ハイブリッドのほうが損する車!? 買い得ガソリン車のススメ

 「ハイブリッドもガソリン車もある」。そうした車において普段スポットライトが当たるのは、“華”のあるハイブリッド車のほうだ。しかし、多くの場合、そんな車種には求めやすい価格のガソリンエンジン車が設定されている場合が多い。少しばかり地味で質素なガソリンエンジンモデルだが、なかなか優秀な経済性のモデルも多数存在!

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、HONDA、SUZUKI


ガソリン車とハイブリッド車の実質的な価格差は?

 エコロジーは損得勘定では語れないが、車は高額商品だから、ユーザーにとって経済性は軽視できない。

 ハイブリッド車の価格は、ノーマルエンジン車に比べると一般的に30~50万円高く、この価格差をどの程度の距離を走れば燃料代の差額で取り戻せるのか。そこも気になるだろう。

 損得勘定を計算する時は、まずハイブリッドとノーマルエンジン搭載車の「実質的な価格差」を調べる。

 カタログの巻末やウェブサイトに掲載される装備品表を見て、装備が似通ったハイブリッドとノーマルエンジン車のグレード同士を比べるとよい。

 知りたいのは「ハイブリッドの価格がいくら高いか」だから、必ずしも購入するグレードで比べる必要はない。比較のしやすさを優先させる。

 ハイブリッドにアルミホイール、ノーマルエンジンにはスチールホイールが装着されている時は、価格差からアルミの金額を差し引く。価格差が40万円で、ハイブリッドにオプション価格が5万円のアルミホイールが標準装着されていたら、実質的な価格差は35万円に縮まる。

トヨタ シエンタもガソリン車とハイブリッドをともに揃える車種のひとつ。ガソリン車は1.5L、ハイブリッドは1.5L+モーターのTHSII
トヨタ シエンタもガソリン車とハイブリッドをともに揃える車種のひとつ。ガソリン車は1.5L、ハイブリッドは1.5L+モーターのTHSII

 さらに、エコカー減税の違いも考慮する。メーカーのホームページには見積りサイトがあって税額を計算できる。前述の例で減税額の違いが3万円とすれば、35万円から3万円を差し引いた32万円が、最終的な実質価格差だ。

 次は1km当たりのガソリン価格を算出する。JC08モード燃費の85%を実用燃費と仮定して、今ならレギュラーガソリン価格は1L当たり140円と考えれば良い。

 ハイブリッドのJC08モード燃費が30km/Lであれば……

・140÷(30×0.85)=5.5円/km

 ノーマルエンジンのJC08モード燃費が20km/Lであれば……

・140÷(20×0.85)=8.2円/km

 つまり、ハイブリッドとノーマルエンジンでは、1km当たり2.7円の差額が生じる。

 そして、先に算出した「32万円(実質価格差)÷2.7円=11.9万km」が、ハイブリッドとノーマルエンジンの実質差額を燃料代の節約で取り戻せる距離だ。

 あくまでも大雑把な概算だが、参考にはなるだろう。

 全般的な傾向として、ボディサイズやエンジン排気量の大きな高価格車ほど、ハイブリッドの価格差を短い距離で取り戻すことができる。

大型車はハイブリッドが「有利」

クラウンロイヤル
クラウン 「2.5 ロイヤルサルーン」の価格は447万6670円、「ハイブリッド ロイヤルサルーン」の価格は502万2000円。その価格差は54万5330円だ

 例えば、クラウン ロイヤルサルーンで、ハイブリッドと2.5Lエンジン車を比べると、4~5万kmでハイブリッドとノーマルエンジン車の価格差が埋まる。

 車両価格の差額は50万円を超えて、装備の違いを補正しても約48万円の違いが残るが、まずエコカー減税で10万円以上の差が付くからだ。さらに燃料代の差額も大きい。

 ハイブリッドにとって好条件が多く、比較的短い距離で取り戻すことが可能になった。

 逆にボディやエンジンの排気量が小さく、価格の安い車種は、ハイブリッドの価格差を取り戻すのが難しい。

 ノーマルエンジンとハイブリッドの価格差は、少なくとも20万円前後に達する。その割にコンパクトな車種では、ノーマルエンジンも燃費を重視して開発され、燃料代の差が開きにくいからだ。

 いい換えればコンパクトな車種では、1.2~1.5Lのノーマルエンジン搭載車のほうが、ハイブリッドよりも経済的な場合が多い。

小型車ではガソリン車の経済性目立つ

フィット
1.3Lガソリンエンジン搭載のフィット 「13G・L ホンダセンシング」は165万3480円、「ハイブリッド・L ホンダセンシング」は207万9000円

 例えばホンダ フィットでは、「ハイブリッド・L ホンダセンシング」と、1.3Lエンジンを搭載した「13G・Lホンダセンシング」で、価格に42万5520円の差がある。

 ただし、ハイブリッドにはナビ装着用スペシャルパッケージなどが装着されてシート生地も上級化する。

 この金額が約12万円に換算されるから、ハイブリッドと1.3Lエンジンの差額は約30万円だ。

 エコカー減税では1.3Lも減税を受けられるが、取得税と同重量税を加えると約5万円の差が生じる。従って最終的な差額は25万円に収まる。

 実用燃費がJC08モードの85%、ガソリン価格140円/1Lで計算すると、1km当たりのガソリン価格はハイブリッドが4.8円、1.3Lのノーマルエンジンは6.7円だ。

 1km当たりの節約は1.9円で、先に挙げた25万円の最終差額を取り戻せるのは13.2万kmを走った頃になる。クラウンの4~5万kmに比べると、約3倍の距離を要する。

 小型ミニバンのシエンタでは、ハイブリッドの価格が1.5Lのノーマルエンジンに比べて、装備差を補正すると約35万円高い。この金額からエコカー減税の差額となる5万6400円を差し引くと約29万4000円が残る。

 一方、1km当たりのガソリン価格は前述の計算でハイブリッドが1km当たり6.1円、ノーマルエンジンは8.1円で2円の差が生じる。29万4000円を取り戻せるのは14.7万kmを走った頃だ。

3種のパワーユニット持つスイフトの買い得車は?

スイフトXG
スイフトは写真の1.2Lガソリン車「XL」が146万3400円、マイルドハイブリッドの「ML」は162万5620円、ストロングハイブリッドの「SL」が194万9400円

 フィットやシエンタに比べて、変則的なのがスイフトだ。NAエンジン、マイルドハイブリッド、フルハイブリッドという3種類のパワートレーンを用意する。

 まず、価格はマイルドハイブリッド車が、NAエンジン車に比べて約10万円高く、エコカー減税による税金は約1万円安い。最終的な差額は9万円だ。

 1km当たりのガソリン代差額は0.9円で、9万円の最終差額は約10万kmで取り戻せる。

 次はマイルドハイブリッドとフルハイブリッドを比べる。フルハイブリッドはマイルドに比べて実質的に約23万円高い。

 税金はフルハイブリッドが2万3000円安く、差額は20万7000円に縮まる。1km当たりのガソリン代差額は0.9円。20万7000円を節約するには23万kmを走らねばならない。

 つまり、スイフトではフルハイブリッドは割高だ。購入して10万km以上を走るつもりならマイルドハイブリッド、1年間の走行距離が1万km以下のユーザーは取り戻すまでに10年以上を要するから、NAエンジン車の方がトクになるだろう。

◆  ◆  ◆

 この損得勘定では、運転感覚の違いは考慮していない。

 フィットの場合であれば、ハイブリッドの動力性能は、1.3Lのノーマルエンジンよりも明らかに勝っている。

 さらにいえば、冒頭でも述べたように、環境/燃費性能はトクをするために向上させるのではない。化石燃料を節約したり、二酸化炭素を含めた排出ガスを抑制することが目的だ。

 従ってここで述べたことは「損得勘定では、こういう選び方も成り立ちます」という考察のひとつに過ぎない。損得勘定を認識された上で、無理のない範囲で、なるべく環境に優しい安全な車を選んでいただきたい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ

www.farm-pump-ua.com

http://oncesearch.com

http://biceps-ua.com