絶滅危惧種を愛そう!! いま乗っておきたい現行国産ガソリン車8選

 トヨタが「2025年頃までにラインアップ全車種を電動車(EV、PHV、FCV、HVのいずれか)もしくは電動車グレードを設定」と発表したこともあり、今後ますますクルマの電動化は進んでいくでしょう。

 もちろんハイブリッド車にはハイブリッド車なりの楽しさがあるし、EVにはEVの、 PHVにはPHVの楽しさもあります。そして当然のように純ガソリン車には純ガソリン車だけが持つ楽しさがあるわけです。

 しかし昨今の世の中の雰囲気を見ると、近い将来いずれ「まだ純ガソリン車に乗ってるの?」と、やや責めるような目で見られる日が来ることになるでしょう。そんな未来が来る前に、今だからこそ乗っておきたいクルマがあるはず!

 そうした思いに駆られて、自動車ジャーナリスト鈴木直也氏に「今だからこそ乗っておきたい純ガソリン車」を8車種選んでいただきました!

文:鈴木直也


■当分ガソリン車は主役、それでも「その時」はやってくる

 テクノロジーは直線的にではなく階段状に進化する。

 最近の例でいうと、フィルムカメラがデジカメに駆逐されたケースや、ネット配信の普及でCD/DVDがめっきり売れなくなったことがその典型パターン。リアルタイムではじわじわっとした変化に感じていたけど、あとから思い返すと「ある時期からパッタリ変わったよねー」という印象。最後の最後は雪崩をうったように激変する。

 同じことが、たぶん確実にクルマでも起きる。

 もちろん、「内燃機関はすぐEVに取って替わられる」とか言うつもりはない。

 今後も10年20年というスケールで内燃機関がモビリティの主力を担うことは確実で、最近よく聞く「EVに出遅れた日本はヤバイ!」的な発言は、よくわかっていないか炎上狙いかのどっちか。まともに相手をする価値はない。

 ただ、より長期的なトレンドで見ると、内燃機関がその役割を終えてゆくのは必然。いつかは必ず「最近エンジン付きのクルマがめっきり減ったよねー」と懐かしむ時代がやってくる。

 だから、いまこそピュアな内燃機関を楽しんでおけ、というのがこの原稿のテーマ。進化の流れに逆らって絶滅危惧種を愛でるのも、いまだから許される最後のお楽しみ、というわけだ。

■日産GT-R 1023万840円〜1870万200円

 (本企画の)そういう趣旨でいえば、まず挙がるのはやっぱり日産R35GT-Rが筆頭だろう。パフォーマンスでは未だにトップレベルだが、すでにデビューから10年を経ているため、ちょっと古さを感じさせるのも逆にイイ。

 V6ツインターボのVR38DETTは、いまどき珍しく直噴ですらないピュアなパワー志向。旧態化しつつあるのは否めないが、電動化の対極にいる荒々しいモンスター感が味わえるのも、この世代が最後という気がする。

■日産フェアレディZ 390万7440円〜640万1160円

 日産ではフェアレディZにも、同じノスタルジックな香りがある。現行Z34型も今年で10年選手。心臓部のVQ37VHR型はGT-Rと違って可変バルタイ付きのNAで、7000rpmで336psを発揮する高回転型だ。

 よく伸びてパワフルなエンジンなんだけど、これまたノイズやサウンドがけっこうワイルド。高回転型NAでしかも大排気量というのは、スポーツカーエンジンとしてまさに古典なんだけど、エンジンフィールが荒削りな点もまさに古典的なのだ。

 とはいえ、こんな本格的大排気量スポーツカーがエントリー400万円以下で買えるというのは、こりゃもう大バーゲン。コスパ最高のスポーツカーだと思う。

■マツダロードスター 249万4800円〜374万7600円

 おなじく、古典的スポーツカーとしてはおなじみNDロードスターがあるが、コイツのエンジン(P5‐VP[RS] 型)はパワーよりバランスと洗練を感じさせるキャラクターだ。

 アクセラ用をベースにロードスター用エンジンを開発するにあたって、車体側から示されたのはパワーよりも優れたトルク特性の要求。軽量なボディをダイレクトなトルク感で気持ちよく駆動する。そんなコンセプトで造られている。

 トルク特性を造り込むといえば、電動モーターならプログラム次第でどうにもなるわけだが、果たしてそれが優れた内燃機関と同じようにドライバーに「心地よい」と感じてもらえるか? 将来的にはこの辺が興味深いテーマになると思う。

■ホンダシビックタイプR 450万360円

 最近の国産車には「スポーツモデル専用高性能エンジン」というのがめっきり減ったが、シビックタイプR用のK20C型はひさびさに登場した本格派といっていい。320ps/40.8kgmというスペックもさることながら、FFニュル最速をテーマとしているだけに、トルク特性がすさまじく良好なのが特徴だ。

 数値的には前モデルと大差ないが、ワインディングを攻めたときのリアルなトルク感は2割くらいうわ手。多少シフトポイントをミスっても、おかまいなしにグイグイ加速できるイメージ。ベスト2L直噴ターボといっても過言ではない。

■スズキスイフトスポーツ 183万6000円〜205万920円

 スイフトスポーツも同じくFFターボのスポーツモデルだが、こちらは価格もふくめいろんな面でお手軽バージョンなのが美点。レブリミッターに当たるのが早く、じゃっかん頭打ちが早いのが惜しいが、200万円以下でこのパフォーマンスが手に入るんだから文句を云う方が無理筋だ。

 多彩な電動化モデルとともに、こういうバリエーションも用意されているのがスイフトの素晴らしいところ。スポーツエンジン生き残りの、ひとつのモデルケースになり得ると思う。

■スバルWRX STI 386万6400円〜406万800円

 FA/FB系の新しいエンジンシリーズが主力となったスバルで、かたくなにEJ20を使い続けているのがWRX STI。

 開発時点は古いが、そのぶん頑丈で究極の高性能化にはこっちが有利という説があるが、あるいは一理あるのかもしれない。

 こちらも、GT-R同様にいまだ直噴ですらないのだが、シャープな吹き上がりやドップエンドまで衰えないトルク感など、感覚的なスポーツ度では明らかにFA20をしのぐ。6MT仕様が選べるのはEJ20のみというのも頷ける設定だ。

 EJ系がいつまで存続するかは不明だが、もっとも硬派のスバルファン向けとして、ぜひ乗っておきたいエンジンのひとつではある。

■ホンダS660 198万円〜218万円

 軽は実用車が主体だから「楽しいエンジン」というとなかなか難しいのだが、S660はかなりイイ線を行っている。もちろん、その楽しさの半分以上はミッドシップオープンという車体のユニークさにあるのだが、制約の多い中サウンドチューンも含めてエンジン開発チームも健闘。日本の山道なら、ロードスターに負けないくらい走りを楽しめるクルマに仕上がっている。

 とくに素晴らしいのは、一瞬ターボを忘れるほどフラットに伸びてゆく吹き上がり感。6MTで6000rpmオーバーまで引っ張ってシフトしてゆくと、NA時代の昔のシビックタイプRをちょっと彷彿させる心地よさがある。

■BMW M140i 632万円

 最後に、輸入車からも一台、いま乗っておきたいピュア内燃機エンジンをあげるなら、ぼくだったらやはりBMWのストレート6を選ぶ。

 もっとも安いモデルはM140i。3L直6ツインターボで340ps/51kgm。632万円はお安くないけど、このエンジンにはそれだけの魅力があると思います。

最新号

Boosterpackdepot最新号

トヨタ エスティマの大進化|Boosterpackdepot4月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ

pills24.com.ua

stock trading for dummies