気づけば去っていた愛すべきクルマたちの事情と長所 6選

 日々続々と登場する新型車たち。華やかに登場する新型車のいっぽうで、1世代や短命に終わるもの、さらに伝統に幕を下ろすクルマたちも見られる。新型車は登場するたびに「なぜこの新車が登場したか」、「この新車の特徴は」と多くのメディアで語られるが、生産終了となって新車市場から去ってゆくクルマたちの多くは、ただ何も言わず、何も語られずに去ってゆく。

 そんななか、様々な事情で去っていったモデルのなかで、特に近年「なぜ生産中止となったのか」が語られなかったクルマたち6台を選び、その歴史と特徴、去っていった事情を振り返ってみたい。

「日本の自動車分化を彩った」という意味では、新型車も生産終了車も同じ役割を果たした。時々でよいので、こうして去ってゆくクルマたちのことも思い出してゆきたい。

文:大音安弘


■三菱 ギャランフォルティス 2007〜2015年

三菱ギャランフォルティス
三菱ギャランフォルティス

 三菱にとって、国内最後のオリジナルセダンとなったギャランフォルティスは、2007年8月にデビューした。国内では「ギャラン」の名を受け継いだものの、世界的には7代目ランサーとして投入。この背景には、日本ではコンパクトな6代目ランサーが継続販売されたことがあった。

 ただご存知の通り、「ランエボX」はこのギャランフォルティスがベース。ランエボが特別な存在だったとはいえ、なぜギャランなの? 中身はやっぱりランサーなの? というモヤモヤをユーザーに生んでしまった感は否めない。

 スタイルは、標準車の「エクシード」とスポーティな「スポーツ」を設定するも、2.0Lの自然吸気4気筒エンジンとCVTの組み合わせを基本とするなど、特に目新しさはなかった。

 しかし、翌年に待望のスポーツグレード「ラリーアート」を投入。240ps/350Nmと控えめながらも、DCTタイプのSSTを含め、パワートレインはランエボ譲りとし、走行モード選択が可能な電子制御4WDシステムも備えるなど、かつてのギャランVR-4を連想させるものがあった。

 また2008年12月には若々しいスタイングの5ドアハッチバック「スポーツバック」も追加するも、販売は振るわず、2015年に国内販売を終了した。

 しかしながら、プチランエボともいえるラリーアートは現在もファンに支持されており、標準車とは比較にならないほど高価な価格で取引されている。

■トヨタラクティス 2005〜2016年

トヨタラクティス
トヨタラクティス

 出来る兄を持つ弟の悲哀、とでも言おうか。そんな感情がよぎるのが、ラクティスだ。

 愛らしいスタイルと実用の高さで大ヒットとなったファンカーゴの後続車である。

 サイズもスタイルも近いため、意識していない人もいるかもしれないが、実はラクティスは2世代が存在する。ファンカーゴからバトンを受けた2005年登場の初代と2010年にフルモデルチェンジし、2016年まで生産された2代目だ。

 どちらもヴィッツベースで、サイズを超えた高い機能性を誇ったが、ホンダフィットに加え、日産ノートという強敵が誕生し、次第に存在感を薄めてしまった。

 2代目は、スバルに「トレジア」としてOEM供給されているが、単なるOEMではなく、実はスバルとの共同開発車で、スバル色もしっかり反映されるなど、大げさに言えば、今の86/BRZのような関係であった。

 2代目ラクティスは、福祉車両の一部仕様で形式認定を受けたことから、特装車ならではの登録や車検の手間は省くことを実現。ニーズの高まった車いす仕様車としてニーズを獲得し、働くクルマとしても活躍してくれた。

 実質的な後継車として「ルーミー/タンク」(ダイハツからのOEM供給車)が用意されたが、ユニークでキュートなイメージまでは引き継がれていない。

■トヨタラッシュ/ダイハツビーゴ 2006〜2016年

ダイハツラッシュ
トヨタラッシュ

 地味ながら、生活SUVとして復活の声が高いのが、ラッシュ/ビーゴだ。

 サイズは全長3995×全幅1695×全高1690mmとコンパクト。

 一見「なんちゃってSUV」に見えるが、実はかなり本格派。ビルトインラダーフレームのシャシー、FRベースのセンターデフロック付きフルタイム4WD、悪路走破性を考慮した前後アングルと最低地上高200mm(4WD車)、5速MT(4WD車)、LSD(4WD車)の設定など、ダイハツの小型4WD車開発の歴史が生んだ真面目なオフローダーの一面も持っていた。

 ライバルといえるジムニーシエラはあくまで軽自動車がベースだが、こちらは専用ボディの普通車でエンジンも1.5Lを搭載。小さくとも十分なパワーと快適な居住スペースも確保していたのも魅力だった。

 2006年の発売から10年のロングライフを全うし、残念ながら国内からダイハツのタフな乗用四駆は消滅した。

 しかし、その魂は、海外戦略車である3代目テリオスに受け継がれ、今後も新興国で活躍していく。いや、このプラットフォームがあるなら、SUV人気の今、日本復活も有りだと思うのだが。

 一説によれば新型車の開発は進んでいるという。復活を期待したい。

■日産ラティオ 2012〜2016年

日産ラティオ
日産ラティオ

 サニーの後を埋めるべく、上品さを備えたコンパクトカー、ティーダのセダン版として生まれたティーダラティオは覚えていたが、セダンのみとなったラティオの存在は、正直、この原稿に手を付けるまですっかり忘れていた。

 思い出したのは発表時のことで、第一印象は「地味なビジネスカー」だったことも告白したい。

 よく言えばコンサバなクルマなのだが、その背景には、現行型マーチ同様に、新興国を含めたエントリーセダンの役割を担ったこともある。

 名前と仕様は違えど、アジアを始め、インド、ブラジル、アメリカなど幅広い地域で展開される、まさに日産の顔のひとつ。残念ながら、日本では消滅となったが、他国では現役バリバリなのだ。

 ベーシックセダンとしては作り込まれており、一つ上のクラス並みの車内空間とゴルフバック4つを収納の出来るトランクを確保していた。キャラは薄かったものの、実に真面目なクルマだった。

■日産ムラーノ 2004〜2015年

日産ムラーノ
日産ムラーノ

 早すぎた存在と思えるのが、日産の都市型高級クロスオーバーSUVのムラーノだ。

 ライバルとなるトヨタハリアーが“ちょいワル”といわれるように都市型でもSUVらしいワイルドさを意識しているのに対して、ムラーノは飽くまでファッショナブルを貫いた。クロスオーバーの本場、アメリカの都市に映える洗練された雰囲気が魅力なのだ。

 スタイルは2004年登場の初代の方が尖っているが、2008年の2代目も、モダンに仕立てられている上、日本にこそ導入されなかったが、「クロスカブリオレ」という2ドアクーペライクなオープンモデルも設定。これがレンジローバーイヴォーク・コンバーチブルを見れば、かなり先進的だったことが分かるはず。限定でも構わないから、ぜひ日本でも発売されなかったことが悔やまれる。

日産ムラーノクロスカブリオレ
日産ムラーノクロスカブリオレ

 SUVブームの今、気軽に手を出せる初代や2代目に乗るのもアリかも……。因みに海外ではムラーノは第3世代に進化。しかし独自のスタイリングの魅力が薄まり、サイズもアップ。日本導入がなくとも全く気にする必要はない。

■ダイハツムーヴコンテ 2008〜2017年

ダイハツムーヴコンテ
ダイハツムーヴコンテ

「どうも、カクカク・シカジカです」という謎の鹿キャラが宣伝していた「ムーヴコンテ」は、2008年デビュー。その名が示すように、ムーヴの派生車だ。ただ4代目ムーヴは流線形スタイルを取り入れたのに対して、こっちは「カクカク」のスクエアなデザインとした遊び心あるものとした。

 インテリアもフランス人デザイナーが手掛けたプレミアムソファーシートをCMでアピールするなど、近年のボックス軽のお洒落カフェ風インテリアの流れを作ったともいえるだろう。

 当時、軽自動車初の「運転席パワーエントリーシート」を採用するなどおもてなしにも配慮。でも価格は、わずかにムーヴより高いだけとダイハツらしいコスパ感覚も持ち合わせていた。

 意外にも(?)昨年の3月まで販売されていたロングセラー車で、その間、モデルチェンジなし。それだけキャラが確立されていたともいえる。

 この遊び心あるクルマ作りが、ミラココアや現行型のムーブキャンパスに活かされたのだろう。因みに、後味をひくように気になる「カクカク・シカジカ」も昨年引退。声の担当は、個性派俳優の生瀬勝久氏が担当していた。

★      ★     ★

 それぞれのカテゴリーで強く輝いた(一部はそうでもないが……)モデルたち。振り変えれば、どれも独自のキャラクターを持っていたことがわかる。

 またプロダクトとしては魅力的でありながらもロングセラーゆえに、その存在が薄まってしまったケースや、それでも当時としては先進的な機能や考え方が盛り込まれていた。どのモデルも、時代の波にのまれつつも、その魂は最新型車の誕生に大きく貢献していることは言うまでもない。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ