人気車は実力車か!? ミドルSUV 最新ランキング

 街乗りからアウトドアまで。ファミリーユースにも使え、荷物もしっかり積める、そんなマルチな使い方に応えるのが、ミドルクラスのSUVだ。トヨタ、日産、マツダ、スバル、三菱と各社のモデルが揃うなか、2018年にはフォレスターの新型、CR-Vの国内再導入も控えるなど、ますます活況の激戦区。その最新モデルの実力は、人気通りなのか!? 

文:松田秀士、BoosterpackdepotWeb編集部
写真:編集部
Boosterpackdepot 2018年5月10日号


“人気”ではCX-5がトップ

 今回はボディ全長4500mm以上4800mm未満のモデルを、ミドルSUVとした。国産車で、この条件に合致するエントリーモデルを、2018年3月の販売台数順に並べたものが以下の車種だ。

・マツダ CX-5/9289台
・日産 エクストレイル/8220台
・トヨタ ハリアー/6570台
・レクサス NX/2312台
・スバル フォレスター/2174台
・三菱 アウトランダー PHEV/665台
・三菱 アウトランダー/343台

 さて、注目のランキングは、この販売台数通り上位にランクインした車があれば、販売順を大きく上回った“実力派”も登場する結果となった。

注目のトップ2は対照的なモデルに

■ミドルSUV(全長4500-4800mm未満)ランキング

1位:マツダ CX-5
2位:レクサス NX
3位:三菱 アウトランダーPHEV
4位:トヨタ ハリアー
5位:日産 エクストレイル
6位:スバル フォレスター(※現行型)
7位:三菱 アウトランダー(ガソリン車)

1位:CX-5/全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm、価格:249万4800-352万6200円
1位:CX-5/全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm、価格:249万4800-352万6200円

 第2世代となり大きく進化したCX-5を1位にしたのは、コストパフォーマンス、静粛性を含めて総合力で高得点。そしてディーゼルエンジンを採用していること。

 ディーゼルは、経済性を含めた環境性能はもちろんのこと、日本の国全体として原油の総輸入量削減を手助けする。日本は現在軽油が余っていて輸出をするほど。つまりディーゼルエンジンが増えて、ガソリン車が減れば原油の総輸入量を減らすことができるのだ。

 さらにフォルクスワーゲンも表明しているように、将来的にだが再生可能燃料で走らせることができる。つまり、原油に頼らなくてもエネルギーを手に入れることができる。この部分はEVと共通しています。

2位:レクサス NX/全長×全幅×全高:4640×1845×1645mm、価格:440万-596万円
2位:レクサス NX/全長×全幅×全高:4640×1845×1645mm、価格:440万-596万円

 レクサス NXを2位にしたのは、まずデザインと高級感。しかもハイブリッドモデルがラインアップされている。ラグジュアリーが好きだけど燃費コストは抑えたい、というケチなお金持ちの人には最適です。

販売では苦戦する実力派が3位に

3位:三菱 アウトランダーPHEV/全長×全幅×全高:4695×1800×1710mm、価格:365万9472-478万9260円
3位:三菱 アウトランダーPHEV/全長×全幅×全高:4695×1800×1710mm、価格:365万9472-478万9260円

 アウトランダーPHEVは多人数乗車が可能で、100V AC電源1500Wによってアウトドアの楽しみが広がり、マルチユースが可能なSUVといえばこの車しかありません。

 ご近所の買い物くらいならガソリン使わずEVで走りきる。ま、充電設備のある住まいじゃないと生かしきれませんが。

 ハリアーを4位にしたのはハイブリッド、ガソリン、ガソリンターボモデルと、トヨタらしくマルチな車種選びができるから。

 燃費優先か? 走り優先か? それとも普通のでいいです、って選択のわがままを聞いてくれるトヨタらしい愛を感じる。

 日産 エクストレイル。実はハリアーを5位にしてエクストレイルを4位にしようか迷った。理由はエクストレイルハイブリッドの加速性能がよく、プロパイロットを装備しているから。しかもアウトドアユースにも優れる。アウトランダー同様に遠出派に向いてます。

 フォレスターは、オフロード性能を含めていい車だが、もうすぐフルモデルチェンジを迎える(2018年6月登場予定)。その意味では、今が手に入れ頃の価格かも(現行型はオーダーストップ済みのため現在は在庫販売のみ)?

 このクラスのSUVは見栄を取るか? 実を取るか? で悩むところ。見栄の輸入車よりも国産車にしてよかったという実力車ばかり。

 しっかり悩んで購入していただきたい。

【文・評価/松田秀士】

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ