた。そして2017年の軽自動車新車販売台数は、前年比6.8%増の184万3342台で3年ぶりの増加傾向。

 ブランド別では、前年比3.9%増の60万2789台を販売したダイハツが、3年連続で年間販売台数トップとなった。2位はスズキの55万6291台。3位は34万2999台を記録したホンダという結果になった。

 以下は4位:日産18万2440台。5位:三菱5万5637台。6位:マツダ3万9761台。7位:スバル3万2594台。8位:トヨタ3万761台と続く。

[ちょっーと待ったァ!!] 小型・普通の販売は スズキ約11万台 ダイハツ2.8万台なのだ!!

 軽自動車の主力メーカーはダイハツとスズキだ。暦年の年間販売順位を見ると、2007年以降はダイハツの1位が続きスズキが2位になる。ただし2014年だけは、スズキに僅差で1位を奪われた。

 ダイハツは軽自動車では1位だが、小型/普通車を含めた総台数ではスズキを下まわる。その上位にトヨタとホンダも入るから、総合順位は4位だ(日産は5位で定着)。スズキは2017年に約11万台の小型/普通車を登録したが、ダイハツは2.8万台にとどまり総台数で伸び悩む。

 ダイハツはトヨタの完全子会社になってから、スズキを追い抜くことを目的にトールなどの小型車にも力を入れるが、トヨタも同じクルマを扱うから売れゆきを伸ばせない。往年のシャレードのような専売車が必要だ。

(TEXT/渡辺陽一郎)

ダイハツのもう一台の稼ぎ頭、ミライース

「日産、2017年の新車登録台数では3年ぶりの40万台突破!」

 2017年国内新車登録台数において、日産が3年ぶりとなる40万台突破を達成し、40万8560台を記録(前年比5.9%増)。これによりメーカー別では第2位となった。秋口に発生した無資格者による完成検査問題の影響により一時販売は低迷したもののe-POWERを搭載したノートなどが好調だったことが成績を伸ばした要因と見られる。

[ちょっーと待ったァ!!] 軽も含めた数字からは、また違った様相が見えてくる!

 2017年には国内で日産の登録車(小型/普通車)が40万台以上売れた。軽自動車を除いた登録車のメーカー別販売順位は2位になる。

 しかし1位のトヨタは156万台で日産の約4倍だ。3位のホンダも38万台だから日産とは僅差。さらに軽自動車を含めた総台数になると、日産はトヨタ/ホンダ/スズキ/ダイハツに次ぐ5位に下がる。

 日産車が売れた理由も喜べない。キューブやマーチなど最近の日産車は設計が古く、ティーダは販売を終えた。シルフィは3ナンバー車に拡大された。これらのユーザーが乗り替えに困っている時、ノートe-POWERが発売されて好調に売れた。

 つまりノートe-POWERの高人気は、国内市場を軽視する日産に向けた不満の裏返しともいえるだろう。これにセレナの一新も加わり、販売が伸びた。

(TEXT/渡辺陽一郎)

エクストレイルも好評販売中!

「メルセデス世界販売 7年連続記録更新。8.8%増の242万台だ」

 ダイムラーは2018年1月8日、メルセデスベンツ乗用車の2017年世界新車販売の結果を発表。

 総販売台数は、7年連続で記録を更新する前年比8.8%増の242万4369台。市場別では、ヨーロッパが前年比6.4%増の95万5301台。中国は、前年比25.9%増の58万7868台。ただし米国は、前年比0.9%減となった。

[ちょっーと待ったァ!!] その数字を中身をより細かく見てみると、決して順風満帆ではナイ!!

 7年連続でメルセデスベンツが年間の販売記録を更新した。まずはメデタシである。ヨーロッパで販売が伸びているし、稼ぎ頭となった中国では5年連続して2桁の伸びだ。モデルチェンジしたEクラスも順調に売れている。

 が、お膝元のドイツで苦戦を強いられ、大票田だったアメリカでも失速した。また、Aクラス、BクラスといったFFベースのコンパクトカーも販売は頭打ちで、伸び悩んでいる。他メーカーと同じように、SUVの好調に助けられ、台数を伸ばした形だ。

 メルセデスは快進撃を続けているように見える。しかし、次世代モデルの売れゆきによっては神話が崩れかねないのだ。

(TEXT/片岡英明)

40年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたGクラス

「日産のリーフ、世界販売30万台を達成!売れ売れ!」

 日産自動車は2018年1月8日、EVのリーフが世界累計販売台数30万台を達成したと発表した。初代リーフは2010年登場。以降、順次、世界へ販売エリアを拡大。今回の30万は初代発売からおよそ7年で到達した記録となる。

 また、新型のリーフは、この1月から米国とカナダでデリバリーが始まり、ヨーロッパも2月からデリバリーを開始する予定。

[ちょっーと待ったァ!!] テスラの背中は遠い!? 気を抜くな!!

 初代リーフを発売する時、当時のカルロス・ゴーン社長は「リーフの投入によって日産はゼロエミッションのリーダーとなる」と息巻き、「2016年度までに世界で150万台のEVを販売する」と豪語した。だが、実際には7年間で、わずか30万台の累計販売にとどまっている。

 今、EVのリーダーとなっているのは、新興EVベンチャーのテスラだ。負けじと日産はリーフをモデルチェンジし、反撃に出た。初代より商品性を高め、間もなく北米に続いてヨーロッパでも販売を開始する。

 今度は、再び戦略を見直し、なんてことにならないことを祈りたい。

(TEXT/片岡英明)

新型「リーフ」。実は欧州において2018年上半期の電気自動車の販売台数トップ(18000台超)という嬉しい話題も

「ホンダ米国販売が過去最高の164万台を達成。前年比プラス0.2%!」

 アメリカンホンダは2018年1月3日、2017年の米国新車販売の結果を公表した。

 それによると総販売台数は、前年比0.2%増となる過去最高の164万1429台。これで3年連続、前年実績を上回る結果に。

 車種別では、アコードが32万2655台で前年比6.5%減。フィットは、12.7%減の4万9454台だが、シビックは2.8%増の34万7286台と好調。

[ちょっーと待ったァ!!] こちらもライトトラック系が販売をけん引。アコード、フィットはどうだ?

 いち早く北米市場に本格参入したホンダは、3年連続で前年実績を上回るなど、販売は好調だ。けん引しているのはSUVに代表されるライトトラックで、CR-VもHR-V(ヴェゼル)も販売が伸びている。また、パイロットも堅調な伸びを示した。シビックも好調な売れゆきである。

 しかし、北米で好評を博し、ホンダを支え続けてきたアコードは、カムリなどに蹴散らされ失速した。また、フィット・オデッセイも落ち込みが大きい。

 今年は満を持して新型インサイトを送り込む。だが、その販売が予定通りにいかないと、戦略の修正を迫られることになるだろう。

(TEXT/片岡英明)

好調なヴェゼル

「三菱の米国販売は5年連続で増加、ついに10万台超えだ!」

 三菱モータースノースアメリカは2018年1月3日、2017年の米国新車販売の結果を発表。

 総販売台数は2007年以降としては初の10万台超えの10万3686台。前年比は7.7%増となった。これにより5年連続で前年実績を上回る結果に。

 販売台数の内訳は、乗用車3万5117台。SUVなどのライトトラック系は、前年比15%増の6万8569台と好調。なかでもアウトランダーは新型が3万5310台を販売し、前年比は32.8%増と、大きく売り上げを押し上げた。

[ちょっーと待ったァ!!] 数字自体はあくまで微増 エクリプスクロスが突破口になる?

 スキャンダルまみれで求心力を失った三菱自動車が元気を取り戻しつつある。回復が著しいのは北米市場だ。

 2017年は5年連続で前年実績を上回り、久しぶりに10万台超えも記録している。新鮮味がなくなった乗用車の販売は落ち込んだが、SUVなどのライトトラックが好調だったためプラスを保った。

 だが、その実数は微増にとどまっているのが不安材料。今年はブランニューのエクリプスクロスを投入する。北米で人気の高いクロスオーバーSUVだから売りやすいだろう。トータル性能も高い。が、エコに向けた次の一手が見えてこないのは心配だ。

(TEXT/片岡英明)

エクリプスクロス。三菱の切り札となるだろうか?

「テスラEV世界販売、33%増の10万台超え。記録更新です!」

 米国のテスラは1月3日、2017年の世界新車販売台数を公表した。それによると世界新車販売台数は、10万1312台で、2016年を約3万台上回る数字だ。

[ちょっーと待ったァ!!] いや、マジでほんとに大丈夫?

 EVベンチャーでまともに生き残ったのはテスラだけ。そういう意味ではイーロン・マスクの経営力はすごいと思う。株価もびっくりするほど高いし(時価総額はフォードよりデカい)。

 だけど、これからが稼ぎどき! というところで、本命モデル3の量産化につまづいちゃったのはかなりヤバイ。

 事前予約40万台以上! とかぶち上げておきながら、去年の最終四半期に納車されたのは1500台ちょっと。

 自動車メーカーは設備産業だから、工場が回らなくなるとアッというまに借金で首も回らなくなる。今年後半には、資金繰りが相当逼迫すると噂されているけど、大丈夫だろうか?

(TEXT/鈴木直也)

テスラのモデル3。最近なにかと話題が聞こえてきますね

「国内コネクテッドカー関連市場、2025年には2兆円規模に拡大か!」

 矢野経済研究所は、国内コネクテッドカー関連市場の調査を実施。それによると2020年の国内コネクテッドカー関連市場規模は1兆円規模に拡大。

 さらに2025年の同市場規模は2兆円規模となると予測した。

[ちょっーと待ったァ!!] クルマを買う側からみたとき これははたして「良いニュース」なのか?

 ADAS(先進運転支援システム)の進化や、その先の自動運転化に向けて、コネクテッドカーの市場が拡大することは間違いない。

 だけど、クルマがネットにつながるにはお金がかかる。通信ユニットや接続料金、あるいはユーザーのスマホ代。それをひっくるめての2兆円ってことですかね?

 2兆円のうち、ざっくりサーバー側半分、車載側半分で年間500万台とすると、一台あたり20万円の出費。そんなに払いますか? みなさん。

 まぁ、安全や便利はタダじゃ手に入らないにしても、けっこうな物入り。ますます若者がクルマから離れやしないか、心配でござるよ。

(TEXT/鈴木直也)

「初代コネクテッドカー」と銘打たれ登場したトヨタ クラウン

「スバル米国販売は9年連続の記録更新。2017年は64万台!」

 スバルオブアメリカは2018年1月3日、2017年の新車販売の結果を公表した。

 それによると総販売台数は、過去最高の64万7956台。前年比は5.3%増と好調で、9年連続で前年実績を上回る結果となっている。

[ちょっーと待ったァ!!] 彼方の星になってしまいませんように…

 近年のスバル大躍進は北米市場での成功あってのもの。売り上げの6割、利益の8割を北米市場に依存している。

 しかし、スバルの米国販売が9年連続で記録更新というニュースは、メデタイとばかりは言っていられない。ひとつの市場に大きく依存していると、そこでコケた時が大変。自動車産業は小回りがきかないから、市場環境の激変に対応するのがすごく難しいのだ。

 まぁ、そこはスバルもわかっていて、最近は「あえて数を狙わない」作戦を実行。無理な工場増設などをせず、値引きを抑えた堅実な販売でリスクに徹してリスクヘッジしている感じですね。

(TEXT/鈴木直也)

スバルXVクロストレック

「2017年の新車登録台数でトヨタが首位独走! 2位以下を大きく引き離す!」

 国内の2017年の新車登録台数は、前年比4.5%増の339万824台となり、2年連続のプラスとなった。

 車種別でみると、乗用車が同5.1%増の294万3010台で2年連続プラス。このうち、普通乗用車が154万8214台で2年連続プラス、小型乗用車も139万4796台で5年ぶりのプラスとなった。

 メーカー別でみるとトップはトヨタ。155万6301台を記録。2位は日産の40万8560台、となっている。

[ちょっーと待ったァ!!] 昔に比べて、“遊び心”が足りなくなったんじゃないの、クルマ界!!

 トヨタの世界販売台数は、グループ全体では1000万台を超えてトップ水準だ。もちろん日本国内でも最大手で、2017年には約156万台の新車を販売した。

 トヨタの国内市場全体に占めるシェアは30%、小型/普通車に限れば46%に達する。10年前の2007年も同じ比率で、トヨタ車の人気は安定していると言える。

 ただし、それ以前に比べると人気車の顔ぶれが変わった。

 かつてはカローラやクラウンなどのセダンも好調に売れたが、今はプリウス、アクア、C-HR、ヴィッツなど、ハイブリッド車・コンパクトカーに集約されている。

 実用性よりも趣味性で選ばれるのはC-HR程度だ。国内市場全体に言える傾向だが潤いが欠けている。

(TEXT/渡辺陽一郎)

アル/ヴェルがバカ売れ、何はともあれ今年もトヨタが販売トップ?

*   *   *

 いかがでしたか? なんにしてもメーカーさんには、表面的な数字だけじゃなくて、本当の意味でよいクルマづくりを目指してほしいものです。

 それにしてもこのテの話、妙に年明けに目にするのが多いような気がするのは…、おや、誰か来たようです。

 ではでは。

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ