Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
【すべて1000万円オーバー!】 お金持ちのSUV vs. ビンボー人のSUV | 自動車情報誌「Boosterpackdepot」- boosterpackdepot.info

【すべて1000万円オーバー!】 お金持ちのSUV vs. ビンボー人のSUV

 SUVはもはやオフロードを走るためのクルマじゃなくて高級さを競い合う格好のアイテムになりました。そういうSUVは買える人も限られるものですが、買えない貧乏人にしてみれば、羨ましい以外にもさまざまな言いたいことがあるようです(ただのやっかみかと思いきや、意外と鋭いところを突いてたりするんです!)。

 そこで今回は金持ちと貧乏人の捉え方の違いを、SUVを題材に探ってみたいと思います。登場するのは、1000万円オーバーの日本で買える高級SUV。リストアップしてみると実に16台。さぁ、果たしてどうなる?

※本稿は2017年のものです。
文・写真:Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』2017年10月10日号


レクサス LX570 1100万円

中身はランクル200だけどブランド変わればこの価格

V8/5.7L/377ps。このエグイ顔つきがこの車の魅力か?

お金持ち視点
 ラグジュアリーな高級SUVもいいけど、どうせお金を出すならこのくらい目立っていたほうがいいでしょう。中身はアラブ諸国でも高い評価を受けるランクル200そのものだから、砂漠も荒野もお手のもの。乗り心地だってエアサスだし、クルマの全方位を見渡せるマルチテレインモニターは他車にはない魅力だ。

ビンボー視点 
 ランクルのトップモデルが683万6400円で買えるのに、レクサスになると途端に1000万円超えか。確かにミッションが8ATになっていたりナビが標準になっているのはわかるけど、ちょっとボリすぎじゃないですか。それと気になる高級車とは思えないその顔つき。なんとかならないものか……。

レンジローバー SVオートバイオグラフィLWB 2944万円

砂漠のロールスロイスはプライスも王者だった!

V8/5Lスーパーチャージャー/550ps。オールアルミボディで重量を抑えたといえどもその重さ約2300kg。それでもJC08モード燃費8.5km/Lは立派な数字だろう

お金持ち視点
 このクルマの魅力はなんといってもその佇まい。乗る人をジェントルマンにしてくれる。そのへんはさすが英国王室ご用達だけありますね。それにロングホイールモデルならリアシートに座る人を最高にもてなしてくれるので、ショーファードリブンも味わえる。エンジンはV8でミッションは8ATだ。

ビンボー視点
 上質な乗り心地と静かさには納得するけど、最近のレンジローバーは高すぎ。先々代までのレンジなら1000万円ちょいで買えたのに、今じゃ最高価格、3000万円近いプライス。なんでそうなった。それにこの手の高級イギリス車に乗ると、紳士になれるみたいな宣伝しているけど、それもね〜、ありえない。

レンジローバー ヴェラールファーストエディション 1526万円

新作ヴェラール、トップモデルは1000万超え!

V6/3Lスーパーチャージャー/380ps。レンジローバースポーツと、イヴォークの間に位置するのがこのクルマのポジション

お金持ち視点
 アバンギャルドなレンジローバーと言われるのがこの新型ヴェラール。イヴォークのようなチョップトップしたようなルーフとの組み合わせは、最近のレンジローバーの売れ線の流れに合わせたものだ。インテリアもシンプルでエレガント。安全装備は車線逸脱警告システム、緊急ブレーキシステムなど装備。

ビンボー視点
 イヴォークが世界的にヒットしたため、そのコンセプトを流用してこのボディに組み合わせたのがこのクルマ。ま、メルセデスがGシリーズに大中小のラインアップを揃えるのと同じやり方だ。自動車メーカーは、基本売れてなんぼの話なのでこうなるが、それなら500万円クラスのレンジを切望!

レンジローバー スポーツSVR 1648万円

ローレンジモデルの2倍?

V8/5Lスーパーチャージャー/550ps。レンジローバーのホイールベースを短縮したスポーツ系SUVだ。

お金持ち視点
 ランドローバーのフラッグシップモデル、レンジローバーをベースに前後のオーバーハングを切り詰めてスポーツ性能を高めた高級SUV。ポジション的にはポルシェカイエンに近い。ただし、佇まいは兄貴分譲りなのでエレガント。レンジローバーならではの味わいを持っている。

ビンボー視点
 イヴォークの登場以来、古さが見え隠れするモデル。無理してレンジローバーに似せているところもあるので、プアマンズレンジみたいに見られるところが痛い。これじゃ俺は金持ちだって自慢できないんじゃないのか。かといってイヴォークに似せることもできず、やっぱ今や中途半端な感じかも。

ベントレー ベンテイガ 2739万円

史上最も贅沢な究極の高級SUV

W12/6Lツインターボ/608ps。VWグループの技術の粋を集めて作られた究極のSUV。そんなわけで価格もとびきり高い

お金持ち視点
 英国紳士ご用達、高級ブランド、ベントレーのSUV。それゆえに贅が尽くされ、本革シートは見えないところまできちんと本革が使われている。エンジンはこれまた驚異のW12気筒で、アダプティブクルコンを持つツーリングスペックの価格は100万円とオプションの値段も桁外れ。

ビンボー視点
 ベントレーは高級なのはわかるけど、W12エンジンはVWの流用、プラットフォームも新型カイエンと共用、ガワだけ変えて2739万円の値段をつけるのはちょっと強気すぎ。単に移動するための乗り物にここまでお金を出せるのがベントレーオーナーなのか。いや、いいですけどね(やっかみになってしまいました)。

ポルシェ カイエンターボ S 2273万円

高級SUVの火付け役 兄弟の中で唯一V8を搭載

V8/4.8Lツインターボ/570ps

お金持ち視点
 走りを追求するポルシェならではのSUV。フラッグシップエンジンは、V8、4.8リッターのツインターボだ。重量も2トンをオーバーしているが、スポーティな走りはまったく大きさを感じさせない。もちろん街中での注目度は抜群。スポーツカー好きが乗っていると見られること必至。

ビンボー視点
 初代モデルほどインパクトがないのが現行モデル。デザインがおとなしくなった感じで迫力に欠けるかも。それにハンカチ王子、斎藤佑樹が「カイエン欲しい」と誰かにおねだりしてから、イメージはガタ落ち。最近は「なにカイエンでカッコつけてんだよ」と見られるのがオチだ。

ポルシェ マカンターボパフォーマンス 1194万円

エクストレイルクラスでもポルシェの名がつけば1000万円オーバー

V6/3.6Lツインターボ/440ps。カイエンのイメージをそのままに、全長470mmに収めたモデル。しかし全幅は1925mmもあって狭い市街地では注意が必要

お金持ち視点
 エントリーモデルは699万円から用意されるマカンだが、ターボ系は1000万円超え。トップモデルはターボパフォーマンスの1194万円だ。カイエンよりもボディが少々小さいために、取り回し性もよく、それでいながら高い運動性を発揮できる。

ビンボー視点
 一般の人から見ると、カイエンそっくりなので、それが逆にプアマンズカイエンに見られることも。「な〜んだ、カイエン買えないからマカンにしたのか」と思われてしまうのが残念だ。それにマカンも、日本ハムの斎藤投手問題を引きずっていて「なにカッコつけてんだよ」ってことに……。

BMW X6 M 1672万円

Mのバッヂがつけば走りも違うが値段も違う!

V8/4.4Lツインターボ/575ps。SUVに5ドアハッチバックボディという思い切った組み合わせとなったX6

お金持ち視点
 X5をベースにスタイリッシュな雰囲気を持つSUV。現行型は2代目で、X5をベースにスペシャルなSUVに仕立て上げられている。SUVとしては珍しい5ドアハッチバックボディは、街中で一層映える。目立つことうけあい。「珍しいクルマに乗りたい」という人にはうってつけのクルマ。

ビンボー視点
 SUVのよさのひとつは広い室内空間。だからこれまでSUVはワゴンスタイルだった。けどX6はハッチバックボディ。これ、確実に室内空間を狭くしています。周りからすると、「そこまでしてSUVに乗りたいの」という目で見られてしまう。

BMW X5 M 1645万円

Mのバッヂがつけばローンも3倍!

V8/4.4Lツインターボ/575ps。5シリーズをベースにしたSUV。全車4WDと8速AT

お金持ち視点
 現行モデルで3代目となる人気のモデル。それだけに熟成が進んでいるので、使い勝手のよさも魅力。それにラインアップが14モデルもあるので、予算に合わせてチョイスもできる。ただ14モデル中6モデルが1000万円オーバーだ。新設定されたプラグインハイブリッドは4気筒とは思えないほど滑らか。

ビンボー視点
 ライバルに初代カイエン、トゥアレグ、Q7しかなかった頃は魅力いっぱいだったけど、最近はライバルも多くて魅力薄(X6も含めて)。そんなクルマに1000万円オーバーを出せるのか? それに最近のBMWのセダンと比較してもデザインテイストが古い感じ。次期モデルまで待とう。

メルセデスベンツ AMG GLS 4マチック 1900万円

メルセデスのビッグクラスSUVは値段もビッグ!

V8/5.5Lツインターボ/585ps。Gクラスを除いたベンツ乗用車系SUVのフラグシップモデル。走りも質感も最上級だ

お金持ち視点
 MクラスがGLEになったのと同じようにかつてGLクラスと呼ばれていたクルマが、マイチェンを機にGLSとなった。Mクラスのホイールベースを延長して大型化させているので、全長を伸ばし3列シートの7人乗りとなっている。なのでミニバンのように多人数乗車にも使えるというメリット、いいじゃない。

ビンボー視点
 乗用車系のフラッグシップのわりには迫力のないボディデザイン。ワゴン型のボディを単に見れば、格下のランクル200とそう変わらないんじゃないか。かといってGクラスと比べても力強さではGクラスのほうが上。う〜ん、この中途半端さ感がハンパない。値段に見合ってないぜ。

メルセデスベンツ AMG GLE63S 4マチック クーペ 1780万円

BMWに続いてメルセデスのSUVクーペモデル

V8/5.5Lツインターボ/585ps。X6が売れたのを見てメルセデスがリリースしたハッチバックSUV

お金持ち視点
 下のGLEをベースにしてハッチバックスタイルにしたSUV。X6同様にスタイリッシュなSUVに乗りたいという人がターゲット。ディーゼルはかろうじて1000万円以内に収まっているが、GLEクーペ43とAMGは1000万円オーバー。もちろんGLEよりも価格設定は高めでスノッブだね。

ビンボー視点
 X6が売れたからベンツも真似しましたという感じもあって、ベンツのイメージ少々ダウン。ベンツは真似なんかしないで独自の路線を貫いてほしい。それに合理性を重視するベンツなのに、なんで室内空間では不利になるハッチバックを取り入れたのかについても?マークがつくぞ。がんばってくれよ。

メルセデスベンツ GLE63 4マチック 1740万円

メルセデスが生んだ先進の安全装備満載のSUV

V8/5.5Lツインターボ/585ps。かつてのMクラスからビッグマイチェンで誕生したのがGLE。現行モデルは3代目で、日本には2015年10月から導入がはじまった

お金持ち視点
 もともとはアメリカ市場をターゲットにして、アメリカで生産されていたモデル。それがSUV人気の高まりを受けて現行モデルまで成長した。現行モデルの注目ポイントはレーダーやセンサーを利用した数々の安全デバイスを持つこと。レーダーセイフティパッケージは全グレードに標準装備。安いね〜。

ビンボー視点
 日本市場でのグレードバリエーションは5モデル。そのうちガソリンモデルの2車種が1000万円オーバーとなる。ビッグマイチェンで顔つきは変わったものの、全体のフォルムが変わっていないので、一新されたイメージは希薄。そんなクルマに1000万円投入できるか、と貧乏人は思ってしまうのです。

メルセデスベンツ G65AMG 3564万円

走るハードゲイHG? 泣く子も黙るゲレンデバーゲン

V12/6Lツインターボ/630ps。四半世紀にわたって作り続けられるキングオブクロスカントリー

お金持ち視点
 麻布や代官山などオシャレタウンで超人気のクルマ。時代を超越したその無骨なスタイルがなにより人気の秘密だ。それでいながら中身は年々アップデートされているので、初期モデルのようなシンプルさはなく、インテリアはもはやSクラス並でグッド!

ビンボー視点
 このクルマがオシャレな人にウケていたのは5年前まで、今ではすっかりオラオラ系に人気のクルマになってしまった。特に黒いボディのGクラスはそんなイメージが強い。高速道路でGクラスに後ろに付かれると思わず道を譲るという人も多い。嗚呼、いつからそうなった?

※ベンツGクラスは今年6月、約40年ぶりにモデルチェンジ。ただし今回この記事で紹介している型も継続して販売されている。

マセラティ レヴァンテS 1279万円

フィアットグループが放つ高級スポーツSUV

V6/3Lツインターボ/430ps。ついにマセラティからもSUV登場。意外にも価格はリーズナブルで、エントリーモデルは976万9090円

お金持ち視点
 イタリアの名門ブランド、マセラティ初のSUV。全長が5mをオーバーしているものの、流麗なデザインによってその大きさを感じさせない。ドイツやアメリカのSUVには見られない、オシャレ感覚のSUVはこのクルマならではの魅力。Gクラスの次に来るSUVはこれだ!

ビンボー視点
 マセラティは、フェラーリ同等のブランド。でもこのレヴァンテ、比較的リーズナブルな価格設定。これってマセラティのブランドの魅力を落としているような印象だ。マセラティのブランド力なら、もっと高い値付けをした方がよかったのでは。これ、貧乏人の妄想なのかな〜。

キャデラック エスカレードプラチナム 1360万円

アメリカンラグジュアリーSUVの最右翼

V8/6.2L/426ps。大陸を悠々自適に走るベストなSUVがエスカレードだ

お金持ち視点
 スポーティ性や使い勝手がどうだとか言っているのは貧乏人だけ。乗り心地が最高で、あえてエアサスを採用しない壊れない設計はエスカレードのアメリカで求められる設計。もちろん丈夫なラダーフレーム構造だ。そういう一つひとつを忠実に実現しているのがこのクルマ。

ビンボー視点
 アメリカで使うならともかく、日本では重すぎでデカすぎでしょ。全長5mオーバーは絶対持て余す。それにいまどき大排気量なんて不経済。キャデラックの他のモデルはダウンサイジング進んでいるのに、エスカレードだけは遅れている感じ。すべてに無駄が多すぎる。

ボルボ XC90 T8ツインエンジンAWDエクセレンス 1299万円

お洒落なインテリアも魅力 北欧を代表する高級SUV

直4/2Lターボ&スーパーチャージャープラグインハイブリッド/318㎰。プラグインハイブリッドがトップモデルとなるボルボのX90。先進の機構も魅力だが、内外のデザインもこのクルマならではだ

お金持ち視点
 北欧のおしゃれな感じ、いいじゃないですか。ドイツのように無骨じゃないし、日本のようにダサくない。SUVというと泥臭いイメージがあるけど、ボルボはそんなイメージとは無縁。こういう感覚わかるのは、生活に余裕のある人だけだからね。貧乏人には理解できないだろうな〜。

ビンボー視点
 北欧デザインかなにか知らないけど、いけ好かないな〜。カッコつけすぎでしょ。イケアの家具みたいのもいいかもしれないけど、日本人ならニトリのほうがスッキリくるんじゃないの。このクルマに乗るなら、建売木造住宅は似合わない。せめて打ちっぱなしの外観が必要でしょ。

まとめ

 世界的に人気のSUVですが、この人気はまだまだ続きそう。そうなると各社SUVのフルラインアップ化が進むことが必須。しかしながら、高額車がゴロゴロあってもつぶし合いになるので、将来的には高額車は現状の車種数を維持すると思われる。ただ、モデルサイクルは早まる可能性大!


【番外コラム】2018年はこんな超高級SUVも登場済み!!!

 世界的なSUVブームに乗って、ついにあのランボルギーニもSUVマーケットに参戦。その第一陣となったのがウルスだ(2月発表)。パワーユニットは同陣営のアウディから移植される4LのV8ユニットで、最高出力650ps。さらにロールスロイスからは5月にカリナンが発表されている。

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ