軽だけ? ミニバンだけ? ホンダのスポーツ魂は今も生きているのか?

 ホンダといえばF1をはじめモータースポーツでの活躍をはじめ、市販車でもスポーツカーを精力的に生み出してきたメーカーだ。

 しかしここ数年、ホンダはミニバンや大ヒットのN-BOXをはじめとした軽自動車開発に傾倒している、なんて批判もある。

 S660はまだしも、NSXや実質的に500万円になるシビックタイプRなど、現行スポーツカーへの敷居が高いのも問題だ。そこで今回スポーツカーに詳しいモータージャーナリストの岡本幸一郎氏に依頼し、その歴史と現在をみていこう。

文:岡本幸一郎/写真:池之平昌信、ホンダ


■世界で戦った技術がホンダのスポーツカーに繋がった

 ブランドイメージというのは一朝一夕で出来上がるものではない。長い時間をかけて、そのブランドがこれまで何をやってきたか、今なにをやっているかによって形成される。

 その点、スポーツカーイメージにおいて異彩を放つのがホンダである。実はホンダはこれまで、それほど多くのスポーツカーを手がけてきたわけではない。

 いざ数えてみても、これだけかという気もしなくないほどだ。しかし、世界を凌駕した2輪での名声はもとより、4輪でも非常に印象深いモデルがいくつもあるので、それがホンダのスポーツイメージの確立につながったといえる。

 日本の自動車メーカーとしては最後発となるホンダだが、2輪での成功を礎にSシリーズで4輪に参入をはたしたのが1963年のこと。

 ほどなくF1に参戦し、日本のモータリゼーション黎明期、「世界のホンダ」と呼ばれるはるか前の、まだホンダが弱小だった時代から世界のトップカテゴリーにおいて2度の優勝を経験する。

 実は当時から1980年代にかけてのホンダには、Sシリーズ以外に、いわゆるスポーツカーらしいクルマはない。

 ただし、普通のカッコをしていて、実はとてつもなくエンジンが速いというクルマは、軽自動車からセダンまでいくつもあった。

 1967年にホンダ初の量産車として発売された軽自動車のN360も、まさしくそうだ。

単なる軽自動車ではなくエンジンがとてつもなく元気だったN360。結果としてこれもスポーティなイメージを醸成した

 1980年代にはVTEC旋風を巻き起こし、いずれもFFだったためスポーツカー=後輪駆動という向きには受け入れられなかったものの、高回転まで爽快に吹け上がるエンジンは高く評価された。

 性能において競合車に対して圧倒的に優位に立とうとするのは、当時からホンダの社是だ。

 今年50歳になった筆者も昔のことはリアルタイムではよく知らないのだが、とにかくホンダはそういうメーカーなんだというイメージはクルマに興味を持った幼少期から刷り込まれている。

 とりわけ80年代後半にF1で打ち立てた数々の金字塔や、90年に送り出した初代NSXによるブランドイメージが絶大であることはいうまでもない。

 それは他のメーカーにとっては欲しくても手に入れられない、とてつもない価値がある。

 その後、90年代半ばからタイプRが一世を風靡し、99年にはひさびさのFRとなるS2000を送り出す。

初代シビックタイプRが登場したのは1997年。それまでNSX専用だった”タイプR”の存在を身近にした

 かなり尖ったスポーツカーであるS2000の9000回転まで回るエンジンと切れ味鋭いハンドリングには衝撃を覚えたものだ。

 ここまで性能を追求するなら、なぜオープンカーのみにしたのかと思ったりしたものだが、そんな一筋縄ではいかないところもホンダらしい。

■1990年代、ホンダはミニバンで成功を収める

 思えばホンダのスポーツカーは、常に“斜め上”を行っていて、いわゆるスポーツカーと聞いてイメージするようなオーソドックスなスポーツカーというのはむしろない。

 やることが極端なところもホンダのスポーツイメージを牽引しているに違いない。

 そんなホンダは、1994年発売のオデッセイのヒットを転機に、以降もステップワゴン、ストリーム、S-MXなど、フィット、最近ではNシリーズなど、実用車立て続けにヒットさせる。

初代NSXはあのセナがアドバイスをしたという名車。不況も乗り越え、ついに2代目となって復活する

 逆にタイプRブームは終焉を迎え、F1からも撤退し、V10を積んで出る予定だった幻のNSXのことなどもあって、すっかりミニバンや最近では軽自動車が主体のメーカーになったようなイメージもあるが、それはたまたまミニバンや軽自動車であまりにも成功してしまったからにすぎないように思う。

 スポーツカーを手がけるのが難しい局面を迎えた時期にもCR-Zのようなクルマを出したあたりからも、ホンダの根底に流れる精神がうかがえる。

 また、モータースポーツにかける情熱やスタンスが日本の他のメーカーとは一線を画しているのもホンダならではである。

 F1についても、中断期間はあったものの、体制を整えて復帰をはたしたのは相当なことだ。あとは成績がついてくれば申し分ない。

 その他、2輪はもちろん、4輪でもINDYや国内外のツーリングカーレースにも積極的に参戦して好成績を収めている。

 過去の栄光だけでなく現在の一連の取り組みもホンダのスポーツイメージに寄与していることはいうまでもない。

 市販車についても現時点では、NSX、S660、シビックタイプRという、いずれも特徴的なスポーツカーをランアップしているのはご存じのとおりだ。

「FF市販車ニュル最速」。タイプRの存在意義は変わったにしてもタイプRの魂は現代も生き続ける

 NSXは、価格も性能も日本車の常識を超えた、はるか高嶺の花になったのはご存知のとおりだが、こういうクルマをつくろうと考え、それを実現してしまうところがホンダらしい。それはホンダジェットにも通じるものがある。

 一方のS660は、スポーツカーの原点といえる純粋に乗って楽しいクルマをと企画されたものだ。いろいろなアイデアがあった中で、こうした案が選出されるのも、これまたホンダらしい。

 あるいはシビックタイプRも、FF世界最速の座をかけてライバルとしのぎを削る姿には、当初はなぜFFで? という気もしたのだが、ホンダの手持ちのリソースで実力の高さを世界に向けて証明できるものとして、大きな価値がある。

 こうして見ると、やはりいわゆる”普通”のスポーツカーがないところが、かえってホンダらしく思えてくるほどだ。

 ビジネスとしては実用車が主体となるのは、今の時代は当然だ。そんな中でも、こうして際立つスポーツカーを企画し、世に送り出せる素地があるところが、ホンダのユニークセールスポイントに違いない。

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ