【最新国産車三つ巴対決】SUVに軽・コンパクト…人気ジャンルの最優良車は!?

 車選びは複数モデルを比較して、最終的に1台を選ぶケースがほとんど。もちろん、最初から1車種狙い撃ちという買い方もあるけれど、特に競争の激しいジャンルのモデルたちは実力も拮抗して優劣がわかりづらい。さらに、競合する車種同士を比較検討することで、値引き幅アップを狙えるというメリットもある。

 そうした競合するガチンコの対決からジャンルを飛び越えた対決まで、今注目の国産車を3車種で比較。SUV、軽・コンパクト、ミニバンなど人気ジャンルで選ぶべきモデル、注目車の長所・短所は?

文:片岡英明、国沢光宏、渡辺陽一郎
写真:編集部
Boosterpackdepot 2018年9月10日号


新型フォレスターはCX-5、ハリアーより良い?

【TEXT・評価/片岡英明】

◆エントリーリスト
・スバル フォレスター/280万8000~309万9600円
・トヨタ ハリアー/294万9480~495万3960円
・マツダ CX-5/249万4800~352万6200円

 3車ともクロスオーバーSUVだが、最もラギッド感が強く、オフロードに似合うのはフォレスターだ。

 ハリアーとCX-5はアーバン感覚が強く、オンロード派のイメージが強い。

 実際、悪路や雪道での走破性能は、最低地上高をたっぷりと確保したフォレスター、CX-5、ハリアーの順になる。ハリアーのターボ搭載車は最低地上高160mmだから悪路は捨てた。

■CX-5/全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm、2.2Lディーゼルターボ、JC08モード燃費:18.0km/L ■ハリアー/全長×全幅×全高:4725×1835×1690mm、2L直4 DOHC、JC08モード燃費:16.0km/L

 オンロード性能もフォレスターとCX-5の洗練されたハンドリングが光る。CX-5は新型になってシャキッとした乗り味を手に入れた。

 が、スバルグローバルプラットフォーム(※インプレッサからスバルが採用した新プラットフォーム)を採用したフォレスターは、その上をいく。

 デザインは古典的だが、意外にも走り味は軽やかだ。狙いどおりに気持ちよく走れ、乗り心地を含め、大人っぽいSUVに仕立てられている。

 ハリアーは2Lのターボエンジン搭載車にパフォーマンスダンパーを採用し、スポーティ度を高めた。が、シャシー性能に物足りなさを感じる。ただし、キャビンは居心地がいいし、ハイブリッド車は燃費のよさも群を抜く。

 CX-5にはトルクが豊かなディーゼルターボがあるが、ガソリンエンジンは平凡な実力だ。2.5L同士で比較するとパンチ力、滑らかさ、静粛性など、及ばない点が多い。

 フォレスターは後席の快適性もハリアーと互角のレベルにある。燃費ではライバルに負けているが、アイサイトに代表される先進安全装備は一歩先をいく。トータル性能と買い得感も高いレベルだ。

フォレスター/全長×全幅×全高:4625×1815×1730mm、2.5Lターボ、JC08モード燃費:14.6km/L(X-ブレイク)

◆3車の採点
スバル フォレスター/85
マツダ CX-5/80点
トヨタ ハリアー/75点

軽&コンパクトのNo.1は?

【TEXT・採点/渡辺陽一郎】

◆エントリーリスト
・ホンダ N-BOX/138万5640~208万80円
・日産 ノート e-POWER/190万1880~275万8320円
・トヨタ アクア/178万5640~208万80円

 この3車種は今の売れ筋モデルだ。N-BOXのグレードを「カスタムG EXターボ ホンダセンシング」にすると、価格は約195万円だから、ノート e-POWER「X」(約202万円)、アクア「G」(約205万円)に近づく。

ノートe-POWER/全長×全幅×全高:4100×1695×1520mm、1.2L+モーター、JC08モード燃費:37.2km/L ■アクア/全長×全幅×全高:4050×1695×1455mm、1.5L+モーター、JC08モード燃費:38.0km/L

 居住性や積載性は、軽自動車ながらN-BOXが1位だ。室内幅は狭いが、エンジンルームを短く抑えて有効室内長を伸ばし、天井も高いから大人4名が快適に乗車できる。後席を畳めば自転車も積める。

 2位は僅差でノート e-POWERだ。全高を立体駐車場が使える高さに抑えたから、大きな荷物は積みにくいが、居住性は後席を含めてN-BOXと同等かそれ以上に快適だ。3位はアクアで、天井が低く後ろに向けて傾斜するから、後席と荷室が狭い。

 走行性能はアクアが1位だ。低重心で車両重量は1090kgと軽く、加速が活発だ。安定性も優れ、峠道では機敏な走りを楽しめる。

 2位はノート e-POWER。カーブを曲がる時にはノーマルエンジン車よりも180kg重い1220㎏の車両重量を意識するが、加速感は滑らかでノイズも小さい。3位はN-BOXだ。

 乗り心地は3車種ともに横並び。軽自動車のN-BOXは不利になりそうだが、足回りとシートを巧みに設定して、小型車と同等になった。

 結論は高機能なN-BOXが1位だ。2位は居住性が快適で加速も滑らかなノート e-POWER、3位がアクアになる。

N-BOX/全長×全幅×全高:3395×1475×1815mm、0.66L直3 DOHC、JC08モード燃費:27.0km/L

◆3車の採点
N-BOX/90
ノート e-POWER/78点
アクア/71点

注目のスポーツハッチ、最も魅力的なモデルは?

【TEXT・採点/国沢光宏】

◆エントリーリスト
・スズキ スイフトスポーツ/183万6000~190万6200円
・トヨタ カローラスポーツ/213万8400~241万9200円(1.2Lターボ車)
・日産 ノート NISMO S/232万8480円

 ノーマル状態だけでなく、買ってからアレコレと手を加えていった時のポテンシャルからいえば、もう1秒も迷うことなくスイフトスポーツである。

 例えばエンジン。すでにアフターマーケットで販売されているパーツを見ると、3万6000円の“パワコン(※ブリッツのターボ過給圧制御装置)”買ってポン付けすることにより(そのほかまったく手を加えない)140psから155psになるという。

 これだけ違えばハッキリ体感できることだろう。エンジン本体に手を加えず165ps程度までなら無理なく引き出せる?

 さらにタービン換えるなどベーシックなチューニングをすることで、実用性を損なうことなく180ps/27.5kgmくらいまでイケる。

 今やチューニングを売りにするショップの注目車です。スズキ車を得意にしているモンスタースポーツのエンジンパーツなど楽しみ。車重が軽いため、相当なスポーツハッチに仕上がるんじゃなかろうか。

 さらにサスペンションや車体回りのパーツも続々登場してきており、自分好みのクルマに仕立てられる。

■カローラスポーツ/全長×全幅×全高:4375×1790×1460mm、1.2Lターボ、116ps/18.9kgm(G・2WD) ■ノート NISMO S/全長×全幅×全高:4165×1695×1515mm、1.6L直4 DOHC、140ps/16.6kgm

 カローラスポーツは4万円くらいで買えるポン付けのパワコンが出回っている。なんせノーマルだと116psであまりにショッパい。そいつを130psくらいまでパワーアップさせられるのだった。

 というか、カローラスポーツのボディサイズを考えたら、130psって必要最小限のパワーだと思う。もちろんスポーツハッチというレベルにゃ遠いです。

 ということで残念ながらスイフトスポーツの魅力に届かない。ウワサの1.6L、3気筒ターボエンジン搭載の「GR」待ちか?

 ノートNISMO Sは最初からホットハッチという仕立て。気持ちよく回る1.6Lエンジンに5速MTを組み合わせている。ノーマルで乗るなら最も楽しいかもしれません。

 ただ、スイフトスポーツにポン付けパワコン付けられたら、もうまったく勝てない。しかもノートNISMO Sの場合、NAだからこれ以上パワーアップさせるのも難しいのだった。そもそも車両価格高いし。

 ということで私なら迷うことなくスイフトスポーツを買い、ノートNISMO Sとの価格差でパワーアップしますね。

スイフトスポーツ/全長×全幅×全高:3890×1735×1500mm、1.4Lターボ、140ps/23.4kgm、JC08モード燃費:16.4km/L

◆3車の採点
スイフトスポーツ/85
ノート NISMO S/75点
カローラスポーツ/70点

大人気ハイブリッドボックスミニバン 3強の覇者は?

【TEXT・採点/渡辺陽一郎】

◆エントリーリスト
・日産 セレナe-POWER/296万8920~382万1040円
・ホンダ ステップワゴン スパーダHV/330万480~355万9680円
・トヨタ ノア/ヴォクシーHV/301万4280~326万9160円

 ミニバンで重要な居住性は、セレナの3列目にスライド機能を装着した仕様が1位だ。

 2位はノア/ヴォクシー系の3姉妹車で、3列目の膝先は少し狭いが、床と座面の間隔に余裕があって快適に座れる。

■セレナe-POWER/全長×全幅×全高:4690×1695×1865mm、1.2L+モーター、JC08モード燃費:26.2km/L ■ノアハイブリッド/全長×全幅×全高:4710×1735×1825mm、1.8L+モーター、JC08モード燃費:23.8km/L

 3位はステップワゴンで、頭上と足元の空間は広いのだが、3列目は座面の奥ゆきが1列目よりも80mm短いから座り心地が悪い。

 走行性能はステップワゴンが1位だ。エンジンは主に発電機の作動に使われ、ホイールの駆動はモーターが担当する。加速が滑らかで、性能的にも3Lのガソリンエンジン車に近い。床が低めで重心も下がり、安定性が優れる。

 ほかの2車種は同等だ。セレナはノア/ヴォクシー系3姉妹車に比べて動力性能は少し優れるが、床が70mmほど高いから、走行安定性は見劣りする。操舵感も少し曖昧だ。両車は一長一短になる。

 乗り心地はステップワゴンが1位。2位はセレナ、3位はノア/ヴォクシー系3姉妹車だ。

 緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、ミリ波レーダーと単眼カメラをセンサーに使うステップワゴンが1位。

 2位は単眼カメラのみのセレナで、緊急自動ブレーキの作動上限速度が車両に対しても時速80kmにとどまる。3位はノア/ヴォクシー系3姉妹車で、歩行者を検知できず、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなども備わらない。

 価格はほぼ横並び。そうなると1位はステップワゴン、2位はセレナ、3位はノア/ヴォクシー3姉妹車になる。

ステップワゴンスパーダHV/全長×全幅×全高:4760×1695×1840mm、2L+モーター、JC08モード燃費:25.0km/L

◆3車の採点
ステップワゴン/89
セレナ/74点
ノア/ヴォクシー/70点

最新号

Boosterpackdepot最新号

トヨタ エスティマの大進化|Boosterpackdepot4月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ

купить мужскую сумку

pharmacy24.com.ua

www.start-sport.com.ua