Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
最高齢自動車ジャーナリスト【御大】三本和彦の「喝」!! | 自動車情報誌「Boosterpackdepot」- boosterpackdepot.info

最高齢自動車ジャーナリスト【御大】三本和彦の「喝」!!

 歯に衣着せぬ評論でお馴じみの1931年生まれの自動車ジャーナリスト、三本和彦さんがBoosterpackdepot本誌で連載の金口木舌(きんこうぼくぜつ)。連載最終回となったBoosterpackdepot2018年8月26号を紹介しよう。

※金口木舌(きんこうぼくぜつ)とは:古代中国で官吏が法律などを民衆に示す際に木鐸(ぼくたく。口が金属、舌が木製の鈴)を鳴らしたことから、優れた言論で社会を教え導く人の例えという意味

文/三本和彦 写真/Boosterpackdepot編集部


■金口木舌①死ぬ前に買う最後のクルマ

 さて、長年こきつかわれてきた連載担当の小野君が異動になるってことで、いったんこの連載をやめることになったわけですが、相変わらず、きついお題ばかりだねえ。

 一発目は「最後のクルマ」だそうです。最後に乗りたい、欲しい、買うクルマってことね。ボクはもうすぐ齢87だから、今乗っているポロが最後でもいいと思ってるんだ。

 これまで免許取ってから40台近く乗ってきたからねえ。もちろん、それぞれ思い出深いけれど、5台思い出深いクルマを挙げるとすれば、スバル360、ホンダN360、ブルーバード510型SSS、ベンツ190D、NSX。

三本さんの奥様、著名な写真家・上野千鶴子さんとスバル360

 スバル360は嫁さんとよくドライブしましたよ。よかったねえ。ホンダNコロ(N360)はやっぱり親父さん(本田宗一郎)が作ったクルマだからねえ。高性能なのに安くて居住性も広かった。いいクルマでした。

 510ブルのSSSは、サファリラリーで走る勇姿を目の当たりにして「これ買った!」と叫んでしまったほど、カッコよかったですね。

 ベンツ190Dはディーゼル好きが高じて2台も買いました。トルク盛り盛りで走りが楽しかったのを覚えています。NSXは、当時の川本信彦社長の心意気、気宇壮大なところをかったわけです。

 で、ボクが最後に買いたいと思っているクルマですが、まだ決めかねています。欲しいクルマが決まり、購入することになったらお知らせしますね。

※三本さんの愛車遍歴ですが「記憶違いもあり、定かではありません」と本人談

■金口木舌②ニッポンの自動車業界はココがダメ!

 続いてのお題は「日本の自動車業界を叱る」。たいそうなお題だねえ。これは頭に血がのぼって茹で蛸になりそうなほど、たくさんあるよ。

 まず最初に言いたいのは、無資格審査問題、燃費偽装に代表される企業の緩みだね。食品偽装事件の時と同様、企業側は一般ユーザーを舐めきっているのがよくわかった。

 そして日本の自動車メーカーが日本市場を軽視していること。そりゃ市場規模を考えればしかたないかもしれないが、ひどすぎる。

 日本市場は、売れない、売れても台数が少ないから軽視して、市場規模の大きい北米市場のユーザーをターゲットに新車開発をする。

 ボクが理想とするのは、その地域ごとに車種、仕様を決める生産方式。その真ん中にいるのは日本です。日本人が考えて日本人が作ったクルマを基本に変えていくのです。中国専用の長いセダンは別として、ドイツ車はドイツ人が、ドイツ基準、欧州基準で作っているでしょ。

 家電も含めて、なんでもそうですが、コスト優先しすぎです。抜群にいい使い勝手のよさはそのままに、コストをかけるところには、かけてくださいよ。

 安っちいはおしまい。夢のあるクルマを!  ボクが20代、30代の頃は、クルマを見て目が踊り、乗って卒倒したもんですよ!

 クルマの形って決まっているようで、決まっていないもの。もっと夢のある奇想天外なデザインのクルマ、もっと速いクルマを作ってほしい。日本車は型にはまりすぎている感じがします。

1971年頃、イタルデザインを創設したジョルジョット・ジウジアーロを取材した時のもの。中央が三本さん

■金口木舌③もう思い残すことはない? 三本氏の「遺言状」

 ボクは今、齢86。この先、いつまで生きられるか正直わかりません。幸い、足がちと悪い以外は、このとおりバリバリ元気ですが、いかんせんあまり外に出歩けなくなってしまいました。連れ出してくれる相棒も少なくなりましたので見聞が狭まっていないかと危惧している次第です。

 で、最後に「遺言状」を書いてくださいと……。実はこれで公開遺言状を書くのは3回目(笑)。今の思いを書き留めてみたいと思います。

 ボクはかろうじて太平洋戦争を乗り越え、戦後、カメラ好き、クルマ好きが高じて、写真を撮って言いたいことを書く、いわばクルマ界のフォトジャーナリストになりました。40代以降はTVKの新車情報を中心に、自動車ジャーナリストとして、好き勝手に言いたいことばかり、言ってきました。

 今思うと、日本のモーターリゼーションの発展をこの目で見てこれたのは本当に幸せでした。1960年代、東京駅八重洲口に小林彰太郎と2人で行ってね。リンカーンが来たから乗ってみようとか、短距離を2人でお金を出し合って乗っていた頃が懐かしい。ボクはその後、新聞社に入り、彼は『カーグラフィック』を作りました。

アメリカ大使館で後に『カーグラフィック』誌を立ち上げる故小林彰太郎氏とともに日本語教師をしていた頃の写真。左が三本和彦氏、右が小林彰太郎氏

 最近、ボクが常々思うのはクルマごとの差がなくなってきたこと。装備であったり、ハンドリングであったり、すべてのクルマは高品質で、言い方は悪いですが、「外れ」のクルマはほぼ見あたりません。果たして普通の人は、スペック表を見たり、ハンドリングがいいか、悪いかなど、気にしているのでしょうか?

 もちろん、Boosterpackdepotを買っていただいている読者は気にしていると思いますが、もう、そういう時代じゃないのは明らかです。

 ボクがこの連載の最後に、遺言状として、日本の自動車雑誌、自動車ジャーナリストに対して、言いたいことを書かせてもらいます。

 海外試乗会にお呼ばれして提灯記事をばらまかないでください。提灯記事じゃないかもしれませんが、一般ユーザーはほぼそう思っていますよ。同じような時期に発売される自動車雑誌にメーカーから配られた同じような写真、同じような記事が載っています。これじゃ自動車雑誌を買わなくなるのは当然だと思います。昔は気骨ある編集者が各誌にいて競い合っていたものです。

 自ら企画して自腹で取材にいって記事を書いてほしいですね。国内でもそうです。メーカーが企画するメディア向けの試乗会では1台の試乗時間は60分、長くても2時間程度でしょう。この短い時間で試乗して評価を下すというのはね。

 そして、もっとメーカーの開発者にケチをつけて、メーカーに媚びを売らない、一般ユーザーの視点に立って原稿を書いてください。常に批判的、四角四面的な記事を書いてくれと言っているのではありません。

 昔と違って今はネット社会。読者の反応がダイレクトに、すぐに帰ってきます。ニセ者はすぐにバレますが、反面ホンモノはより輝くことができます。

 こんな時代にあってもボクがぶしつけ棒を振りかざして怒らなければいけないクルマはまだまだありますし、自動車ジャーナリストが改善すべきと原稿を書いても、マイナーチェンジで改善されていないことも多くなっています。

 若者のクルマ離れ、自動車雑誌が売れなくなっている現実を、業界全体で見つめ直してほしいと思います。

 現在、活動しておられる自動車ジャーナリストのみなさん、そして、未来の自動車ジャーナリストのみなさん、気骨ある自動車ジャーナリズムであってほしいと願っています。

三本和彦さんに色紙を書いて頂きました

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ