アルファード/ヴェルファイアだけじゃない!! Lクラスミニバンの賢い選び方

 ミニバンを選ぶとなると快適性、積載性、経済性など多くの要素で実は悩みがち。特に高価格帯のLクラスミニバンとなると、ユーザーのハードルもどんどん高くなるのが常。

 しかし雑誌を見てもアルファードとヴェルファイアがベストと書かれているのがほとんどなのも事実。そこで今回は意外にも多くあるLクラスミニバンの選択肢とその理由に迫ります。

文:渡辺陽一郎/写真:Boosterpackdepot編集部


■3列目はオデッセイが圧勝!! 多人数乗車の快適性で選ぶ場合

 日本で人気の高いカテゴリーに3列シートのミニバンがある。売れ筋は1.5Lエンジンを搭載するコンパクトサイズと、1.5Lターボや2Lのノーマルガソリンエンジンを積んだミドルサイズだ。

 今回の企画では全長が4800mm、全幅も1800mmを上まわるLサイズにも注目したい。ここでは3つのニーズを挙げて、最適なLサイズミニバンを考える。

 まず5名以上の多人数乗車を快適に行いたいなら、ホンダオデッセイがベストチョイスだ。

 車内の広さはトヨタヴェルファイア&アルファードが勝り、1/2列目シートの居住性は同程度だが、3列目の座り心地はオデッセイの圧勝になる。

エリシオンなき後はホンダミニバンラインアップのフラッグシップとなるオデッセイ。ミニバンとしては全高も低く走りも意識している
エリシオンなき後はホンダミニバンラインアップのフラッグシップとなるオデッセイ。ミニバンとしては全高も低く走りも意識している

 正確な表現をすれば、ヴェルファイア&アルファードの3列目は、頭上と足元の空間が広いものの座り心地に不満が伴う。2列目に比べると床と座面の間隔が不足して、足を前方に投げ出す座り方になりやすい。

 座面の造りも平板だからサポート性が悪い。1/2列目は快適なのに、3列目に座ると、左右に跳ね上げて格納することを重視した造りが明確に露呈する。

 また3列目は座面の奥行寸法も432mmと短く、サポート性にも不満が生じた。その点でオデッセイの3列目は、床と座面の間隔が適度に確保され、座面の前側を持ち上げたから大腿部のサポート性もよい。

 座面は程よく柔軟で、奥行寸法は510mmとタップリしているから、ヴェルファイア&アルファードに比べると約80mm長い。

3列目の快適性はトップクラスのオデッセイ。乗降性のよさなど実用性も高い
3列目の快適性はトップクラスのオデッセイ。乗降性のよさなど実用性も高い

 このようにオデッセイの3列目は、国産ミニバンでは座り心地が最も快適だから、多人数乗車を目的としたベストモデルに選んだ。さらにオデッセイでは、2列目のセパレートシートも注目される。

 プレミアム・クレードル・シートと呼ばれ(クレードルはゆりかごの意味)、背もたれを後ろ側に倒すと、座面の前側が連動して持ち上がる。体がシートにスッポリと収まる感覚だ。

 座面の前側を持ち上げるから、小柄な乗員が座ると大腿部が押されたように感じるが、体格がシートに合えば心地好く座れる。

 オデッセイは低床設計だから、フラットフロア構造のハイルーフミニバンとしては乗降性も優秀だ。低床設計を生かして、全高は大半のグレードが1700mm以下だから、低重心で走行安定性も良い。

 このオデッセイの特徴を実感させるグレードは、直噴式の2.4Lエンジンを搭載したアブソルートホンダセンシング(332万6400円/7人乗り)だ。

 スポーティな性格のグレードだから走行安定性も優れ、ミニバンでありながらクルマ好きも満足できる。

■走行安定性で選ぶならメルセデスベンツVクラスもいい

 高速道路における走行安定性と、実用回転域の駆動力で選ぶなら、メルセデスベンツVクラスを推奨したい。標準ボディでも全長が4910mm、全幅は1930mmとワイドで、直進安定性が優れている。

 今は走りに不安を感じるミニバンは少ないが、背が高いから、高速道路に入ると多少の腰高感が生じるのは否めない。雨が降れば、ハンドルの手応えも少し頼りない印象になる。

ドイツ生まれのミニバンVクラス。高速走行時の走りの安定感は抜群だ
ドイツ生まれのミニバンVクラス。高速走行時の安定感は抜群だ

 このあたりがVクラスは安定していて、運転感覚がセダンに近い。1880mmという全高をほとんど意識させない。

 エンジンは全車が直列4気筒2.2Lのクリーンディーゼルターボを搭載しており、これもVクラスの大切な魅力だ。最高出力は163馬力(3800回転)。

 最大トルクは38.7kgm(1400~2400回転)とされ、高回転域の吹き上がりが乏しい代わりに実用回転域の駆動力は高い。このエンジンの性格も、高速道路の巡航に適する。

 JC08モード燃費は15.3km/Lで、軽油の価格はレギュラーガソリンに比べて1L当たり20円ほど安い(2018年7月中旬現時点では、レギュラーガソリン価格が152円/L、軽油は131円/L)。

 そうなるとVクラスの燃料代は、ヴェルファイア&アルファードハイブリッド(JC08モード燃費は18.4km/L)と同程度だ。トルクが高い割に燃料の出費を抑えられるのは、ディーゼルならではのメリットになる。

 シートアレンジは国産ミニバンのように豊富ではないが、座り心地にはガッシリとした重厚感が伴う。

シートアレンジなどは国産勢と比べると物足りない。高速道路での長距離移動などが主目的ならピッタリの1台だ
シートアレンジなどは国産勢と比べると物足りないが、高速道路での長距離移動などが主目的ならピッタリの1台だ。価格もアル/ヴェルのトップグレードと遜色なし

 全幅が1900mmを超えるから市街地での取りまわし性は悪いが、セカンドカーを所有するユーザーが、高速道路の移動を中心に使うなら高効率で快適だ。

 推奨グレードはV220d(636万円)だが、エアロパーツや19インチタイヤに魅力を感じる場合は、V220dスポーツ(680万円)も買い得だ。

■総合評価で選ぶならやはり「アル/ヴェル」がベスト

 総合的な評価が最も高いLサイズミニバンは、高人気のヴェルファイア&アルファードだ。

 先に述べたとおり3列目シートの座り心地はオデッセイが勝るが、車内は全高が1900mmを超えるヴェルファイア&アルファードが圧倒的に広い。

 オデッセイに比べると、大きな荷物も収納しやすい。頭上の空間が広く、開放感が伴うことも特徴だ。インパネを始めとする車内には独特の高級感、艶っぽさが漂い、これは日本のユーザーの共感を呼ぶものだろう。

やはり「アル/ヴェル」の牙城は高い。ミニバンは日本の独壇場と胸を張って言える出来栄えだ
やはり「アル/ヴェル」の牙城は高い。ミニバンは日本の独壇場と胸を張って言える出来栄えだ

 かつてのクラウンで感じたメルセデスベンツやBMWには絶対に不可能なクルマ造り、あの強いインパクトが、今はヴェルファイア&アルファードに宿る。フロントマスクは賛否両論だが、かつてのクラウンと同様、オリジナリティが強い。

 話が横道にズレるが、昔のクラウンがヴェルファイア&アルファードになったと考えれば、先ごろ発売された15代目クラウンの大幅な路線変更と、いいクルマにはなったが中途半端に感じさせる歯切れの悪さも説明が付く。

 ヴェルファイア&アルファードのバリエーションは豊富で、2列目のシートも、グレードに応じて4種類を用意した。

 最上級のエグゼクティブラウンジシートには、大きなアームレスト、電動式オットマン、格納式テーブル、12.1型モニター画面を備えたリヤシートエンターテインメントシステムなどが標準装着される。

キャプテンシートの"王様感"ha
キャプテンシートの”王様感”はすごい。実際に快適なのも大事なポイントになる

 それでも価格の割安感を考慮したベストグレードは、ヴェルファイア2.5Z&アルファード2.5S(両車ともに373万5720円/7人乗り)だ。

 直列4気筒2.5Lのノーマルエンジンを搭載して、エアロパーツや18インチアルミホイールを標準装着することにより、内外装の質感と走行安定性を向上させた。その割に価格が安く、人気のグレードになっている。

※日産エルグランドが選出外の理由(編集部追加取材)
 エルグランドが選出外の理由は、2列目キャプテンシートのシートベルトがピラー留めされているのが主な理由だ。リクライニングをしている際に身体とベルトの間に隙間ができるなど、安全性に不安が残ると渡辺氏はいう

最新号

Boosterpackdepot最新号

トヨタ エスティマの大進化|Boosterpackdepot4月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ

renault.niko.ua

www.niko-centre.kiev.ua/model/pajero-sport/

mazda.niko.ua