ディーゼルターボランキング 国産車ベスト10 & 輸入車ベスト20!!

 ディーゼルに逆風が吹き始めている。が、燃費効率や維持費といった、お金の面でのメリットのみならず、低速からの太い加速など、よりよい走りを求めてディーゼルに行き着く人は多い。

 だが、国産ディーゼルの選択肢は正直言って狭く、逆に輸入ディーゼルはえらくだだっ広い状況。これにはそれぞれの国・地域の交通事情が深く関わっているわけだが、その詳細は本文の国沢氏に譲るとして、では国産車、輸入車それぞれでディーゼルターボのランキングを作ったらどうなるのだろうか。

 自動車ジャーナリストであり、同時にプロドライバーでもある国沢光宏氏に、国産ディーゼル10選、輸入ディーゼル20選を依頼。また、国産ディーゼルのトップは、ディーゼルの本場ヨーロッパではどの位置にあるのかについても語ってもらった。

※本稿は2017年12月のものです
文:国沢光宏/写真:Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』2018年1月10日号


■1.5L〜3.2Lまで10車種からランキング! 国産車ディーゼルターボ編

 国産車のディーゼルターボ勢はマツダの1.5Lと2.2Lが計6車種、トヨタが2車種、三菱が2車種と、計10車種が揃う。はたしてどのディーゼルターボエンジン搭載車がいいのか?

■総評

 日本車1位はなんといってもアクセラ2.2Lディーゼルターボである。このクルマ、嬉しいことにマニュアル車をラインアップ。車重1440kgと、2.2L搭載車のなかじゃ最軽量。42.8kgmというガソリン車なら4Lに匹敵するトルクを活かし、スポーティモデルのように走ってくれます。ロードスターよりパワフルで楽しいほど。もちろんATだって元気一杯! 燃費だって抜群によく、ハイブリッド並みの経済性を持つ。

 1.5Lディーゼルは、デミオならなんとか納得できるパフォーマンスというイメージ。1300kgを超えるCX-3あたりになると、登り坂でいかんともしがたい。ストレス溜まります。

 SUVディーゼルの4モデルは絶対的な走行性能でいい勝負。そんななか、トヨタのエンジンのほうが基本設計が新しく、低い回転域での騒音&振動で優位にある。10位としたデリカのディーゼルに乗ると、古き良き懐かしい味が残っていて興味深い。蒸気機関車やプロペラ飛行機好きにすすめておく。

国産ディーゼルベスト1のマツダ アクセラスポーツ2.2。マツダのディーゼルターボはアクセラスポーツ、アテンザ、CX‐5に搭載されているがベストはアクセラ!

■ディーゼルエンジン単体での評価は?

 現時点で日本最高のディーゼルエンジンといえば、マツダの2.2Lであることに異論あるまい。175ps/42.8kgm、リッターあたりの出力は80馬力&トルク19.5kgmとなり、ディーゼル激戦区ヨーロッパだと松竹梅という区分の「竹」に相当するパフォーマンスだ。

 参考までに書いておくとBMWやボルボの2Lディーゼルの場合、日本に入ってきているのは190ps/40.8kgmというタイプで、同じ「竹」クラス。その上の「松」クラスになると220ps/45.9kgmを超える。 

 ここまで読んで「やっぱヨーロッパって凄いのね!」と思うかもしれない。凄いんですよ。マツダの2.2Lディーゼルをヨーロッパに持っていくと、平均的なスペック。輸入車ディーゼルのランキングを見てわかるとおり、マツダのエンジンを輸入車の中に入れたら20位にも入らないです。

 改めて日本がディーゼル後進国だということを認識させられる。マツダを除き、ヨーロッパで真っ向勝負に出た日本のメーカーはないからしかたない?

国産ディーゼル2位のマツダ アテンザ 2.2。全長4865×全幅1840mmという大柄なボディ。175ps/42.8kgmの2.2L DTを搭載

■マツダの1.5Lディーゼルターボの評価はなぜ低い?

 という流れからすれば、マツダの1.5Lディーゼルターボの評価の低さは当然だと思う。なんせ105ps/27.5kgmしかない。リッターあたり70㎰/18.4㎏mですから。こらもうヨーロッパだとコスト重視の「梅」級ディーゼル。

 エンジンに共通することながら、出力を抑えたユニットって「薄味」である。マツダの1.5Lも典型的な薄味ディーゼルといっていい。何より105psという絶対的な出力の低さから来るパフォーマンスが物足りない。

国産ディーゼルベスト3 マツダ CX-5 2.2。SUVディーゼルターボのなかではCX-5がベスト。車重1600kg(2WD)

■ランクルやパジェロのディーゼルターボはダメなのか?

 ランクルやパジェロに搭載されるディーゼルは、乗用車用でなく商用車用。そもそも出力より耐久性やコストを最優先している。最も新しいハイラックスの2.4Lですら、リッターあたり63ps/17kgmしかない。パワーが出ていないデミオより一段と低いのだった。

 加えてパワーユニット自体、重くて大きい。カラカラした燃焼音や低い回転域での振動だって大きい。アイドルストップ付いてないのも決定的な課題といっていい。排ガスの処理は尿素式。

■国産車ディーゼルターボランキング

※【関連記事】アテンザは2018年5月に大幅なマイナーチェンジを実施している

■49車種からのベスト20! 輸入車ディーゼルターボ編

 輸入車のディーゼルターボエンジン搭載車は、エンジンの種類は少ないものの、実に49車種に搭載されていた。そのなかからベスト20を選出してもらった。

■総評

 ディーゼルの本場ヨーロッパでは、用途に合わせたスペックが用意されている。BMWを見ても、本国では同じ2L 4気筒ながら150ps、170ps、190psという3タイプをラインアップ。

 PSAグループ(シトロエン)だって2L 4気筒で150psと180psを持つ。基本的にエンジンの味としてパワフルなスペックのほうが濃いし、楽しい。ガソリンエンジンと同じです。

輸入車ディーゼル ベスト1のBMW740d。320ps/69.3kgmの3L直6ディーゼルターボに4WDのxDriveを組み合わせる

 また、4気筒と6気筒というチョイスもある。4気筒でも、ガソリンエンジンに換算して3L程度までのパワーを引き出せるものの、4L級になると難しい。そんな車種に搭載されるのが3L級の6気筒ディーゼル。高価だしエンジンサイズも大きくなる半面、高級感あって超パワフル!

 BMWの3L 直6ディーゼルは69.3kgmもある! 7L級のガソリン車のトルクと同等です。

 BMWに限らず、ベンツもランドローバーもマセラティも3Lディーゼルはすばらしい! 滑らかだし、アクセル踏めば太いトルクがもりもり湧き出てくる。当然の如く順位を付けるなら上位独占だ。

 なかでもBMW740dはディーゼルだと思えないほど静か。どんな基準をもってしても「よい」としか言えない。もちろん燃費は2Lより落ちるが、ガソリンの4L級や3L級より圧倒的に経済的。

輸入車ディーゼル2位のBMWX5。258ps/57.1kgmの3L 直6ディーゼルターボエンジンはトルクフルでダイナミックな走りが味わえる。8速ATとの相性もいい

■2L級のディーゼルターボでいいクルマは? 

 2LディーゼルターボだとBMWとボルボが2トップ。なかでもボルボは同じブロックを使う235ps/49.0kgmという超パワフルなバリエーションまであるため、190psなど余裕。『ポールスター』というロムチューンも用意されており、クリーンな排ガスのまま簡単に200ps/44.9kgmに上がるからすばらしい! 私もV40D4のポールスターを持っているが、速いのなんの!

 ただゴルフなどと同じCセグメントのボディに、4L級ガソリン車と同等のトルク出すエンジン積んだら完全にオーバースペック。エンジンが車体に勝ってしまっている。ホットハッチですね。バランスを重視するならBMW3シリーズあたりがよいかもしれません。

輸入車ディーゼル3位のベンツ GLE350d クーペ。9速AT、ベンツの4WDシステム、4マチックを組み合わせている。クーペとSUVを融合したスタイルも魅力的だ

■ベンツの2.2Lディーゼルの評価が低い理由は?

 ベンツの4気筒ディーゼルの評価が低いのは薄味だからだ。マツダの2.2Kディーゼルに似ています。

■輸入車ディーゼルターボランキング

■関連記事(1)…誤解だらけ!? どれだけEV化が進んでもディーゼルが必要な理由
■関連記事(2)…新型フォレスターから軽トラまで!? 今、賞賛すべき車の注目点 5選
■関連記事(3)…必要か!? 不要か!? なぜ日本でディーゼルは定着しないのか

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ