最近流行りの「ド派手なフロントマスク」事情と功罪

最近流行りの「ド派手なフロントマスク」事情と功罪

 最近クルマのフロントマスクの「ド派手化」が、めちゃくちゃ進んでいると思いませんか。いや前々から派手だなぁとは思っていましたが、なんというか「タガが外れてないか」と思うわけです。「ブームでしょ」と片付けられないくらい。

 これ、なにか理由があるんでしょうか。単なるブームに片付けられない事情がある気がするし、このブームに終わりがあるならそれがいつ頃なのかがぜひ知りたい。そんなわけで、クルマの販売事情に詳しい自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に、この「ド派手顔」の事情と功罪、先行きなどを伺いました。

文:渡辺陽一郎


■すべてのカテゴリーで「ド派手化」が進んでいる

 クルマの外観を見ると、日本車、輸入車を問わず、最近はフロントマスクが派手になった。特に日本車はこの傾向が強く、トヨタヴェルファイア&アルファードなどは、厚みのあるフロントグリル全体にメッキパーツを貼り付ける。

新型アルファード。まさに「ドヤァ!!」という顔
新型アルファード。まさに「ドヤァ!!」という顔

 軽自動車のホンダN-BOX、ダイハツタント、スズキスペーシアなども、メッキを使った黒の大型グリルを装着して同様の効果を得ている。

 SUVはスポーティな走りのイメージが強いためにミニバンほどメッキパーツは使わないが、デザインが派手なことに変わりはない。ヘッドランプは吊り上がり、グリルの存在感も強い。

 セダンは印象があまり変わらないが、レクサスはスピンドルグリルの採用で、すべての車種にわたりフロントマスクの存在感が増した。クラウンも現行型で従来の保守的な顔立ちから脱しており、次期型はさらに派手というかスポーティ指向を強めそうだ。北米向けのカムリも、現行型でかなり派手な印象になった。

 このようにすべてのカテゴリーにわたり、フロントマスクの存在感が強まっている。

こちらは昨年新型へと切り替わったN-BOXカスタム。「オラオラぁ!!」というイメージ
こちらは昨年新型へと切り替わったN-BOXカスタム。「オラオラぁ!!」というイメージ

■「おとなしい顔」にすると売れ行きが落ちるリスク

 背景には複数の理由がある。

 まず日本を含めた世界的な傾向として、ブランドのアピール合戦をしていることだ。顔立ちが大人しいと迫力で負けて、販売面まで影響を受けてしまう。そこで顔立ちを派手にする。

 例えば以前のアウディやレクサスはフロントマスクが大人しく、「上質なクルマには乗りたいが、それを見せびらかしたくない」と考えるユーザーに好評だった。特に日本のユーザーには目立つことを嫌う人が多く、アウディやレクサスの控え目な顔立ちは魅力があった。

 しかし海外では明らかに埋もれてしまう。自動車メーカーの開発者によれば「バックミラーにフロントマスクが映った時、思わず道を譲るようなデザインにしなければならない」という。

 ずいぶんと品位に欠けた心の狭い発想だと思うが、デザインで売れ行きが伸びるなら、費用対効果では抜群にオトクだ。その結果、世界中のクルマが派手さを競うようになった。

 国内のミニバンや背の高い軽自動車では事情が少し違う。ボディが箱型だから、フロントマスクが大人しいと商用車のように見えてしまう。

 そしてフロントマスクに上下幅があり、天井も高いから、メッキグリルやエアロパーツを装着すると迫力が一気に強まる。セダンに同様の変更を施した場合に比べると、背の高いクルマでは変化の度合いがズバ抜けている。

 そこで約20年前から、日産のラルゴや初代エルグランドのハイウェイスターが人気を得ていたが、最近はますます派手になった。

 ヴェルファイア&アルファードは海外でも販売されるようになり、軽自動車は需要の中心がN-BOX/タント/スペーシアという全高が1700mmを超える車種に移り、競争が激しさを増しているからだ。

スズキのスペーシアカスタム。小さいボディに大きな「顔」
スズキのスペーシアカスタム。小さいボディに大きな「顔」

■このブームに終わりはくるのか?

 派手なフロントマスクはいつまで続くのかと思うが、終わりはないだろう。

 ホンダのステップワゴンは、フルモデルチェンジの度に顔立ちを控え目にデザインして、その後のマイナーチェンジで派手にする変更を繰り返している。控え目にデザインした時、開発者に理由を尋ねると「ライバル車とは違う個性を主張したいから」という。

 しかし売れ行きが伸び悩んで、結局はライバル車と同じになる。

 直近でも2017年9月に、ステップワゴンスパーダは、丸みのある柔和なフロントマスクを角張った大型メッキグリルに改めた。

ステップワゴンスパーダ。さすがの自己主張
ステップワゴンスパーダ。さすがの自己主張

 ほかのメーカーは、ホンダのような負けることが分かり切った抵抗はしないから、考えることを諦めたかのように派手さを強めている。派手な顔立ちをやめれば現行ステップワゴンの初期型のように売れ行きが伸び悩み、同じ顔立ちを頑固に守ると販売面で大損するから、派手路線から降りられない。

 ただし車両のフロントマスクは面積が限られ、ヘッドランプなども装着するから、派手さを無限に強められるわけではない。

 そしてN-BOXとスペーシアの標準ボディは、それぞれ独特の顔立ちで識別できるが、派手なグリルのカスタムは、フロントマスクが見分けられないほど似ている。もはやデザインの変化が一種の飽和点に達して、お互いに(その飽和点に)行き着いてしまったからだ。

 つまりこれ以上は迫力を強められず、無理に変えれば穏やかな方向に進んだりして売れ行きを下げる。軽自動車のカスタムのフロントマスクは、どうにもならない硬直化を迎えた。やがてミニバンも同じ道をたどる。

■「派手」や「存在感」を突き詰めてゆくならば

 それでも純粋にデザインだけなら問題はないが、(ここからさらに進むようであれば)安全に影響する課題も生じてきた。例えば派手なフロントマスクをさらに目立つようにドレスアップして、車高も低く落とし、タイヤのネガティブキャンバーを極端に強める改造だ。

 自動車メーカーの開発者は「今のクルマには横滑り防止装置が装着され、車高やキャンバー角度を大幅に変えると、誤作動を生じる可能性がある。通常の直進時に、車両の挙動が乱れたと判断してブレーキ制御が作動する危険がある」と警鐘を鳴らす。外観を派手に装う世界観がエスカレートして、機能に良くない影響を与えないように注意したい。

 運転の仕方も同様だ。派手なクルマに乗っていると、周囲の歩行者や車両から注目を浴びる。だからこそ周囲に優しい運転を心掛けて欲しい。

「ヴェルファイア&アルファードやメルセデスベンツには、優しい感じのドライバーが多いね」、目立つ外観は、このような識別しやすくする効果もある(もちろん反対の意味で「悪目立ち」することにもつながる)。それが街中を走る自動車に施される、工業デザインの本質だと思う。

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ