売れてる? 売れてない? SUV 販売順位&人気車の事情 6選

 今、人気を集めるSUVだが、もちろんすべてのモデルが売れているわけではない。競争が激しいカテゴリーで、支持を受ける“売れているSUV”と“売れていないSUV”は、それぞれどのモデルなのか? 販売台数を見ると、意外な部分も見えてきた。

文:渡辺陽一郎、BoosterpackdepotWeb編集部
写真:編集部
Boosterpackdepot2018年5月10日号


2018年2月のSUV販売ランキング

 今、「売れているSUV」と「売れていないSUV」は、それぞれどのモデルなのか? 【図】は2018年2月の国産SUV販売台数をまとめたもの。トップはトヨタ C-HRの7620台で最下位の26位はレクサス LX570の93台となっている。

【図】2018年2月販売台数ランキング(国産SUV)
【図】2018年2月販売台数ランキング(国産SUV)。自販連発表データ、各メーカー公表値をもとに作成

 最も人気が高いのはC-HR、ヴェゼルと比較的コンパクトなSUVだが、それに続く形で車格が上がるエクストレイル、ハリアーも好調。特にハリアーは2013年末登場で、すでに5年目を迎えるなか人気をキープしている。

 また、フォレスターも新型登場間近ながらトップ10入りと健闘。さらに、ライトなSUVが人気を集めるなか、本格派のランドクルーザープラドが2000台以上を売り上げ、7位にランクインしている点もトピックだ。

 では、こうした“売れているSUV”の人気の理由は何なのか? その「売れ方」にもスポットを当て、6つの焦点の背景に迫る。

【編集部】

C-HRが販売1位を続ける理由

プリウスと同様の新世代プラットフォームを採用するC-HR
プリウスと同様の新世代プラットフォームを採用するC-HR。価格帯もバッティングする

 トヨタ C-HRは、2018年1年間を通してのSUV販売台数ナンバーワン車。その人気の理由はどこにあるのか。

◆  ◆  ◆

 トヨタ全店扱いで店舗数が多いのがまずひとつ。それと4代目プリウスが好き嫌いの分かれるデザインになったことや、コンセプトが同じで飽きられてきて、既存ユーザーがC-HRに流れているという面もあります。

 営業マンもうまく薦めていますが、受け皿になるクルマを用意したトヨタの戦略も鋭いですよね。

 また、2018年11月に前後ランプをLEDにして、流れるウィンカーを付けた特別仕様車を出したのも効いています。

 これまでは上級グレードにオプションで、ベーシックグレードには設定がなかったのですが、割安で付けられるということで、かなり人気を呼んでいます。

C-HRのターボ比率が低い理由

こちらはC-HR ハイブリッド。1.2Lターボ車は4WDのみ、ハイブリッドはFFのみとパワーユニットの組み合わせで駆動方式が変わる
こちらはC-HR ハイブリッド。1.2Lターボ車は4WDのみ、ハイブリッドはFFのみとパワーユニットの組み合わせで駆動方式が変わる

 人気のC-HRだが、1.2L直噴ターボの販売比率は12.5%(2018年2月データ)で、ハイブリッドが圧倒的な人気となっている。なぜか?

◆  ◆  ◆

 オーリスもそうですが、トヨタの直噴ターボは割高なのがまずひとつ。それからターボは4WD専用で、ハイブリッドはFF(前輪駆動)専用になっていて、C-HRのような都会派SUVでは4WDは要らないというユーザーが多いのもその理由に挙げられます。

 もちろん、燃費性能の違いも大きく、JC08モードでハイブリッドが30.2km/L、ターボが15.4km/Lではハイブリッドが人気なのも当然でしょうね。

エクストレイルのハイブリッド比率が低い理由

エクストレイルは
エクストレイルは2LガソリンNAエンジンと、2Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドの2本立て。ともにFF/4WDの駆動方式が選べる

 2018年2月のSUV販売で3位の日産 エクストレイルは、C-HRとは逆にハイブリッド比率が低く、ガソリンエンジンが7割以上を占めている。その理由とは?

◆  ◆  ◆

 現行型になって少し薄れたとはいえ、エクストレイルはオフロード4WDのイメージが強いSUV。それゆえ、ハイブリッドが似合わないと思っているユーザーが多いのでしょう。

 実際、ハイブリッドはウォッシャブルラゲッジでなく、「ガンガン使う」イメージから離れています。

 また、ハイブリッドはJC08モード燃費が20.8km/L、ガソリンエンジンは16.4km/Lと燃費がそれほど向上しないのも避けられる理由でしょう。エクストレイルは、ハイブリッドよりディーゼルのほうが似合いますよね。

ランクルプラドが安定して売れる理由

2009年に発売され、2017年に2度目の大規模改良で外観も一新したプラド。今人気を集めるライトSUVと異なるキャラながら販売は堅調だ
2009年に発売され、2017年に2度目の大規模改良で外観も一新したプラド。今人気を集めるライトSUVと異なるキャラながら販売は堅調だ

 2017年9月にマイナーチェンジして以来、毎月2000台以上をコンスタントに売っているランドクルーザープラド。その人気の理由はどこにある?

◆  ◆  ◆

 待望の自動ブレーキが付き、フロントマスクも豪華になるなど、マイチェンの内容がよかったのが大きい。

 SUVのラインアップは増えていますが、本格的なオフロード4WDは意外に少ないので、そういう車を求める人たちがランクルプラドに集中している感じもしますね。

 それとプラドはリセールバリューが抜群に良い。中古車が海外で高く売れることもあって、5年後の価格残存率が65〜70%と非常に高い。

 だから、新規ユーザーだけでなく、マイナーチェンジ前の現行型ユーザーも乗り替えやすく、販売台数が増える要因になっています。

ハリアーの人気衰えない理由

若年層にも人気が高いハリアーはもともとレクサスRXと同車種だが、現行型からRXとは別のモデルとして独立した
若年層にも人気が高いハリアーはもともとレクサスRXと同車種だったが、現行型はRXとは別のモデルとして独立した

 トヨタ ハリアーは登場から5年目となっても、なお人気。その理由は?

◆  ◆  ◆

 ハリアーは日本市場を重視して作られていて、日本人の好みに合っているんです。それがまず人気の理由のひとつ。

 また今、クラウン以外の高級セダンに魅力的なモデルがなく、価格的、車格的にその受け皿になっているのが日本車でいえばハリアーとアルファード/ヴェルファイアなんだと思います。

 つまり、ちょうどいいポジションにいるということで、CX-8が人気なのも同じ理由のような気がしますね。

フォレスターがモデル末期でも売れている理由

フォレスター
2012年のフォレスターは、スバルの方針に基づいてほぼ毎年改良。2017年の改良ではアイサイトver.3を標準装備した

 2018年6月末にフルモデルチェンジするのにもかかわらず、モデル末期の現行型フォレスターが安定して売れてているのはなぜ?

◆  ◆  ◆

 スバルはマメに改良モデルを出すし、随所で特別仕様車を発売して商品力を落としません。それがまずひとつ。

 それから次期モデルはターボ車の設定がないので、ターボが欲しいユーザーの駆け込み需要が発生している面もあります。値引きも大きいですし、狙い目です。

 現行モデルは4月18日でオーダーストップになる予定ですから、欲しい人は急いだほうがいいですよ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

https://teplostar.kiev.ua

У нашей организации классный портал , он описывает в статьях про radeon rx 570 4gb https://best-mining.com.ua
https://www.biceps-ua.com