自動車税にモノ申す!! モリゾウが吠える!! 豊田章男新自工会会長に聞いた

 一般社団法人日本自動車工業会、通称「自工会」と呼ばれる団体が日本にはある。日本の基幹産業でもある自動車メーカーを会員とした団体だ。

 その「長」となるのが自工会会長になるのだが、2018年5月に豊田章男氏(トヨタ自動車社長)が就任した。自身2度目の自工会会長(任期2年)に就任したいま、なにを考えて、なにを生み出そうとしているのか?

 今回はBoosterpackdepotが豊田章男自工会会長にインタビュー。その答えやいかに!?

文:Boosterpackdepot編集部/写真:西尾タクト
Boosterpackdepot2018年7月26日号


■「高すぎる自動車税をなんとかしなければなりません」

Q1. 自動車の税金についてどうお考えですか?

  自工会の役目は”絶対に”税金対策、高すぎる税金をなんとかしなければなりません。

 とにかく日本の自動車関係の税金はとんでもなく高いんです。政治家は取りやすいから自動車ユーザーから取っているんです。

 例えばユーザーの皆さんが自動車会社決算発表を見た時にどの自動車メーカーも儲かっているじゃないか! 自動車会社がもっと税金を払えばいいじゃないかと思う人は多いはずです。

自動車税について強い意志のある豊田会長。ユーザーの負担低減を第一に考えてくれている
自動車税について強い意志のある豊田会長。ユーザーの負担低減を第一に考えてくれている

 そうじゃないんだ、日本が特別なんだということです。全部、軽自動車に合わせれば国際基準になります。地方では軽自動車は”公共の乗り物”ですから軽の税金を上げるなんて絶対ダメです。

 普通車を軽自動車並みにすることで国際基準になります。これをとにかくなんとかしたい。

Q2. 東京モーターショーについてのお考えは?

 東京モーターショーは幕張メッセから東京ビッグサイトに会場を移し、時間を延長するなどしてきました。ただ日本の市場がシュリンクしているため、海外メーカーにとって魅力がなくなりました。

 マーケティングから見た場合、魅力がなくなってきたということを我々は真摯に受けとめなければなりません。

 ではネット世代の若い人たちは”クルマ”に興味がないかといえば、そうじゃないと思います。

 例えばeスポーツは世界中の若者に人気ですよ。各国の予選を勝ち上がってきた若者たちを呼んでeスポーツの世界選手権を東京モーターショーと組み合わせてできないか?

 できるかどうかわかりませんが、そういった柔軟な発想を持って、我々自工会側も変わらなくてはならないと思います。

Q3.東京モーターフェスは今後どうなりますか?

 東京モーターショーが開催されない年に東京モーターフェスをやってきました。あれは私が前回自工会会長だった時に始めたものです。

 2年に一回じゃもったいないということで始めました。これまで3回やってきていいこともあれば、マンネリの部分もあるように思いますが、続けたらいいと思います。

 ただ自工会会長として反省すべき点があるとすれば、もう少し現場に寄り添うことです。というのもモーターフェスにかぎらず、2年に一度自工会会長が変わるたびに現場が振り回されていることも事実なんです。

東京モーターショーはどんどん寂しくなっている実感も受ける。モーターフェスとの相乗効果で再興なるか?
東京モーターショーは輸入車の出店も減り、どんどん寂しくなっている実感も受ける。モーターフェスとの相乗効果で再興なるか?

 結果的にせよ、振り回すことになればクルマを愛するお客さんにメリットは生まれませんから、2度目の今回は現場の声を吸い上げ、しっかりと応援していきたいと思います。

 さきほどマンネリと申しましたが、ファンの価値観は変わっていますから、一度やったことはもう当たり前になります。ですから、常に期待を超えたものをやっていきたいと思います。

 東京モーターショーにせよ、東京モーターフェスにせよ、「クルマファンを増やすこと」と「クルマに対する理解を深めてもらうこと」の2点が目的ですから、それをぶらさずにやっていきたいと思います。

■えっ、豊田会長はゴールド免許ではなかった!?

Q4. モリゾウさんとして多くのファンに愛されているのが印象的ですが、今後の活動はどんな方針ですか?

 これは自己アピールだととられるといやなんですが、トヨタの社長ではなく、「モリゾウ」にはいろんな人が話しかけてくれます。

 例えばサーキットならNISMOの片桐社長がニコニコ話しかけてくれます。東京モーターショーでもいろんなブースにお邪魔できるのも「モリゾウ」だからです。

 たいへんありがたいと思うんですが、そのいっぽうでモリゾウ君の孤軍奮闘だけじゃかわいそうなんです。もう少し各社の連携やメディアへのアピールを上手にできるアイデアはないのかと思います。

Q5. 富士24時間耐久レースの印象はいかがでしたか?

 ドライバーはアマチュアとプロ、それぞれが役割分担をしていて観客もまた参加型。観客が子どもを連れ、テントに泊まって和気藹々としてとてもいい雰囲気。

2018年6月に50年ぶりの富士開催となった24時間レース。ご子息の豊田大輔選手も参戦するとあり、豊田会長も駆け付けた
2018年6月に50年ぶりの富士開催となった24時間レース。ご子息の豊田大輔選手も参戦するとあり、豊田会長も駆け付けた(写真:池之平昌信)

 ほんとうにニュルブルクリンク24時間レースのようで、続けて欲しいなと思いました。今後モータースポーツは特別にしない工夫が必要だと思います。

 ところでモリゾウはパドックの裏で準備運動していましたが、どのチームからも声がかかりませんでした(笑)。

Q6. 映画『OVER DRIVE』について一言お願いします

 モリゾウとして出場しているラリーチャレンジはここ数年どんどん盛り上がりをみせています。出場選手も見にこられる方も増えています。

 『OVER DRIVE』というラリーを題材にした映画が公開されました。この映画はWRCの見学の仕方の手本といっていいかもしれません。

 お台場のレインボーブリッジをラリーカーが走るなんて考えられないことですが、みんなやりたい、これっていいなと思うはずなんです。

念願のWRC日本開催はすでに間近となっているが……
念願のWRC日本開催はすでに間近と予定されているが……。真剣佑効果なるか!?(写真:トヨタ)

 モータースポーツに詳しくなくても心が動く、なんとなくWRCへの興味が湧いていく、それでいいと思うんです。もちろん新田真剣佑さんの裸が見られるからでもいいんです(笑)

Q7. ゴールド免許のメリットを作りたいとのことですが

 自工会会長というよりも個人的にはゴールド免許を持っていてもなんのメリットもなしでは意味がありません。例えば税金がただになるとか!? 何か案があると思います。ちなみに私はゴールド免許じゃありませんよ。

 いつももうちょっとのところで、コンコンとあまり仲よくなりたくない人が近づいてくるんですよ(笑)。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ