これって合法!? 違反!? ついやってない?? 街で見かける道交法違反事例

これって合法!? 違反!? ついやってない?? 街で見かける道交法違反事例

 普段運転する時に何気なくやっているその行為や、自分的にOKと思ってやっている行為が、実は違反だった!ということがある。
 今回は、そんなやってしまいがちだけど実は違反かもという事例の問題点を、交通ルールおよび道交法に造詣の深い自動車ジャーナリストの国沢光宏氏が指摘していく企画!! アナタもやってしまっているものもあるかもしれない!? ご注意ください!!
文:国沢光宏 写真:Boosterpackdepot編集部、Shutterstock.com
初出:Boosterpackdepot2018年3月26日号


■雪道をノーマルタイヤで走りまわる迷惑者

BC:都市部道路ではちょっとドカ雪が降るとマヒ状態。この問題、都市部に住む人が雪国の人に比べ、雪道に慣れていないからだけではなさそうですね。

国沢:そう! 都市部積雪渋滞は、サマータイヤによる違反が原因だよ。

 1月22日に、関東の都市部でも大雪が降ったけれど、登り坂で動けなくなったり、下り坂でブレーキが利かず追突したり、単独事故も多かった。なんでかっていえば、道路が大渋滞するキッカケを作ったクルマの大半が「夏タイヤ(ノーマルタイヤ)のまま雪道を走った」ため。

BC:今回は事前に「大雪が降る」と言われていたのに、なぜ無理をするんでしょうか?

国沢:夏タイヤで走っていた何人かに話を聞いてみると、基本的に皆さん同じ答えだった。曰く「こんなに降るとは思わなかった」。なるほど雪になる天気予報が当たる確率は高くない。

 運送業の方は、雪予報のたびに業務を止めていたら仕事にならない。だったら冬場だけ常にスタッドレスタイヤを履かせておけばいいのでは、と聞いてみると「自分としてはそうして欲しいけれど会社が用意してくれない」とも。

BC:確かにスタッドレスタイヤを履かせるとなれば、夏場の置き場所まで必要になりますからね。

国沢:今回の大雪でクルマがスタックし、冬用タイヤを履いているクルマに迷惑を掛けた大半の人の理由は「お金をかけたくなかったから」と言ってよいだろう。これでは減らないよ! 前号でもお伝えしたように、「雪が降った際、チェーンやスタッドレスタイヤなど滑り止めを使わない、夏タイヤでの雪道運転」は法令違反ですから。

 運転者の義務を定めた道路交通法71条6号に基づき、沖縄県を除くすべての都道府県の公安委員会で定められている。大型車は反則金7000円。普通車も6000円(正式裁判になると最高5万円の罰金)。本来なら警察が取り締まるべきだけれど、ほとんどやる気なし。むしろ滑ったクルマを押している姿がTVのニュースに流れているほど。

BC:確かに坂の多い編集部周辺でも、警察官が汗を流して押している姿が目撃されていましたね。

国沢:ニュースを見ている方は「滑って可哀想に」と思ってしまう。もちろん警察官が交通渋滞を防ぐため押す、という行為は大いに推奨したいし、「ご苦労さんです」とも言いたい。しかし、必ず写真を残し、あとで出頭させて違反として切符を切って欲しい。そうしないと今後も、夏タイヤで雪道を走る人は減らないと考える。

 また、滑りやすい場所にカメラを付けておき、原因となった車両をすべて取り締まるという断固とした対応もしたらいい。繰り返すけれども、夏タイヤで雪道を走るという行為、スタックするだけでなく、対人事故の原因になる危険性も持つ。事故防止という観点から、厳格な対応をしていただきたいもんです。

東京の水分を多く含んだ雪は滑りやすい。ノーマルタイヤでの走行は言語道断だ
東京の水分を多く含んだ雪は滑りやすい。ノーマルタイヤでの走行は言語道断だ

■可愛いワンちゃんの“アレ”を外にブラ下げる

BC:街中で、リアワイパーにビニール袋を引っかけて走行しているクルマをよく見かけますよね。

国沢:確かにリアワイパーとかに、ビニール袋をブラ下げて走っているクルマを見かけるよね。何が入っているか? 当然のことながら大切なモノじゃないことは容易に想像できる。落ちる可能性大きいからね。基本的に車内だと臭うようなゴミ。もう少し絞って考えれば、大半は犬の排泄物である。

BC:犬の排泄物をブラ下げるいただけない行為は、合法なんでしょうか?

国沢:結論から言えば、後部に袋をブラ下げて走る行為自体が道交法違反です。具体的には「乗車又は積載の方法」を定めている第55条の違反で「乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない」に引っかかる(違反点数1点、反則金6000円)。

 つまりいつ落下するかわからないような不安定な方法で“モノ”をクルマに積んではいけないのだ。こう言うと「第55条は重くて危険な物体を想定している」と言う人もいるかもしれない。果たして犬の排泄物に危険性はないのか?


BC:いや、万が一を考えれば「危険性がある」ですよね……。

そのほとんどは、散歩帰りの犬の排泄物が入っているビニール袋。まれに赤ちゃんのおむつもあったりする
そのほとんどは、散歩帰りの犬の排泄物が入っているビニール袋。まれに赤ちゃんのおむつもあったりする

国沢:そう考えてもらいたい。人間の排泄物であっても、感染症などに罹っていたら、撒き散らすことで大量の罹患者を出してしまう。大腸菌の塊といえる排泄物を広範囲に撒き散らす可能性があれば、その物体は好ましくない。

BC:「落ちたら落ちたでよかった」と考えている積み方であれば、なおさら悪質ですね。

国沢:もうひとつ。走行中のクルマからゴミを投げる行為も、道路において進行中の車両から物件を投げることを禁止している「道路交通法 第76条第4項第5号」の違反になり、5万円以下の罰金。また、落とした結果、ほかの車両や人に危害を加えた場合は、刑法犯となることもある。

 実際、ゴミの投げ捨てをした車両が警察に通報され、道路交通法違反ではなく刑法犯として逮捕されたケースも少なくない。仮に犬の排泄物を入れた袋が落ちて、それをドライブレコーダーなどで記録されていたら逮捕される可能性もある(捨てるという行為をしなくても、落ちることは容易に想像できるから)。

 それ以前の問題として、前を走るクルマに犬の排泄物入りであろう袋がブラ下がっており、いつ落ちるかわからない状況なら、落ち着いて運転ができないと思う。あまりにも大きい袋であれば、落ちた時の影響も見過ごせない規模になる。

BC:そんな時はどうすることがベストですか?

国沢:このような行為を見かけた時は、ドライブレコーダーで記録しておき、警察に通報することを考えるべきだ。

可愛いペットのものでも、排泄物を車内に乗せるのはイヤという人もいるかもしれないが、撒き散らされる恐怖に怯える後続車の立場にも立ってもらいたい
可愛いペットのものでも、排泄物を車内に乗せるのはイヤという人もいるかもしれないが、撒き散らされる恐怖に怯える後続車の立場にも立ってもらいたい

■道路を疾走する山盛り雪乗せカー

国沢:大雪が降ると必ずルーフに雪を載せたクルマが走っている。百歩譲って少なければ落ちて散らばるだけで、水と大差ない。しかし大型トラックやバスのルーフに載っている雪だと、落ちてくる量もハンパなし! バイクや自転車なら大けがをする可能性もあるし、コーナーで歩道に落ちてきたら最悪の場合、幼児などが居たら死亡事故になってしまう。

BC:山盛りで走っているクルマは、道路交通法上は違反にならないのでしょうか?

国沢:道交法上どうかとなれば、危険な状況であれば安全運転義務違反として取られる(乗用車の雪を少しずつ落とす程度ならマナー違反)。長野県などのように、前出の道路交通法71条6号に基づいた県の規定で、雪載せ運転は違反が取り締まりの対象になる地域もある。とはいえ大型車の屋根に積もった雪を落とすとなれば、よい方法はなし。屋根に登るわけにもいかない。

 ということで屋根に雪が載っている状況を確認したら、とりあえずなくなるまでユックリ走っていただきたい。

BC:抜本的な対策はなさそうですね……。

国沢:むしろ自衛をすすめておく。高速道路で雪の載った大型車を見たら、近寄らないこと。特に後ろは危険。凍った大きな雪塊だとフロントガラスが割れることだってある。その後ろを付いていくのはナンセンス。はたまた街中で見かけた時も「落ちてくる可能性」を充分に考えておく。自分だけでなく、子供や家族とも情報を共有し、ツマらんケガをしないようにしていただきたい。

大雪が降っている雪国から帰ってくると、天井に大量の雪が残ることもあるが、降雪が落ち着いた場所で、可能ならば雪落としをしてもらいたい
大雪が降っている雪国から帰ってくると、天井に大量の雪が残ることもあるが、降雪が落ち着いた場所で、可能ならば雪落としをしてもらいたい

エコノミー症候群防止……ではない足上げさん

BC:実は今年のオートサロン取材の帰り道、助手席のダッシュボードに足を乗せている、お行儀のよくない女性を見かけました。あの状態は違反にならないのでしょうか?

国沢:助手席の乗員がダッシュボードに足を上げるということは、足が左側ドアミラー視認の障害になるので、運転者が安全運転できる環境ではないということで安全運転義務違反を取られるかもしれない。違反点数は2点、反則金は9000円です。

 ただ罰金以外にも、スンゴイことになるというね。とある自動車メーカーがOB(アウト&バッドな乗り方)でのシミュレーションをやったそうな。ワイドディスタンスで足を乗せていると、いわゆる「股割き」になるそうだ。

 衝突の直後、助手席エアバッグが展開。足は文字どおり左右に激しく広がる。その時の衝撃力たるや、運がよくて股関節脱臼、残念な場合は骨折するそうだ。しかも上体の姿勢も悪いため、高い車速だと致命的なダメージを受ける可能性が大きいとか。

BC:
もし友人や知人で行儀の悪い人がいたら教えてあげてもらいたいですね。

国沢:参考までに聞いてもらいたいが、エアバッグの直撃は全力で蹴ったサッカーボールを顔面で受けたくらいの激しさである。それでも事故の時はちょうどいいくらいなのだから、衝突時のエネルギー量にウナる。クルマに乗る時はシートベルトを着装するだけでなく、座る姿勢もキチンと考えていただきたい。ちゃんとした姿勢で着装していない場合、座席ベルト装着義務違反(違反点数1点、反則金なし)を問われることもあるかもしれません。

違反うんぬんではなく、フロントからのエアバッグが展開するような衝突事故の場合、この足は骨折か酷ければ切断の危険がある
違反うんぬんではなく、フロントからのエアバッグが展開するような衝突事故の場合、この足は骨折か酷ければ切断の危険がある

■80km/hで縦横無尽に動き回るトラック

国沢:2017年11月1日10時から、新東名の『新静岡IC〜森掛川IC』約50kmの区間で、最高速度が100km/hに引き上げられた。

 早速、同区間を走ってみたけれど、まず上下線とも、それぞれ110km/h区間のはじまる地点に『ここから規制速度試行区間』という標識や自光式の速度表示が出てくる。事前情報によれば、この区間に限り制限速度が80㎞/hとなっている大型車などは、第1通行帯(一番左の車線)を走らなければならない、となっていた。

BC:警察のWebなどを見ると、「速度差に起因する事故を防止する」と書いてありますね。

国沢:追い越し車線に80km/hの大型車が飛び出してきたら危険だからね。この手の規制は世界の常識であり、100%賛同したい。

BC:大型車の追い抜きを禁止する旨の標識などは設置されていたんでしょうか?

国沢:まったくなし。制限速度表示が『110』という数字になっているだけだった。じゃあ、大型トラックはどう走るのか? 走行中に見た限り、大型トラックは見事に「100km/h区間と同じ」走行だった。すなわち、本来なら大型車の走行が禁止されている3車線区間の追い越し車線でも、堂々とノロノロ走行を続けていたのだ。

 11月4日(土)の夕方に再び『新静岡IC〜森掛川IC』下り車線を走行した時は、試行区間の大半で110km/hなど出せなかったほど。でも、警察は見事に何の啓蒙活動もしていなかった。何のための110km/h制限なのか理解できなかったよね。

 乗用車側からすれば、110km/hが出せると思っている。大型車が道交法を守らず延々と追い越し車線を走る状況に多くの人は怒っているらしく、車間距離を詰めるドライバーも少なくなかった。違反を黙認する警察の姿勢に疑問を感じた次第だ。このままだとかなり危険、標識も出すべきだろう。

BC:新東名に来て流していたら、ネズミ捕りより点数稼ぎやすそうですね……。

国沢:制限速度は本来なら誰でも守れる速度に設定することが大切。いろんな意味で制限速度の適正化は望ましいと思った。そして『交通の安全と円滑な流れ』を確保するため大型車両の「追い越し車線居座りノロノロ走行」の取り締まりも行うべきである。

 繰り返すが、大型車両の第3通行帯走行は道交法違反(違反点数1点、反則金:大型トレーラ7000円)の立派な違反なのでご注意を!

空いている時間帯はいいが、深夜のトラックが多い時間には、3車線でトラックが並走し、まったく抜けない……なんてことも実際にあり危険だ
空いている時間帯はいいが、深夜のトラックが多い時間には、3車線でトラックが並走し、まったく抜けない……なんてことも実際にあり危険だ
こちらが新東名に設置されている標識。高速道路での30㎞/hの速度差は想像よりも大きい。お互いの安全のために、大型トラックにはキープ・レフトを守ってもらいたい
こちらが新東名に設置されている標識。高速道路での30km/hの速度差は想像よりも大きい。お互いの安全のために、大型トラックにはキープ・レフトを守ってもらいたい

■グレーだし、みんなやるしだからすり抜けます

国沢:信号待ちの際、バイクが車両の横を通り先頭に出てくるケースは多々ある。一昔前なら大きな問題ないとされた。むしろクルマの前をチョロチョロ、ノロノロ走られるより、信号変わったらドカ〜ンと加速して見えなくなってくれたほうがいい。腹立たしいのは前に入ってきてノロノロ走るバイクだ。「すり抜け」が道交法違反かとなれば微妙。

 そもそも道交法には「すり抜け」という文言がないのだ。明文化されているのは、追い越しと追い抜きのみ。また、1車線に1台しか走っちゃいけないという法規もないため、車線内であればクルマの横を通行しているだけという解釈なのだ。高速道路でも路肩を走ったら一発で違反切符。けれど、クルマとクルマの間(左右方向)を走っていれば合法という不思議。

BC:それはどうなんでしょうね……(苦笑)。

国沢:どちらが危ないかとなれば間違いなく後者なのだけれど、高速道路の渋滞だと後者の走り方をよく見かけますね。

 信号待ちでのバイクの通行は、明らかに違反なのが「黄色車線またぎ」と「路肩走行」の2つ。それ以外のケースで捕まることは“ほぼ”ないと考えてイイだろう。

 ということでバイクが前に出て(停止線を越える行為も厳密に言えば違法ながら、そんなこと言ったらクルマも同じ)抜かす行為は、危険じゃない限り許容するしかないと考えます。

日常的に行われているバイクによるすり抜け。交差点手前で影から出てきて、右直事故というケースもある。警察庁は、すり抜けに関して明文化するべきだろう
日常的に行われているバイクによるすり抜け。交差点手前で影から出てきて、右直事故というケースもある。警察庁は、すり抜けに関して明文化するべきだろう

 いかがだっただろうか? 運転者のみならず、同乗者がやったことでも、実は違反だという行為があることがわかっただろう。マナーやルールを守ることで、無用なトラブルを避け、気持ちよく安全に運転できるように、気をつけてもらいたい!

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ