1番だけが正義じゃない!! 「2番手車」の実力と売り

1番だけが正義じゃない!! 「2番手車」の実力と売り

 かつて、かのF1ドライバーはエースを差し置いて優勝した後に「ナンバー2にしては上出来だろ?」と言い放った。何事においても「1番手」には注目が集まり、それに次ぐ「2番手」は、日の目を見ないこともしばしば。車においても同じで、トップの車は多く取り上げられる反面、2番手の車はなかなか取り上げられない。そんな2番手の車にも、優れたモノは数多く存在する。本記事では、販売台数における2番手車の実力と売りを、1位の車と比較しながら紹介したい。

文:国沢光宏、清水草一/写真:編集部
Boosterpackdepot2018年4月26日号


86からタントまで2番手も実力派揃い

 本記事では、2017年12月〜2018年2月の3カ月の月販台数平均値で、各カテゴリーの1位と2位を算出。2位のモデルも1位のモデルに負けず劣らず、“実力車”が多い!

◆  ◆  ◆

■スポーツモデル

・1位/マツダ ロードスター(514台)
・2位/トヨタ 86(359台)

86/全長×全幅×全高:4240×1775×1320mm、エンジン:2L水平対向4気筒、207ps/21.6kgm
86/全長×全幅×全高:4240×1775×1320mm、エンジン:2L水平対向4気筒、207ps/21.6kgm

 86が2位という最大の理由は、デビューから6年経っているということに尽きると思う。とはいえロードスターに天下のトヨタが負けてる、ということに驚かされますね。

 ロードスターは決して安くないし、動力性能や実用性だって86優勢。もう少し売れてもいいような気がするの、私だけじゃないだろう。

 6年経ってもデザインは古くないし、ハンドル握ったら楽しい。最近の「高価なモデルを売って利益をあげよう」という戦略で失敗してるのかもしれません。

 逆にお買い得感のある特別仕様車などを出してみたら、受けるんじゃなかろうか。

【国沢光宏】

◆  ◆  ◆

 86は2012年に、ロードスターは2015年に現行型が登場。86は当初、エアコンレスながら199万円のグレードを設定していたが、現在の最安グレードは262万3320円。ロードスターは249万4800円からだが、2+2であることやエンジン排気量を考慮すれば、価格競争力も「1位」に決して劣らない。

■軽スーパーハイトワゴン

・1位 ホンダ N-BOX(1万9329台)
・2位 ダイハツ タント(1万1259台)

タント/全長×全幅×全高:3395×1475×1750mm、エンジン:0.66L直3DOHC、52ps/6.1kgm
タント/全長×全幅×全高:3395×1475×1750mm、エンジン:0.66L直3DOHC、52ps/6.1kgm(※NA車)

 確かにN-BOXは凄い。ボディ剛性の高さや乗り心地の上質感は普通車キラーだし、安全装備もフルスペックだ。

 が、タントこそが「スーパーハイトワゴン」カテゴリーの元祖。初めて初代を見た時、「車内で保育園でも開業するのか!?」と呆れたが、ここまで主流になるとは。

 このところ日本市場販売台数1位をN-BOXが独走中なのはタントあっての賜だ!

 現状、N-BOXとタントを比べると、ボディの作りや乗り味の質感にかなりの差がある。が、タントには左側のセンターピラーがないという魅力がある。

 次期型のタントは、デザインを先代N-BOXのような機能美系にすれば、再逆転も可能と見る。

【清水草一】

◆  ◆  ◆

 初代タントの発売は2003年。初代N-BOX(2011年登場)より8年も前に「スーパーハイトワゴン」という新しいジャンルを生み出した。2番手とはいうものの、平均1万台以上を今も売り続ける優秀なパイオニアだ。

■SUV(コンパクト〜ミドル)

・1位 トヨタ C-HR(6510台)
・2位 ホンダ ヴェゼル(4237台)

ヴェゼル/全長×全幅×全高:4330×1770×1605mm、エンジン:1.5L直4DOHC+モーター、132ps/15.9kgm(※HV 4WD車)
ヴェゼル/全長×全幅×全高:4330×1770×1605mm、エンジン:1.5L直4DOHC+モーター、132ps/15.9kgm、システム出力:152ps(※HV 4WD車)

 コンパクト〜ミドルクラスの国産SUVの上位2台だが、C-HRとヴェゼルは、車格的には違うクラスに属する。C-HRはCセグメント(VW ゴルフ級)でヴェゼルはBセグメント(VW ポロ級)。したがって、ヴェゼルもBセグメントじゃ1位。

 そのうえで、なぜC-HRが売れているのかと販売現場に聞いてみたら「プリウス買いに来たんだけどカッコ悪いからC-HRにしとこう、というユーザーがけっこう多いんです」。上積みぶんがあるワケ。

 いっぽうヴェゼルにゃそういった積み上げ要因なし! そのうえで強大な販売力を持つトヨタがライバルだということを考えれば大健闘。立派な2位だと思う。

【国沢光宏】

◆  ◆  ◆

 C-HRの全長4360mm×全幅1795mmというサイズに対し、ヴェゼルは同4330×1770mmと若干コンパクト。グローバルではホンダ車で3位の販売台数を誇る実力の持ち主でもある。

商用車の「2番手車」は王者に匹敵!?

■軽トラック

・1位 ダイハツ ハイゼット(5634台)
・2位 スズキ キャリイ(4258台)

キャリイ/全長×全幅×全高:3395×1475×1765mm、エンジン:0.66L直3DOHC、50ps/6.4kgm
キャリイ/全長×全幅×全高:3395×1475×1765mm、エンジン:0.66L直3DOHC、50ps/6.4kgm

 正直な話、キャリイもハイゼットトラックも大差なし! 荷台長に始まり、最小回転半径、実用燃費、価格までイーブン。

 なぜハイゼットトラックが1位かといえば“販売力の差”。ダイハツの場合、トヨタ車に乗っている人も直接じゃないけれど入ってくるし、スバルのお客さん達もスズキというよりダイハツに流れ込んでいる傾向。ダイハツとトヨタ、スバルのチームなのだった。

 それを考えたならスズキは孤軍奮闘で肉薄、頑張っていると思う。キャリイ開発チームもキャビンの大きいモデルを準備するなど、ダイハツに負けたくないという意気込みを持っている。

【国沢光宏】

◆  ◆  ◆

 今やスバルがサンバー、三菱がミニキャブ(ミーブ除く)の自社生産から撤退し、ほかに軽トラの自社生産を行うのはホンダのアクティだけ。キャリイはそのアクティに大きく販売でリードし、OEM車として日産、マツダ、三菱にもキャリイを供給。軽トラ界を支える偉大な2番手だ。

■商用バン

・1位/トヨタ ハイエース(3617台)
・2位/日産 NV350(1848台)

NV350キャラバン/全長×全幅×全高:4695×1695×1990mm、エンジン:2.5Lディーゼルターボ、129ps/36.3kgm
NV350キャラバン/全長×全幅×全高:4695×1695×1990mm、エンジン:2.5Lディーゼルターボ、129ps/36.3kgm

 ハイエースは現行モデルがデビューした直後から爆発的ヒット。実際、古くさいスタイルした先代モデルと比べたら圧倒的にカッコいい。

 という状況のなか、キャラバンは先代ハイエースと同じ古くてカッコ悪いスタイルのまま売り続けた。もはやハイエースと先代キャラバンを比べたら、迷うヒトなどいないくらいの「勝てない勝負」だったと思う。

 日産もさすがに「こりゃマズい」と認識したのだろう。押っ取り刀で現行NV350をリリース。圧倒的な出遅れを考えたら頑張ってます。

 しかもコストダウンのため、ボディバリエーションもハイエースより少ないという不利な状況で。客観的に車の評価をすると、案外いい勝負だと考えます。

【国沢光宏】

◆  ◆  ◆

 2017年7月にはマイナーチェンジを行い、アラウンドビューモニターをオプションで新たに設定するなど細かな改良を続けるNV350は、ハイエースと並ぶ商用バンの二大巨頭だ。

■コンパクトカー

・1位/トヨタ アクア(9636台)
・2位/日産 ノート e-POWER(8041台)

ノート e-POWER/全長×全幅×全高:4100×1695×1520mm、パワーユニット:1.2L直3DOHC+モーター
ノート e-POWER/全長×全幅×全高:4100×1695×1520mm、モーター:109ps/25.9kgm

 ナンバー1はアクア。私は元アクアオーナーなのでその素性のよさは熟知している。高速巡航を除けば不満はナシ。低重心でハンドリングもいい。

 が、車好きとしては2位のノートe-POWERのワンペダルドライブにより惹かれる。

 アクアの電気式無段変速はダイレクト感がないけど、e-POWERはモーター直結なのでギアはなくてもダイレクト。しかもアクセルを離せば回生ブレーキビンビン。

 この2台、販売数も僅差で、販売力を考えたらe-POWERが勝っていると言ってもいい。それだけ、ワンペダルドライブがユーザーに新しい魅力を提供したってことだ。エライ!

【清水草一】

◆  ◆  ◆

 ノートはガソリン車を除いた販売台数でアクアに匹敵するセールスをマーク。モーターパワーを使い、燃費だけでなく新しい運転感覚を表現した唯一無二の存在だ。

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ